ブログ

女性の受け入れ体制はどのくらい進んでいるのか

2018年10月24日

こんにちは!

土木・業界の求人の中でもスタッフを大切にしている会社をご紹介している、プロスタファウンデーションです♪

土木建築業界と言えば男性の世界!というイメージを持つ人が多いものでしたが、現在では少しずつ女性も働けるようになってきています。

では今の土木建築業界で、女性の受け入れ体制はどうなっているのでしょうか?

 

でもまだ完全に女性が働きやすくなっているというわけではなく、まだ男性主体で女性ではできないという意識の人も少なくありません。

確かに土木・建築業界には建築現場のように力仕事もありますが、システムや管理など強い力のない女性でも担当できる仕事が大半です。

 

しかしどうしても力仕事のイメージが先行するので、女性からしても「建設業界は無理かも?」と思ってしまうでしょう。

ところが中には女性が代表取締役を務め、従業員の大半が女性という建設会社も登場しているんです!

 

それに女性が建設業界で活躍することを応援する団体がいくつもできており、建設業界で働く女性が職場では相談しにくいお悩みの相談を受けるなどをしています。

そうすることで同じ建設業で働く女性同士がつながりを持つことができ、女性は建設業界で活躍できないという先入観を崩す役にも立つのですよね。

 

確かに以前よりは女性が建設業界でも働きやすくなってきました。

でもそれを知っているのは実際に働いている人たちだけで、これから建設業を目指そうとする人たちなど外側の人たちにはあまり知られていません。

そのため建設業はまだ女性が入りにくいというイメージを持たせてしまうのです。

 

今回ご紹介した、女性の受け入れ体制が少しずつ整ってきていることから、女性の土木・建築業界への就職も可能性が広がってきたと言えます。

今後は現場で頑張る女性の姿もさらに増えていくかもしれませんね♪

プロスタファウンデーションは、男性はもちろん女性も含めて土木建築業界の優良求人を提供しています。

希望の就職先を探すお手伝いがきっとできると思いますので、ぜひ一度お尋ねください☆