ブログ

2018年9月19日

こんにちは!

建設や土木業界での就職を希望している人のアドバイザー、プロスタファウンデーションです!

プロスタファウンデーションのブログでは業界研究や企業研究を通じて、建設や土木業界の情報を発信しています。

今回ご紹介するのは住宅メーカーのパナソニックホーム☆

もしかしたらパナホームといった方が、ピンとくる人が多いかもしれませんね。

 

パナソニックホームは名前からもわかるようにパナソニックのホーム&リビング部門です。

2018年4月1日にパナホーム株式会社からパナソニックホームズ株式会社に社名を変更してブランドも「Panasonic」になりました。

 

この背景には2017年にパナソニックの完全子会社になったことがあります。

パナソニックグループとしてのシナジーを発揮してさらに住空間事業を拡大させることを目的とした子会社です。

 

パナソニックホームズ株式会社は戸建て住宅によって培ったノウハウを生かして、さまざまな事業領域に進出しています。

分譲住宅から、リフォーム、街づくりに資産活用などそのフィールドは他社と比べても広く、多方面への進出が目立ちます。

またパナソニックの先進技術を活用できるのも大きな強みでしょう。

 

家全体のエネルギーをコントロールした家づくりやエコ住宅などパナソニックのテクノロジーを駆使した家づくりをおこなっています。

また介護サービス付きの賃貸住宅やクリニックなど住みよい環境の整備もパナソニックホームズ株式会社のフィールドです。

 

このような日本で培ったノウハウは海外でも積極的に活用しています。

パナソニックの現地法人との連携を図りつつ、台湾やマレーシアでも事業をスタートしました。

 

パナソニックホームズ株式会社は住宅に限らず、広いフィールドで活躍したい、自分の力を試したいという人にも適した会社と言えるでしょう。

将来的なキャリアパスに悩んでいる、自分の可能性を試したいといった相談はプロスタファウンデーションまでお聞かせください!!

こんにちは!

お仕事探しのパートナー、プロスタファウンデーションです。

プロスタファウンデーションは建設や土木業界に特化することで、皆さんに多くの情報提供をおこなっています。

今回の特集は、ヘーベルハウス。

名前を聞く機会は多い住宅メーカーですが、どんな会社なのでしょうか。

 

ヘーベルハウスは正式には『旭化成ホームズ株式会社』。

皆さんご存知の旭化成グループの住宅メーカーです。

 

家を探している人であれば、必ず耳にする機会があるヘーベルハウス。

オリコン日本顧客満足度ランキング2018のハウスメーカー(注文住宅)部門ではスウェーデンハウスに次ぐ第二位。

特に住居の性能の高さやアフターサービス、長期保証で高い評価を獲得しました。

 

実際に購入した人からも耐震性や耐久性の高さが評価されています。

地震大国である日本では、住宅を考えるうえで地震への対策も欠かせません。

へーベルハウスの「ハイパワード制震ALC構造」は、柱や構造壁が少なく、頑強な構造。

バランスよく制振フレームを配置することで揺れを吸収する仕組みになっています。

 

ヘーベルハウスが得意としているのは将来も心地よく暮らせる住宅です。

年月を重ねることで家族構成やライフスタイルは変化します。

そこで、ヘーベルハウスは将来フレキシブルに対応できる家づくりをおこなうことで、変化するニーズに対応しています。

 

旭化成ホームズ株式会社は企業理念で「住まいを通じて“安心で豊かな暮らし”を実現します。」と語っています。

実際にヘーベルハウスは幅広い年代の人から愛される家づくりをおこなっています。

私たちが住まう家は人生の中でも特に憧れや夢を持って語られます。

人々の生活を彩る家づくりは一生の仕事としてやりがいがある仕事です。

 

建築業界への就職はぜひプロスタファウンデーションにご相談ください☆

住宅にまつわる仕事は多種多様。

建築業界に特化したプロスタファウンデーションだからこそ、多角的なアドバイスが可能です!!

 

2018年9月12日

こんにちは!

プロスタファウンデーションでは土木・建設業界に興味を持つ人に向けてさまざまなお役立ち情報を発信しています。

土木・建設業界は技術職ですが、定年はどうなっているのか気になるところです。

 

総務省の調査によると土木・建設業界で働く人はおよそ500万人。

業界としては安定しています。しかし、技術を持ったベテランが高齢化しているため人材不足が叫ばれている現状があります。

日本が抱える少子高齢化の問題は、土木・建設業界にも大きく影響を与えます。

技術者が足りなくなり、さらに技術が承継されなくなれば日本の土木建築業界は衰退してしまうかもしれません。

 

実は土木・建設業界の現場では70歳を超えるようなベテランが働いていることもあります。多くのベテランによって現場が支えられているといってもいいでしょう。

もちろん、会社ごとに定年の規定があります。

しかし定年が60歳だとして年金の支給は65歳からなので、無収入の期間が生まれます。

そこで定年後も仕事を続ける道を選ぶ人も多いのです。

 

定年を迎えたら後は年金で暮らすというのは、一昔前の話。

今の日本における年金財政を考えれば、定年後の働き方も考えておく必要があります。

土木・建設業界はスキルやノウハウが高く評価される業界です。

仕事をしながら身につけた経験や能力は、定年後も重宝されるでしょう。

一生を通じて続けられる仕事を選びたいという人は土木・建設業界でのお仕事をおすすめします。

 

仕事をするということは、社会に求められるということです。

定年後、いきなり退職することでアイデンティティを失ってしまう人も数多くいます。

技術職であれば、定年後も安定して働き続けることができるでしょう。

 

プロスタファウンデーションでは、土木・建設業界の求人を数多く取り扱っています。

これから経験を積みたいと考えている若年層からベテランまで幅広く対応可能。

お仕事探しのご相談はプロスタファウンデーションまでお寄せください♪

こんにちは!

建設や土木業界ならおまかせのプロスタファウンデーションです♪

今回は気になる土木・建設業界の働き方について紹介します。

特にこれから先のライフプランを決定するうえでも転勤の有り無しは気にする人も多いのではないでしょうか。

 

土木・建設業は基本的には現場での仕事です。

そのため現場監督、施工管理技士などは工事がある現場を転々とすることも珍しくありません。

中には東南アジアやアフリカなどに転勤する施工管理技士も増加しています。

これは将来的に海外で仕事をしたいと考えている人にはうれしい情報かもしれませんね。

 

また一つの土地にいられる時間も工期によって変わります。

工事が完成間近になると、そろそろ次の現場の話が出てくるといった感じでしょうか。

次の現場の下見など、出張が多いのも土木・建築業界の特徴です。

 

なかにはライフプランの考え方や家庭の事情によって転勤はあまりしたくないという人もいるでしょう。

もちろんすべての土木・建築業界の求人が転勤ありというわけではありません。

中には地元に密着して上下水道や道路の整備といった公共事業や学校の修繕をおこなう会社もあります。

このような会社であれば遠方の出張や転勤はありません。

また関東圏や関西圏のようにエリアが絞られていれば現場が変わっても転勤なしで働くことができるでしょう。

 

会社の中には本社で設計や経理、安全や工期などの工事管理をおこなう部署もあります。

このような内勤の部署であれば転勤が少ないこともあるのでしょう。

外勤として入社してから転勤の少ない内勤の部署に異動する例もあります。

 

仕事の楽しみ方は人それぞれです。

日本のいろいろな場所に住んでその土地の料理や観光スポットを楽しめるなんて考え方もあるでしょう。

次はどんな現場か楽しみに待つくらいの気持ちでポジティブに考えてください。

 

プロスタファウンデーションでは、土木・建設業界に就職を希望している人に向けてキャリアパスのカウンセリングをおこなっています。

土木・建設業界に興味を持った方はお気軽にご連絡ください!!

2018年9月5日

こんにちは!

土木・建設・建築関連の求人を多数ご紹介しているプロスタファウンデーションです♪

 

プロスタファウンデーションでも多く取り扱っている土木や建設のお仕事ですが、これらの業界で働くのに持っておくと良い資格ってご存じでしょうか?

色々な資格がありますが、その中からいくつかの資格を紹介していきます♪

 

まず土木工事に役立つ資格から紹介していきます。

現場で働く作業員として働く場合に役立つのは、重機を取り扱うのに必要な資格です。

建設機械を扱える技術者のことを建設機械オペレーターと呼びます。

建設機械オペレーターの資格は講習で取得することが可能であり、特に受験資格はありません。

建設機械の中でも、5トン以上のクレーンを扱う場合には、実技と学科試験を受けてクレーン運転士の資格を取得する必要があります。

また、公道で運転するためには大型特殊自動車免許が必要です。

 

現場で工事を管理する立場に就きたい場合には、施工管理技士の資格が必要です。

施工管理技士は国家資格であり、扱う工事によって種類が分けられています。

よく目にするのは土木施工管理技士や建築施工管理技士、電気工事施工管理技士、管工事施工管理技士などでしょう。

これらの資格は1級をもっていると管理技術者として現場で働くことが可能になります。

施工管理技士は会社にとっても必ず必要な存在なので、取っておくと転職の際に役に立つでしょう。

また、この資格は将来的に独立を目指すときにも役に立ちます。

ただし、受験するには学歴や実務経験が必要となります。

そのため実際にそれらの職種についてから、キャリアアップとして資格取得を目指すことも多いようです。

 

建設業界で現場作業員ではなく、事務関係で働きたい場合もありますよね。

役立つ資格としては経理に関わる建設業経理士、図面設計に携われるCADオペレーター。

もちろん建築士の資格も人気が高い資格です!

 

さまざまな資格がある中でどの資格を取ればいいのか悩むところですが、まずは自分がどのような仕事をしていきたいのかを考えることが大切です!

 

プロスタファウンデーションでは資格取得を目指す皆さんを応援していますので、分からないことはいつでもご相談ください♪

こんにちは!

土木・建設関係のお仕事を紹介しているプロスタファウンデーションです!

 

土木工事などは、日中の屋外で作業するイメージがありますよね。

土木や建設業の仕事で働くことを考えている人の中には、夜間作業があるのか気になる人もいるのではないでしょうか?

 

屋外での作業が多くなる土木や建設関係の仕事は、基本的に日中の作業が多くなります。

実際の工事現場を見てみると、夕方の時間帯になると片付けて作業を終えている現場を確認できます。

夜間の時間帯に工事を行うと、騒音に関する問題が出てきます。

そのため日中に行われる工事が多く、特に住宅地の近くではほとんどの工事が日中に行われているようです。

 

しかし少なからず夜間に行われる工事もあります。

特に、日中行うのが難しいものは夜間に行われるケースが増えるようです。

例えば日中には止めることのできない鉄道関係の工事。

鉄道の線路近くで行われる工事は、終電から始発の間の夜間工事に行われることが多々あります。

道路工事でも、日中の交通量の多い時間帯を避け夜間に行うということも。

 

ほかにも使用しているビルなどの改修工事では、ビルに入っている会社の終業後に行うことがあります。

電気を止める必要があったり、騒音が出たりする工事を、日中の時間帯に行うことは困難ですね。

 

土木、建設業の現場は日中の作業が多いけれど、場合によっては夜間作業もあり得るということになります。

こればかりは実際に働く会社で確認するしかないでしょう。

 

ちなみに、雪国では土木業者や建設業者が除雪作業を行っていることが多いです。

夜間に雪が降れば、夜中から朝方に掛けて除雪作業を行うことになります。

雪国で土木業などにつく場合、夜間の除雪作業を行う可能性があるのも覚えておきましょう!

 

プロスタファウンデーションでは皆さんからの質問をいつでも受け付けております!

分からないことやお悩みがありましたら、スタッフにお気軽にご相談ください♪

2018年8月29日

みなさん、こんにちは☆

土木や建設関係の求人ならお任せのプロスタファウンデーションです!

 

土木や建設は屋外作業が多いため、どうしても天候に左右されやすい業種です。

雨が降ってしまうとできない作業は仕方がないので中止にするしかありません。

 

しかし雨が降ったからといって、工期を守らないといけないのが厳しいところです。

天候は人の力でどうにか出来るものではないため、後々に休日返上で作業をしなければいけないこともあるので、大変です。

 

そのため現場監督などの立場になってくると、天候も考えながら日々の作業を進めていくことになるようです。

天候の変化も予測しながら、日々の作業の状況を判断して管理していくため大変なようです。

 

現場の作業員は給料が実働日数によって決まっていることが多いです。

そのため工期どうこうではなく、実際に現場で働く作業員にとっては天候によって収入が左右されるともいえます。

 

ちなみに「土木」「建設」と一言でいっても、その中には様々な職種があります。

実際に現場で作業する作業員だけではなく、建築士など設計に関わる仕事や事務職など、雨の日でも関係のない職種はたくさんあります。

こういった職種の場合は、雨の日でも屋内の作業が可能ですね。

 

また雨でも出来る現場の作業もあります。

建物の内装の仕上げなどは、雨が降っても関係ないですよね。

ほかにも倉庫内で出来る作業を行うこともあります。

どうしても天候に左右されやすい業種ですが、工期もあるので雨の日でも出来ることはやることもあるでしょう。

 

ちなみに雪国では建設会社などが除雪作業を行いますので、これも天候に左右される仕事です。

人手不足の現状もあるため、雪が降る日が続けば毎日のように忙しく除雪作業に追われることも珍しくないようです。

雨が降ると仕事がなくなるのも困りますが、毎日のように夜中の除雪作業に追われるのも大変です。

 

天候ばかりは変えようがないため、上手く付き合いながら仕事をしていくしかないのが辛いところですね。

 

プロスタファウンデーションでは、皆さんの疑問等にいつでもお答えいたします!

お気軽にご相談ください♪

こんにちは!

建設や土木などのお仕事を多数紹介しているプロスタファウンデーションです♪

 

最近、色々な場面で活用されることが増えているタブレット端末。

建設現場でもタブレットを活用する会社が増えてきているのはご存じでしょうか?

今回は建設現場でどのようにタブレットが活用されているのかをご紹介します♪

 

建設現場では、図面などの資料を必要とする場面があります。

現場を管理する立場の施工管理技士ともなると、多量の資料を持ち歩く必要が出てきますが、紙の書類はかさ張りますし、必要とする資料がすぐに取り出せないこともあります。

その点、デジタルのデータのままタブレットに入れておけば、たくさんの書類を一つに纏めることが可能です。

デジタルに纏めるだけならノートパソコンという手もありますが、持ち運びやすさではタブレットの方が優れていますよね♪

 

また現場の検査業務においては、その都度データを記録することになります。

検査以外の場面でも、なにかあれば野帳などに記載していく必要があります。

それらの記録にもタブレットは活躍するのです。

記録した情報の共有もタブレットなら簡単に行えます。

例えばなんらかの変更事項があったときに、現場と事務所とで同じ画面を見ながら打ち合わせをすることが可能なアプリケーションもあります。

 

ほかにもデジタルカメラなどで撮影した現場の写真を取り込み作業することも、タブレットなら手軽に行えます。

タブレットは指やタッチペンでの操作・描き込みが可能なので、資料などに手書きのように直接書き込めるのもタブレットのメリットです!

 

実際にタブレットを導入している会社では、作業効率が上がったという意見が多くみられます。

やはり必要なものを集約して持ち運ぶことには利便性があり、活用される場面が増えているようです。

 

私たちの身近なところでも普及しているタブレット端末は、建設現場の作業効率アップにも活躍しているんですね♪

 

プロスタファウンデーションでは、仕事に関する情報を随時発信しております!

なにかありましたらお気軽にお問い合わせください!

2018年8月22日

みなさんこんにちは!

土木、建設の求人を数多く扱っているプロスタファウンデーションです!

 

建物を作るにしても橋やトンネルを作るにしても、まずは測量から始まります。

予定地の正確な座標、面積などをきちんと測らなくてはどんな工事も始めることができません!

そんな測量を行うのが測量士であり、測量士として働くには測量士の資格を取得しなければいけません。

今回は、土木・建設に欠かせない測量士の資格についてお話していきます♪

 

測量士の資格は国家資格になります。

土木や建設関係の資格は実務経験や学歴を要するものも多いですが、測量士の資格は誰でも受験することが可能です。

学歴や実務経験問わず受験できる資格ではありますが、合格率は10%ほどの難関資格でもあります。

 

そんな難関資格の測量士ですが、実は受験せずに資格を取得する方法もあるんです!

 

・大学等で必要な知識を学び、必要な実務経験年数を積むこと

・専門の養成施設で測量士補となるために必要な知識と技能を身に付け(1年以上)、2年間測量の実務経験を積むこと

・測量士補となった後に、専門学校や養成施設で知識や技能を身に付けること

 

このように測量に関する知識や実務経験をしっかりと身に付けることで、測量士の資格を得ることも可能なんです!

 

測量士として実際に働く場合、測量業者などに勤めることになります。

行政書士や土地家屋調査士など他の資格も合わせて取り、独立開業を目指すことも可能です。

測量士の資格だけでの独立開業は難しいようなので、独立のために資格を取る場合に関連性があるこれらの取得も目指すことをおススメします!

 

難関とはいえ受験資格がないため誰でも挑戦できる資格ですし、しっかりと勉強して経験を積めば資格を取得する方法がある測量士。

国家資格の中でも挑戦しやすく、土木・建設の現場で役立つ資格なので気になる人はチェックしてみてはどうでしょう?

 

プロスタファウンデーションではキャリアアップを目指す皆さんを応援しています!

なにかあればお気軽にご相談ください♪

こんにちは♪

数多くの求人情報をご案内しているプロスタファウンデーションです!

 

土木や建設会社で働く上で役に立つ資格をいくつも紹介してきました。

今回は数多くの資格の中でも、インテリア関係のインテリアプランナーについてお話していきます♪

 

インテリアプランナーが行う仕事は、施設や住宅などの室内空間をどのようにするのか、企画・設計段階から関わり、工事監理まで行っていきます。

似ている仕事にインテリアデザイナーがあります。

仕事内容は同じものもありますが、インテリアプランナーの方がより幅広く工事に関わっていくことになり、より建築についての専門知識が必要だとされています。

 

インテリアプランナーの資格は、インテリアプランナーとして働くために必須ではありません。

インテリアプランナーの資格は国家資格ではないため、なくてもインテリア関係の仕事に就くことは可能です。

しかし、仕事をしていく上では知識が必要となりますし、有資格者の方が働く上で有利になります。

 

そのためインテリアプランナーとして働くために、インテリアプランナー試験を受験して資格取得を目指すことになるのです。

試験は学科試験に加えて、設計製図試験があります。

 

インテリアプランナーとして登録するためにはこの試験に合格するだけではなく、実務経験や、学校で学ぶことが必要になってきます。

そのためこの資格取得を目指す人は、インテリア関連や建築関連の仕事で実務経験を積んでから受験する人や、専門学校で学んでから受験する人が多いようです。

 

近年、住宅やオフィス等の内装において、癒しや快適さを求められる場面が増えているようです。

利用者のニーズに合わせたインテリアを設計する能力のある人が求められるため、インテリアプランナーの需要も高くなりそうです。

そんなインテリアプランナーとして働くことを目指すなら、抑えておきたい資格です!

 

プロスタファウンデーションでは資格取得やキャリアアップを目指す人を応援しています!

なにかあればいつでもご相談ください♪