ブログ

2017年11月14日

みなさんこんにちは!

土木や建設に関わるお仕事の求人を多数取り扱っているプロスタです。

 

突然ですが、土地家屋調査士という職種をご存知でしょうか?

建物や土地など、不動産を所有するためには申請が必要です。

しかし不動産の表示に関わる登記の申請手続きは複雑で難しいので、知識のない人が行うのはとても大変です。

そんな登記の申請手続きなどを、依頼を受けて代わりに行うのが土地家屋調査士です!

 

土地家屋調査士は、申請に必要な情報を集めるのも仕事のひとつです。

不動産の登記の申請手続きには、その不動産の物理的な状況を正確に把握することが必要です。

手続きに必要な情報の調査を行うのも土地家屋調査士の仕事で、実際に現地で測量を行うこともあります。

 

建物を建てたときだけでなく、建物を解体したときにも申請が必要です。

建物滅失登記というものが必要になり、これを代理で行うのも土地家屋調査士の仕事に含まれています。

ほかに、土地の境界に境界標と呼ばれる杭を埋めて、土地の境界線を明らかにするのも土地家屋調査士の仕事です。

隣人と土地の境界が曖昧なことでトラブルが起きるということがありますが、そういったときにも土地家屋調査士が活躍します。

民間紛争の解決に必要な手続きの代理業務に関しては、法務大臣に認定されたADR認定土地家屋調査士だけが弁護士との共同受任することで行うことができます。

 

土地家屋調査士の資格は国家資格です。

試験は筆記試験と口述試験があり、筆記試験は午前の部と午後の部に分けられて行われています。

筆記試験は例年8月の第3日曜日、東京・大阪・名古屋・広島・福岡・那覇・仙台・高松・札幌の全国9会場で行われています。

口述試験は筆記試験の合格者を対象にして、例年11月中旬に行われています。

受験資格は特に設けられていませんが、測量士や測量士補、一級建築士・二級建築士の資格を持っていると筆記試験の午前の部が免除されます。

合格者の多くは、午前の部の試験を免除されているようです。

 

一人前の土地家屋調査士になるには、資格を取ったうえで土地家屋調査士の事務所などに就職し、実務経験を積んでいくことになります。

より将来性を確実にするために、宅地建物取引士や司法書士、行政書士などの資格を合わせて取得している人も多いようです。

 

プロスタでは資格取得やスキルアップを目指す人を応援しています!

なにかあればお気軽にご相談下さい♪

土木や建築業界への人材派遣が得意なプロスタです!

こんにちは♪

 

新しいものを作り出した後、それを長く安全に使い続けるために欠かせない設備保全と呼ばれるお仕事があります。

工場の機械や設備は、きちんと定期的に点検や修理を行わないと長く安全に使うことができません。

 

製品を製造している工場のラインが、設備の不具合で止まってしまったら会社の損失に繋がりますし、お客様に迷惑をかけることにもなりますよね。

日ごろから点検・修理を行うことで、トラブルが起きるリスクを減らし、いざというときの損失を抑えることに繋がります!

今回は、機械を安全に使い続けるのに大切な設備保全についてお話していきます♪

 

設備保全の仕事は、大きく分けると二つです。

機械の調子がおかしくなってから調べて直す作業を行う事後保全と、機械が故障しないように計画的に点検や修理を行う予防保全です!

 

事後保全の場合、故障の種類が2種類に分けられています。

機械が止まってしまう機能停止型故障と、機械の動きが悪くなる機能低下型故障です。

機能停止型故障は、いきなり起こることが多く点検などで発見しにくいようです。

一方の機能低下型故障は、部品の劣化などを日常的に調べることで予測・予防することができます。

 

予防保全、事後保全を組み合わせて機械の故障を防ぐのが設備保全の仕事内容です。

メンテナンスや設備保守と呼ばれる仕事も、主に行うことは同じになります。

 

予防保全では、機会を定期的に交換したり部品を交換したりします。

部品の交換の基準は二つあり、時間基準保全と状態基準保全と呼ばれています。

時間基準保全では、実際に部品が劣化しているかは関係なく、一定期間で部品を交換します。

部品が劣化する前に交換を行うことで、機械の調子が悪くなるのを予防することができます。

一方、状態基準保全では点検した部品が、交換が必要な状態になっていた場合に部品を交換します。

必要な部品のみ交換するので、時間やコストを節約することができます。

しかし時間基準保全と比べると、機械の調子が悪くなるリスクは高くなります。

そのため、実際の現場では時間基準と状態基準を必要に応じて使い分けて点検を行うようです。

 

設備保全は専門性を求められるため、仕事を行うためには関連する資格が求められます。

主に電気分野、機械分野、設備分野に分けることができます。

資格の種類はいろいろあるため、自分が得意な分野や好きな分野の資格取得を目指すと良いのではないでしょうか。

 

プロスタでは働く人の悩みや疑問の解決のお手伝いをしています!

なにかあればお気軽にスタッフまでお問い合わせください♪

2017年11月8日

こんにちは!

お仕事と働く人とを結びつけるプロスタです♪

 

大手メーカーの中には、いろいろな事業を展開している会社がありますよね。

今回お話するのは、大手自動車メーカーであるトヨタ自動車から分社化されたトヨタホームです!

 

トヨタ自動車のなかで不動産開発部門・注文住宅部門が作られたのがトヨタホームの始まり。

赤字が続いた時期もあったようですが、トヨタ自動車の地元愛知県を中心として着実に販売を続けて黒字に転換、2003年に注文住宅部門が分社化されてトヨタホームとなりました♪

 

トヨタホームは創業者である豊田喜一郎の想いを引き継ぎながら、豊かな生活文化向上への貢献を掲げています。

高い満足度の得られる家作りを目指し、それは会社のシンボルマークにも表現されています。

円で描かれたシンボルマークは親子が手を繋いでいるようにも見え、それが家に住むひと達の暖かな空間を表現しているそうです!

 

トヨタホームの家作りには、トヨタグループの技術も生かされています。

太陽光発電で作られた電気を、家で使うだけでなく電気自動車の充電設備でも活用するなど、車と家とのつながりを実現しているのも、トヨタホームの特徴ではないでしょうか。

同じグループの技術を取り入れて作られることで、機械同士の結びつきも良くなっているようです。

 

世界的なトヨタというブランドに負けない技術を、トヨタホームも持っています。

戸建商品の「「ESPACiO Mezzo」がグッドデザイン賞を受賞しています。

「ESPACiO Mezzo」は都市型住宅として支持されている「Mezzo」のシリーズです。

防犯性とプライバシーを守りながらも、光や風を取り込む開放的な戸建住宅です。

「ESPACiO Mezzo」では、さらに極小化対策・高齢化対策・省エネ、創エネ対策を考えて作られています。

都市の高密度化、進む高齢化への対策が取りこまれた、これからの日本の住宅を支えてくれそうな技術ですね♪

 

大手企業トヨタグループに属するトヨタホーム。

それぞれの技術が連携した住宅づくりに今後も注目したいところです!

 

プロスタでは気になる会社の情報をこれからも発信していきます。

知りたいことがあればお気軽にお問い合わせください♪

建設業界などへの人材派遣が得意なプロスタです♪

みなさんこんにちは!

 

大手住宅メーカーについて多数紹介してきたこのブログで、今回取り上げたいと思うのは積水ハウスです!

積水ハウスは2012年度には販売戸数国内第1位、売上高は国内第2位となっている大手住宅メーカー。

名前を知っている人も多いのではないでしょうか?

 

積水ハウスの本社は大阪にあります。

積水化学工業株式会社に置かれたハウス事業部が元になっていて、1960年に積水ハウス産業株式会社として設立されています。

1963年に現在の社名である積水ハウス株式会社に商号を変えています。

 

積水ハウスの大元である積水化学工業は大手プラスチックメーカーです。

そのため積水ハウスではプラスチックを材料に取り入れた住宅を、1963年に完成させています。

材料すべてをオールプラスチックにすることは強度やコストに問題があり断念されていますが、それを元に鉄骨とプラスチックを組み合わせた新しいタイプのプレハブ住宅「A型」を完成させています!

A型の販売は発売当初は代理店販売方式で行われていましたが、住宅展示場での直接販売方式に移行されています。

住宅展示場は今でこそ当たり前ですが、このときオープンされた住宅展示場が日本初のものになるんですよ!

 

積水ハウスは庭づくりにこだわっている住宅メーカーです!

庭と住まいの調和を大切に、暮らしやすさや暮らしの楽しみを増やすことが考えられています。

子どもが遊べる庭や、十分な駐車スペースの確保、安らぐ縁側の演出など、それぞれのニーズに合わせた庭づくりに多数実績を持っています!

さらに、庭を小さな自然と捉えて「5本の樹」計画という独自の取り組みも行っています。

「3本は鳥のため、2本は蝶のために、日本の在来種を」と掲げて、その土地に適した樹木を植えています。

その土地に合った本来の自然環境に適した樹木を植えることで、その土地の鳥や蝶などが利用しやすくなり、環境作りに役立つという考えから行われているようです!

 

働くみなさんをサポートするのがプロスタの考えです!

なにかあればお気軽にご相談ください♪

2017年10月25日

土木や建築業界への派遣を得意とするプロスタです!

こんにちは♪

 

派遣で働くとなると、給料や待遇面でいろいろと気になることがあると思います。

例えば働く人にとって嬉しい、夏や冬のボーナス。

派遣社員は、正社員のようにボーナスをもらうことはできるのでしょうか。

今回は気になるボーナスについてお話していきます!

 

基本的に、派遣で働く場合にはボーナス支給がないケースが多くなります。

正社員との待遇が違うと不満に感じるかもしれませんが、派遣という雇用形態を考えると派遣先の会社からボーナスが支給されなくても仕方がないんです。

雇用契約を結んでいるのは派遣会社との間とのことなので、遣社員の給料は派遣先が支払うのではなく派遣会社が支払っています。

派遣先の会社から派遣社員に直接給与を支払うことはできないので、派遣先からボーナスが出ないのは当然のことですね。

 

そもそもボーナスは正社員だから必ず貰えるとは限りません。

ボーナスの支払いは義務ではないので、会社の業績によって左右されることがあります。

業績不振でボーナスカットということもあります。

 

一見すると、派遣社員はボーナスを貰えないで損をしているように見えます。

しかし、ボーナスが貰えないから損をしているとは限りません。

派遣社員の給料には、ボーナスを含めて時給を計算していて、時給が高くなっていることが多いようです♪

派遣社員はボーナスを毎月少しずつ貰っているのだと考えると、ボーナスを貰えないことへの不満が減るのではないでしょうか?

 

ちなみに派遣でもボーナスを受け取りたい場合、紹介予定派遣か常用型派遣で働くという方法があります。

紹介予定派遣とは、一定期間派遣社員として働いたあと、派遣先と直接雇用を結ぶことを前提としたものです。

派遣の契約期間が終わり、会社と直接雇用の形になればボーナスを貰えることになります♪

 

常用型派遣というのは、派遣会社の正社員か契約社員として雇用され、派遣された会社で働く形になります。

派遣会社の正社員か契約社員という雇用形態なので、派遣会社からのボーナス支払いがあることがあります。

ボーナスが出る反面、給料が下がってしまうケースもあるので、きちんと確認が必要です!

 

プロスタでは派遣で働く人をサポートします!

なにか不安や疑問があればお気軽にスタッフまでご相談ください♪

みなさんこんにちは!

土木、建築、建設業界への人材派遣が得意なプロスタです☆

 

土木や建築の現場で作業するお仕事をする場合、現場まではどうやって向かうのか分からないという人が少なくないようです。

そこで今回は現場までどうやって向かうのかということをお話していこうと思います♪

 

朝会社へ出勤してから現場へ向かう場合、現場までは会社の車両を使い移動することが多いようです。

複数人が同じ車両で移動することも、もちろんあります。

会社に社用車がない場合は、個人の自家用車を代用することもあるようです。

また、重機オペレーターの場合は会社から重機で現場まで移動するということもあります。

会社に一度寄る必要性がある場合、一度会社に出勤して現場まで移動するという扱いになるでしょう。

会社から現場までの移動時間も労働時間と見なされるのが一般的です。

 

会社には行かずに、最初から現場に自分で向かわなければならないケースもあります。

自宅から現場までは、自分の車や電車などを利用して向かうことになります。

自宅から現場に直行する場合は、会社から移動するケースと違って通勤という扱いになるのが一般的です。

この場合会社や移動距離によっては通勤手当が付かないこともあるので、確認しておきましょう。

 

人材派遣会社から派遣される場合、現場まで送迎バスが出ているケースもあります。

工場などの勤務で、多くの人が働く現場に行く場合に送迎バスが出ていることが多いようです。

 

自分で現場まで行く必要がある場合、現場までの向かい方は事前に確認して教えてもらえるのが基本です。

きちんと確認して現場へと向かいましょう♪

 

現場までどのように向かうのかは、働く会社によって異なります。

通勤手当の有無も、会社により変わってきます。

不安なことがあれば、きちんと確認しておくことが大切です♪

 

プロスタでは働くみなさんをサポートしています♪

不安なことがあれば、なんでもお気軽にお尋ねください!

 

2017年10月18日

こんにちは!

働く人とお仕事を結ぶお手伝いをしているプロスタです♪

 

今回は来客対応についてお話していこうと思います。

事務職で働いていると、来客応対を求められる場面もありますよね。

そんな時にどうやって対応したらいいのか分からない、来客対応は苦手だという人もいるのではないでしょうか?

そこで今回は来客時の対応の仕方についてお話します♪

 

受付がない場合、来客への対応は入口に一番席が近い人や、最初に気が付いた人が行うことになります。

来客に気が付いたら、まずは挨拶です。

素早く立ち上がり、お辞儀をして笑顔で「いらっしゃいませ」と声をかけましょう。

この時点でアポメントがあるのが分かっている場合、「お待ちしておりました」の一言も。

 

次にお客様の会社名と名前を確認します。

アポイメントの有無、担当者の名前なども合わせて確認しておきましょう。

お客様の名前や用件などは、復唱して確認するとよりていねいですね♪

 

名前や用件などを確認したら「少々お待ちください」と伝えてから、担当者に取り次ぎます。

時には担当者が不在なこともありますよね。

慌てずに担当者へ連絡して、来客があることを伝え、帰りの時間を確認しましょう。

お客様には担当者が不在なことと、戻ってくる時間を伝えます。

このまま待っていただくか、一度帰るかは相手の意向を確認しましょう。

もし、担当者に連絡が付かずいつ戻ってくるかもわからないときは、謝罪と担当者が戻り次第連絡をするということをていねいに伝えましょう。

 

場合によってはお客様を応接室などに案内することもあります。

案内するときの注意点は、「お客様の斜め前」を歩くことです!

階段ではお客様より上にならないように、下りは先導して上りは後ろから案内しましょう。

 

エレベーターの場合、先に乗り操作ボタンの前に立ち、ドアを押さえながらお客様を迎えます。

エレベーターの上座は左奥なので、そちらに誘導すると良いです。

降りるときは「開」ボタンとドアを押さえ、先に降りていただきましょう!

 

案内する部屋に着いたらドアをノックし、押し開きなら先に自分が入室し、手前開きなら先にお客様を通すのが基本です♪

担当者がまだ部屋にいなければ「○○(担当社名)が間もなく参りますので、おかけになってお待ちください」などと声をかけ、上座の席やソファに誘導します。

部屋を退出するときには、お客様の方を向いて「失礼いたします」とお辞儀をします。

 

部屋に案内したら、お茶出しまでするのが基本的な流れです。

お茶を出すときは、相手の右後ろから一人ずつ「失礼いたします」のひと声をかけながら出すのが基本です。

右後ろに回り込むスペースがなければ「前から失礼いたします」などと声をかけながら、相手から見て右側へ出せば問題ありません!

 

来客対応は緊張しますが、基本となるのは笑顔とていねいさです♪

 

プロスタでは働く人たちをていねいにサポートしますので、お気軽にご相談ください♪

みなさんこんにちは!

土木・建築・建設業界への派遣が得意なプロスタです♪

 

建設業界というと、現場で汗水流して働くお仕事をイメージしやすいですが、事務職で働いている人もたくさんいますよね。

事務職も多くの現場で必要とされる、大切なお仕事です♪

 

そんな事務職で働く場合、有利になる資格はあるのでしょうか?

 

建設業界といっても、仕事の内容は一般事務と変わらない求人も多いです。

そのため一般事務職に求められることの多い簿記は取得していて損のない資格の一つ♪

経理の仕事をしたいなら、日商簿記2級は抑えておきたいところです。

 

さらに建設業に関わる内容に特化するなら、建設業経理士という資格もあります。

その名前の通り、建設業に関わるお金の流れを取り扱います。

建設の現場では、長い期間かけて行われるので決算時の処理が通常の会社と異なります。

そういった内容を扱えるようになるため、建設業界での事務職を目指すなら建設業経理士の資格は持っておいた方が良いでしょう。

 

また、建設業経理士は会社にとっても、必要な資格です。

公共工事入札のとき、審査項目に建設業経理士の人数が含まれています!

会社としても、公共工事を取るために持っていて欲しい資格となるので、持っていると資格手当が付くこともあるようですよ♪

 

不動産を扱う会社で働きたいなら宅地建物取引士の資格も需要が高いです。

不動産取引を行う会社には、必ず一人は持っていないといけない国家資格です!

 

英語能力を評価するTOEICもお勧めです。

グローバル化が進んでいるため、英語のコミュニケーション能力が評価されることが増えています。

英検よりも、TOEICの方を求める企業が多いようです。

 

資格を取るのには勉強が必要で大変なものもありますが、持っていることで有利になる場面が多くあります。

面接時のアピールにもなりますし、持っていることで賃貸アップに繋がる可能性も♪

持っていて損をすることはありませんので、キャリアアップのためにも資格取得はお勧めです!

 

プロスタでは働きながらキャリアアップする人を応援しています。

なにかあればお気軽にご相談ください♪

 

2017年10月11日

土木、建設関連のお仕事紹介に実績を持つプロスタです!

みなさんこんにちは☆

 

みなさん「プラント」ってどんなものか分かりますか?

プラントはさまざまな場面で欠かせないものです。

 

プラントという言葉には生産設備や大型機械という意味があります。

工場などでプラントというと、設備一式を指しているのが一般的。

ごみ焼却プラントの場合、ごみを燃やす焼却炉だけでなく、焼却炉に空気を送る送風機や、ごみの焼却で出た有毒ガスを処理する機械など、ごみ焼却のために連携している機械や装置のすべてをまとめてごみ焼却プラントと呼びます。

焼却場の建物や事務所なども含めて呼ぶこともあります。

 

そんなプラント関わるプラント関連職種。

プラント業界の建築や土木の技術専門職をまとめてプラント関連職種と呼びます。

ほかの職種と比べると、プラント関連職種は専門性が高く特殊な技術や知識が求められるものもあります。

 

プラントの設計から管理まで関わるプラントエンジニア一つとっても、いくつもの専門分野に分かれていきます。

機械系エンジニア、化学系エンジニア、土木系エンジニアなど、求められる知識と技術はそれぞれ異なります。

一人のプラントエンジニアが設計からメンテナスをすべて行うわけではありません。

それぞれの行程で求められるスキルと専門知識があります。

プラントエンジニアは各分野の専門知識が必須な職種です。

 

専門性が高いので、危険物取扱者や電気工事士など、それぞれの分野で必要とされる資格が求められることもあります。

 

プラントに関わるお仕事は作ることだけでなく、実際に稼働したプラントを管理するプラントオペレーターなどもあります。

求人を探すときには、仕事内容をよく確認するのが大切です!

 

例えば普段なにげなく手にしている携帯電話や、なにげなく口にしている水も、プラントがなければ作り出されません。

プラントは人々の生活に欠かせないもので、それに携わるプラント関連職種も大切なお仕事です♪

 

プラント関連職種に興味がある方は、ぜひプロスタスタッフまでお気軽にご相談ください♪

こんにちは!

土木・建築・建設業界の求人情報を多数扱うプロスタです♪

 

土木などの業界にはたくさんの職種が関わっていますよね。

これまでもいろいろな職種を紹介してきましたが、今回は部材開発についてお話したいと思います!

 

部材開発というのは、その名前の通り部材の開発に関わるお仕事です。

部材というのは、例えば柱や梁など構造物の組み立てに使われる部分品のことを指しています。

建築用に作られた部材は、建築部材や建材などと呼ばれます。

 

建築部材には実にたくさんの種類があります。

屋根瓦や天井板も部材ですし、建物の基礎となる土台、床板を支えている根太、畳も建築部材になります。

家一軒を建てるためには、いくつもたくさんの部材が必要です。

より耐震性に優れた家を作るためには、それを可能にする部材が必要ということになります。

より優れた部材が開発されていくことで、より良い構造物が作られていくことに繋がります。

部材開発はハデな仕事ではないかもしれませんが、土木や建設業界にとって欠かせないお仕事のひとつといえますね!

 

開発の仕事は専門性が高く、人によって向き不向きがあります。

新しいものを開発する過程では、失敗もつきものです。

何度も失敗を繰り返して、新しい部材を開発していくことになるでしょう。

そのため、失敗しても前向きに研究開発に取り組める人に向いている仕事といえます。

一つのことをとことん追求する、好きなことならいくらでも集中できるといった人にも向いているといわれています!

一見すると、自分ひとりで取り組む仕事でコミュニケーション能力は必要ないと思われがちです。

しかし実際にはほかの開発部署とのやり取りや、周りとの連携も必要になっていきます。

そのため、人付き合いが得意な方がより良い開発ができるかもしれません!

 

また、開発職に就くためには知識が必要となるので、一定の学歴を求められることがあります。

学歴不問の求人もありますが、工学系の学歴があったほうが就職先の幅は広がるでしょう。

 

プロスタではみなさんの疑問などにお答えします♪

お気軽に声をかけてくださいね!