ブログ

雨天のときは、仕事が休みになるのですか?

2018年1月31日

画像7

土木、建築で働くいみなさんこんにちは!

お仕事紹介が得意なプロスタです!

 

土木や建築など、外で作業が行われる現場での仕事が多いですよね。

外で作業が行われていると気になるのが、雨の日です。

雨が降っている場合、仕事は休みになるのか気になる人もいるのではないでしょうか?

 

雨が降ったときには、仕事が休みになるときもありますし、ならないときもあります。

仕事ができないほど酷い雨が降れば休みですが、少しの雨なら休みにならないこともあります。

 

どの程度の雨なら休みになるのかは、それぞれの会社、現場ごとに異なってきます。

例えば高所で作業を行う作業は少しの雨でも休みになることが多いですが、土木現場では多少の雨なら中止にならないことも少なくないようです。

最終的な工期があるので、連日雨が降ったからと連日休むわけにはいかずに、雨でもできる作業を行うことも多くあります。

 

またどうしても作業ができない日が続くと、その後のスケジュールが厳しくなる可能性もあります。

その後の土日休日返上ということもあるようです。

雨のなか作業をするのも大変ですが、休んだ分あとから忙しくなるというのも大変です。

 

雨の日に仕事が休みになった場合、給料はどうなるのかも気になるところです。

休みの日数とは関係なく給与額が決まっている月給制であれば、雨天で仕事が休みの日があっても金額に影響はありません。

しかし給与形態が日給月給制の場合、金額は出勤した日を元に計算されます。

つまり雨天による休みがあると、その分の給料が少なくなってしまいます!

現場作業で働く職種は、日雇いや日給月給制で働いている人が多いので、雨天で休みとなるとそのまま給料の減額に繋がることになってしまいます。

 

雨が降るかどうかは運次第、天候は頑張ったところで変えることができません。

その時の天気に任せるしかありませんが、現場で作業する身としては雨は降って欲しくありませんね。

 

プロスタでは働くみなさんを応援しています!

なにかあればいつでもお気軽にご相談ください♪