ブログ

ブランクに負けない!施工管理業務に職場復帰するには

2019年3月13日

こんにちは!

建築業界の求人ならおまかせのプロスタファウンデーションです☆

近年、建築ラッシュで求人もにぎわう建築設計業界。

今回はその中でも施工管理の仕事に注目してみましょう(^^♪

 

建築業界は現在、東京オリンピックや老朽化した建物の建て替えなどの需要が高まり、人手が追いつかない状態です。

そこで求められているのが施工管理業務の経験を持つ人!

中には一度建築業界や施工管理業務から離れたものの、もう一度復帰したいと考える人もいるでしょう。

まさにそのような人材が求められているのです!

 

お仕事を探す人の中にはブランクが長くてすんなりと復帰できるか不安に感じている人もいるかもしれません。

そういった場合は、まず建築業界がブランクの間にどのように変化しているのか業界誌などでチェックしてみてください♪

また、新しい建築系の資格にチャレンジしてみるのもおすすめです。

もちろん、机上の知識が役に立つかどうかはわかりません。

しかし勉強中であっても資格勉強中であることを履歴書に記載することで、意欲を伝えることができます。

 

ブランクを持つ人が避けるべきなのは、昔の仕事の進め方に固執してしまうことです。

技術は日進月歩しています。

自分が覚えてきたことが全く変わっていることは珍しくないでしょう。

昔の知識や経験に頼るのではなく、新しく覚えるつもりでスタートしてください。

不安であれば補助業務などから、徐々にスタートすることも検討しましょう。

 

ブランクがある場合、どうして建築業界や施工管理業務から離れたのか、離れている間にどうしていたのかという質問は面接で聞かれると思っておいてください。

他の仕事などに就いていたなどブランク自体は問題にならなくても、説明があやふやだと心証が良くありません。

しかし、他業種から復帰した理由やこれから活用したいと思っている経験などを前向きに伝えるとプラスに評価してもらえることも多いでしょう(^^♪

 

プロスタファウンデーションではそのようなブランクがある人の就職相談も請け負っています。

建築業界に特化した人材派遣会社なので、業界動向の変化についてアドバイスすることも可能です。

建設業界、施工管理業務に復帰したいと考えている人はぜひ一度ご相談ください!!