ブログ

大手建設会社の特長32~大東建託~

2017年7月5日

こんにちは!

建設・土木の求人を多数取り扱っているプロスタです!

 

日本にはたくさんの建設会社がありますが、大東建託もそのひとつ。

本社は東京にあり、北海道から沖縄まで全国各地に200以上の支点があります。

賃貸住宅の管理戸数業界トップ、そんな大手建設会社大東建託について今回はお話します♪

 

テレビCMなどでもよく見るおなじみの大東建託。

会社の設立は1974年・昭和49年のことで、最初は大東産業株式会社という社名でした。

名古屋で賃貸建築から始まり、大東建託株式会社と社名を変えたのは1988年・昭和63年のことでした。

最初は名古屋で事業を行っていましたが、業務拡大のために1990年・平成2年に東京に本社が移転されました。

 

大東建託の事業の一つに土地活用があります。

使用していない土地に大東建託が賃貸住居を作り、完成した物件の賃貸経営を大東建託が代わりに行う賃貸経営受託システムを行っています。

もちろん収入は土地のオーナーに還元されます。

大東建託は一般的な一括借り上げとは異なる35年一括借上を行っています。

収入リスク、支出リスクを抑えたシステム内容で土地を活用したい人をサポートしています。

賃貸住居入居率で高い水準を維持している大東建託のノウハウが詰まっています。

 

土地活用では敷地条件やその街に合わせた賃貸物件を作ることはもちろん、高級者向け住宅や地帯併用住宅などニーズに応じたさまざまなメニュー内容が用意されています。

 

また、建物を作る上での技術もきちんとあります。

建物の安全性を守る耐震構造は標準採用で、追加で免震構造や制震構造を取り入れることも可能です。

ほかにも遮音性、耐熱性、耐久性、セキュリティの面で確かな物件を作る技術を持っています。

 

大東建託はこれまでに多くの実績を重ねてきている会社です。

比較的新しい歴史の会社ですが、これからも土地活用や賃貸運営で多くの人をサポートすることが期待できる会社です♪

 

プロスタでは働く人一人ひとりのニーズに応じたサポートを行っていきます!

なにかあればお気軽にご相談ください♪