ブログ

建設機械メーカーの特長4~日立建機~

2018年3月7日

画像2

 

建設、建築、土木関係の求人を多数取り扱っているプロスタファウンデーションです!

こんにちは♪

 

日本の建設現場を支える建設機械メーカーの一つ、日立建機をご存知でしょうか?

今回は国内だけではなく、世界でもトップクラスのシェアを誇る日立建機についてお話していきます。

 

1970年に日立建設機械製造株式会社と(旧)日立建機株式会社が合併して、現在の日立建機株式会社が設立されました。

日立建機は油圧ショベルを主力とし、建設機械や産業機器製造の販売・レンタル・アフターサービスなどを展開しています。

 

油圧ショベルで世界的なシェアを持つ日立建機。

小型ショベルから大型ショベルまで、高い性能を持つ製品が揃っています。

サイズや仕様のバリエーションが豊富で、100以上に渡る機種があります。

人気の機種には日立建機の最先端技術が搭載されていて、現場の生産性の向上やメンテナンスコストの削減に役立つそうです。

 

もちろん油圧ショベルだけでなく、ホールローダーやクレーン機械、金属リサイクル機や道路機械、リジッドダンプトラックなど幅広い機械やアタッチメント製品が揃っています。

 

日立グループに属している日立建機は、親会社となる日立製作所の技術も製品に取り入れていて、共同研究なども勧めているそうです。

大企業グループならではの連携で、これからの発展に期待したいところですね!

 

日立建機は、国内だけでなく全世界にネットワークを持っています。

そのネットワークを生かし、新製品だけでなく中古車の販売も行っています。

 

レンタルサービスでは、主力の油圧ショベルなどの大型機械から、特殊仕様機、草刈り機まで幅広い種類の機械の提供を行っています。

レンタルは、その工事に最適な最新機械を使えること、節税対策など建設会社にとっていくつかのメリットがあります。

日立建機は新商品の販売だけでなく、中古販売やレンタルサービスでも建設業界を支えている会社です!

 

プロスタファウンデーションではいつでもご相談を受け付けています!

疑問や不安がありましたら、スタッフまで声をかけてください!