ブログ

業界内でよく聞く「ディベロッパー」ってなに?

2018年9月26日

 

こんにちは!

就職活動のサポートやアドバイスを専門におこなうプロスタファウンデーションです!

 

就職活動に大切なのは、履歴書に面接対策、そして業界研究です。

業界研究がしっかりできていないと、履歴書の志望動機や面接での質問に上手に対応できないこともあるので要注意☆

そこでプロスタファウンデーションでは、ブログを通じて業界情報を提供しています。

今回は土木・建設業界の中でも、特にわかりにくいといわれがちな業種であるディベロッパーについて紹介しようと思います。

 

ディベロッパーとは英語の「develop(開発する)」から生まれた言葉で、開発する人を意味します。

例えば大型商業施設やレジャー施設などの不動産開発、さらにリゾート開発や六本木ヒルズのようなオフィスビル開発もディベロッパーが携わってる仕事です。

 

ディベロッパーの仕事は不動産の売買だけではありません。

この土地にどのような建物を建てるのか、どのようにして人を集めるのかを考えて、総合的に街全体をプロデュースするのがディベロッパーの仕事です。

 

例えば三井不動産や三菱地所はこのような大規模なプロデュースを得意とする綜合ディベロッパーです。

またマンションの企画開発に特化したマンションディベロッパーとしては大京や東京建物が有名ですよね。

同じディベロッパーでも、それぞれに得意分野があるので企業研究の時には違いを押さえておくようにしましょう。

 

ディベロッパーの仕事は土地の活用法を考えて企画していくことです。企画を実行するためにさまざまな関連企業と連携して事業をおこなうチャンスにも恵まれます。

例えばゼネコンやレジャー関連企業、流通企業などと事業を展開することもあるでしょう。

 

魅力的な街づくりをしたい、自分の可能性を試すやりがいがある仕事がしたいという人はディベロッパーという仕事も検討してみましょう。

プロスタファウンデーションは土木・建設業界に特化した人材会社なので、業界の情報や就職の動向についてもアドバイスできます!

就職でお悩みの際はぜひお声かけくださいね♪