ブログ

電動工具メーカーの特長1~マキタ~

2018年6月6日

こんにちは!

皆さまにお仕事の情報をお届けするプロスタファウンデーションです!

 

建設業界に関連するメーカーを数多く紹介してきましたが、今回は電動工具メーカーに注目してみます!

そこでお話するのは、国内最大手の電動工具メーカーマキタです♪

 

マキタは電動工具の日本国内シェアの約60%を占める大手総合電動工具メーカーです。

売上の多くは日本国内のものですが、もちろん世界でもトップクラスです♪

 

そんなマキタの歴史は古く、創業は大正4年。

創業100年を超える老舗メーカーです。

創業時はモーターなどの販売修理会社でした。

昭和33年には国産第一号の携帯用電気カンナを発売し、翌年に電動工具メーカーへと転身しました。

その後会社は電動工具メーカーとして発展を続け、現在にいたります。

マキタは国内の電動工具の進化に大きく関わっているメーカーだといえますね!

 

マキタの製品は環境にも配慮して開発されています。

例えばリチウムイオンシリーズ。

リチウムイオンバッテリーは充電して繰り返し利用できますが、マキタのバッテリーは従来の約3.3倍まで寿命がアップされています。

高温になるバッテリーを急速冷却する冷却ファン、ICチップを搭載することで使用状況に適した充電方法を選択できる通信システムなどが特徴的です。

 

環境への取り組みとして、マキタではバッテリーのリサイクル活動も行っています。

小型充電式電池のリサイクルを行う団体に参加し、バッテリーの自主回収や再資源活動に貢献しています。

 

電動工具が発生する振動を減らすAVT技術もマキタの製品の特徴です。

低振動機構を本体に内蔵することで、従来の3割から4割程度振動を低減することができます。

これには地震工学の理論が応用されています。

この技術は使用する作業者への負担軽減に繋がります。

電動工具を扱う作業者にとっては嬉しい技術ですね♪

 

プロスタファウンデーションはこれからも働く皆さまを支えていきます!

なにかありましたらお気軽にスタッフまでご相談ください!