ブログ

面接の際の服装の注意点

2017年6月28日

 

こんにちは☆

建設業界への人材派遣が得意なプロスタです!

 

就職、転職の際に避けて通れないのが面接です。

面接に関して不安に思うことや疑問に思うことを抱えている人も多いのではないでしょうか?

今回は、そんな面接に関するお悩みのなかから服装に焦点をあててお話したいと思います!

 

面接の際の服装については悩みどころです。

きちんとした服装をしなくてはいけないと思うものの、建設現場での仕事の面接にスーツはかしこまり過ぎているだろうかなど考え始めるとキリがないですよね。

 

まず、服装の指定があればそれに従いましょう。

スーツの指定があればスーツを着ていくことになりますが、スーツなら何でも良いということでもありません。

ハデな色やデザインのものは避け、黒や紺などの落ち着いたものを選びましょう。

なかのシャツや、ネクタイ、靴などの小物についても同じです。

 

私服の指定がある場合はどうでしょうか?

私服で良いといわれても、ラフすぎるものは避けてオフィスカジュアルを意識すると良いでしょう。

あまりにも普段着そのままの、ジーンズにTシャツのような服装は私服指定の場合でも適切ではありません。

普段着で良いといわれたからといって、ローライズのデニムにサンダル、ミニスカートに高いヒールなどで面接に行くのは相手に与える印象が良くありません。

だらしなく見える服装は避けて清潔感がある服装を心がけると良いでしょう。

 

オフィスカジュアルはキレイめな服装が基本。

男性の場合、ジャケットにシャツの組み合わせが定番、下はチノパンが無難です。

女性の場合は、ジャケットやカーディガンにブラウスの組み合わせが定番で、スカートは短すぎないものにしましょう。

スーツと同じで、ハデすぎる色やデザインは避けてください。

 

特に服装の指定がない場合、スーツを着ていかなくても大丈夫な会社も多いですが、スーツを着ていくのが一番無難ともいえます。

私服でいって常識がないと思われることがあっても、スーツを着て常識がないと思われることは少ないでしょう。

 

いかがでしたでしょうか?

相手に与える印象を意識して服装を考え、面接に挑んでください!

 

プロスタは転職する人を応援しています!

お悩みやご相談があればお気軽にどうぞ♪

アーカイブ

ご登録をお願いします!

お仕事のご紹介を希望される方は、こちらの応募フォームからご登録ください。

  • 登録 皆様のご登録をお待ちしております。
  • お仕事一覧 CAD・事務など気になる求人が充実!
  • 技術社員新卒採用募集要項
  • 技術社員中途採用募集要項
  • 登録場所はこちら
  • 安否確認サービス
  • ナガセキャリアセンター
  • 日建学院