ブログ

運転免許は持っていた方がいいです?

2018年2月28日

画像7

みなさんこんにちは!

土木・建築・建設業界の人材派遣に多数実績を持つプロスタファウンデーションです!

 

求人を見ていると、要普通免許と書いてあるものと書いていないものがありますよね。

土木や建築、建設業の場合、運転免許を持っていた方が良いのか疑問に思う人もいるのではないでしょうか。

今回は、運転免許について考えていきます!

 

まず、土木や建築といってもいろいろな職種から成り立っているので、必ずしも運転免許が必要だということはありません。

事務職の求人では、運転免許を必要としていないことが多いです。

 

現場作業員の求人を見ると、普通免許を必要としているものが多く見られます。

その理由として、現場までの移動手段があります。

作業現場は会社から離れていることが多いので、そこまで移動する必要があります。

会社に行ってから複数名で移動する場合や、直接自分で現場まで移動する場合があります。

直接現場まで行く必要がある場合、バスや電車では通えない現場もあります。

そのため、要普通免許としている求人が多いのだと考えられます。

 

会社から複数名で移動する場合、自分が運転できなくても良いですが、会社からすると多くの社員が運転できたほうがいろいろな場面に対応できます。

事務職の場合でも、社用車で移動しなくてはいけない場面もあります。

そのため、要普通免許となっていない場合でも、普通免許を持っていた方が有利になると考えられます。

 

また、作業現場では大型特殊や大型トラックを運転する場面があります。

これらの運転ができた方が仕事の選択の幅が広がり、給与面でも有利になります。

 

大型特殊免許は所持免許なしからでも取得可能ですが、普通免許を所持していると学科教習を受けなくて良くなりますし、技能教習の時間も短くて済みます。

いつか大型特殊免許を取りたいと思っている場合、普通免許があると持っていないより取得が楽になります!

 

大型自動車免許の場合は、普通免許や大型特殊免許を先に取得し、免許経歴が3年以上(免許停止期間を除く)なくてはいけません。

将来的に大型自動車免許の取得を考えているなら、早めに普通免許を取っておいた方が良いですね。

 

このように普通免許は持っていて損はないですし、持っている方が優遇される場面があります。

余裕があるなら持っていた方が良いといえますね!

 

プロスタファウンデーションではみなさんからの質問をいつでもお待ちしております!

お気軽にお問い合わせください!