ブログ

CADの資格取得後のスキルアップは、どのようにしていけばいいの?

2018年1月31日

みなさんこんにちは!

建築や土木関連の求人を多数取り扱っているプロスタファウンデーションです♪

 

建物などの設計図を書くのに広く活用されているCAD。

パソコンで図面作戦が出来るので、手書きよりもキレイで正確な図面を作成することができます。

CADの資格取得でキャリアアップを目指す人も少なくないでしょう。

 

では実際に資格を取得した後は、どのようにスキルアップを目指したら良いのでしょうか。

 

CADの資格を持っていると、設計士の指示を元に図面を作成するCADオペレーターの仕事に就くのに有利になります。

まずはCADオペレーターとして、設計事務所や建築会社などで働き経験を積んでいくことになるでしょう。

 

CADの資格を活かし働くのなら、そのスキルをより磨いていくことが重要です。

CADとひと言でいっても、色々な分野で活用されています。

そのため同じ会社で長く働くことで、よりその専門性を身に付けていくことになります。

一つの分野を極めていきたい人は長期的に働きながら、関わる分野の知識を学び技術を身に付けていくこともお勧めです。

 

CADオペレーターという仕事に上位職はないので、さらなるキャリアアップを目指すには関連するワンランク上の職種を目指す人が多いようです。

経験を重ねる中で設計や製図などの知識とスキルを深めて、設計者や建築士を目指すのも良いでしょう。

 

また経験を積み、スキルを身に付けた後には独立という選択肢もあります。

在宅CADオペレーターをいう働き方もあります。

個人事業主として独立するのには、初期投資など大変なことも多いですが自分自身にあった働き方を続けていくことが出来る、一つの選択肢です。

 

ちなみにCADの資格にはCAD利用技術者試験や建築CAD検定試験、CADトレース技能審査などのいくつかの種類があります。

自分が持っていない種類の資格や、同じ資格の上の級の取得を目指すのもキャリアアップに繋がります♪

 

プロスタファウンデーションではCADの資格取得やキャリアアップを目指すみなさんを応援しています♪

なにかあればお気軽にご相談ください!