ブログ

雪国での土木・建築業務は大変

2018年11月7日

こんにちは!

建設・土木業界の求人に強いプロスタファウンデーションです!

 

寒い地域にある雪国は、たくさん降ると雪が道をふさぐことで生活に支障が出てきます。

毎年豪雪地帯の様子がニュースやSNSで流れてきますが、除雪作業は誰が行っているかご存知ですか?

それは土木・建築業界の人が担当していて、毎年のことですが、実はとても大変な業務です。

ここではそんな雪国での土木・建築業務についてご紹介しますね。

 

雪国での除雪作業は土木・建築業の仕事のひとつと言いましたが、「それなら仕事が毎年たくさんあって潤っているのでは?」と思われるかもしれません。

しかし除雪作業って効率が悪く、それほど利益のある業務ではないのです。

そのため小さな建設会社では除雪車を確保しておくことが大変で、業務を受けられなくなることもあります。

 

そして業務自体は1人が除雪車に乗って作業をし、もう1人が交通整理をするのでそれほど大変な作業ではありません。

しかし少しでも雪が残っていたり道幅がそろっていなかったり、また家の前に雪の塊が残っていることでクレームにつながることも起きているのです。

 

また、雪国だけではなくて、東京といった雪に馴染みなのない地域でも降っていますよね。

雪に不慣れな地域でも除雪をするのは土木・建築会社の仕事になります。

それについては日本海側と太平洋側で協定を結んで、もしもの時には助け合うようになっているので地元建設会社の負担を軽くすることに役立っていますよ。

 

こうやって聞くと雪国の土木・建設会社は大変だなと思ってしまいますよね?

ですが仕事はそればかりではなく、現場での建築業務もあればシステムや管理などの仕事もあります。

 

土木・建築業界でご自分の希望に合った就職先を見つけるにはプロスタファウンデーションにお手伝いさせてください!

きっと大変なことだけではない、給料や待遇、やりがいなどマッチした求人をご紹介できると思います。

お気軽にご相談いただければ、スタッフが丁寧に対応させていただきますよ♪