ブログ

なぜ建設業は土木工事と建築工事に分かれているの?

2018年6月27日

こんにちは♪

建設業界への人材派遣を得意としているプロスタファウンデーションです!

 

プロスタファウンデーションでは土木や建築の求人を多数取り扱っていますが、建設業界ではなぜ土木工事と建築工事を分けているのでしょうか?

今回はその理由について考えていきます!

 

そもそも建築と土木の違いはなんだろうというところも、曖昧となっているひともいるかもしれません。

以前にもお話したのですが、簡単にいえば「地面の下の工事が土木」「地面の上の工事が建築」です!

道路やダムなど、自然を整備する工事を土木、土木工事で整備された上に建造物を造る工事が建築工事と考えることもできます。

 

建設業界では大手ゼネコンを除くと、土木工事と建築工事を兼業して請け負っているところは多くはないようです。

その理由の一つとして、資材や機材、技術的な面で共有できるものが少ない体と考えられます。

一見すると似たような工事を行っているようにも思えますが、現場ではそれぞれに適した技術などが定着しているようです。

そのため、それぞれの分野に分けて工事を行うことが多くなります。

 

建築工事と土木工事の現場では、必要とされる資格や許可も変わってきます。

さらに土木系の工事のなかで考えても、専門工事業が27に分かれているためひとつの許可だけでは行える工事の範囲は限られます。

土木・建築どちらの工事も行うとなると、会社にはより多くの有資格者や許可が必要となってしまい、会社としてはそれだけ大変になってしまいます。

 

しかし最近では、土木工事と建築工事の領域が一体化した計画も増えているようです。

工事の中にはどちらの分野なのか曖昧なものもあるため、二つの領域を超えて計画を立てたほうが効率よく合理的なこともあります。

これから先も、土木工事と建築工事を分けないものが増えるかもしれませんね。

 

プロスタファウンデーションでは皆さまからの質問をいつでも受け付けています!

なにかありましたら、いつでもお気軽にお問い合わせください♪