ブログ

仕事中に事故に遭わないようにする注意点はありますか?

2018年2月28日

こんにちは!

土木や建築業界への人材派遣に実績を持っているプロスタファウンデーションです!

 

土木や建築の現場は、危険を伴うことも少なくありません。

そこで事故に遭わないようにするための注意点はあるのでしょうか?

今回は作業現場の事故をテーマにお話したいと思います!

 

工事現場における事故というのは、決して少なくはありません。

業種別に事故における死亡者の割合を見ると、平成26年度は建設業が最も多いというデータが厚生労働省によって出ています。

建設業の現場では当然事故を減らす取り組みがされているので、ピーク時と比べると死亡者数自体は減ってきています。

しかし事故ゼロを達成することはできていないのが現状です。

 

現場の事故の中で多い墜落や転落事故。

それを防ぐために建設現場では足場や手すりの整備や、安全帯と呼ばれる命綱を取り入れたりしています。

 

しかし作業員一人ひとりの事故に対する意識が低ければ、事故を防ぐことはできません。

作業現場には危険が多く潜んでいることを軽視してしまうと事故に繋がります。

例えば、足場を組み立てる際にきちんとボルトが締められていない、安全帯を正しく身に付けないなど。

万が一の事態がいつ起こるか分からないことを理解し、普段から安全に作業することを意識することが大切です!

 

また、夏場の熱い時期には熱中症による事故にも注意が必要です。

きちんと水分補給や塩分補給をすることを心がけましょう!

体調が悪くなり思わぬ事故を起こす可能性がありますし、熱中症自体が重症の場合は命に関わることがあります!

 

他にも服装を気を付けることも大切です。

一般的に作業着は長袖長ズボンですが、これは腕や脚がむき出しになっていると思わぬケガをしてしまうことがあるからです。

夏場は直に日光を浴びることで体力が消耗するのを防ぐ役割もあるとされます。

当たり前のことですが、安全靴の紐をきちんと結ぶ、ヘルメットをきちんとかぶるということも大切です!

 

些細なことが大きな事故に繋がるということを理解し、日ごろから安全対策に気を付けて作業をすることで事故防止に繋がるといえるでしょう!

 

プロスタファウンデーションではみなさんからの疑問や不安など、些細なことでもご相談に乗ります。

お気軽にスタッフまでご相談ください!