ブログ

2016年4月27日

 

こんにちは!

お仕事探しのパートナープロスタファウンデーションです。

当社では、お仕事をお探しの皆様のサポートをおこなっています。お仕事探しのアドバイスもしておりますので、ご相談くださいね♪

さて、履歴書の中でも悩みの種になりがちな資格欄。自分の強みになるような資格があれば、自信もつくはず。ここでは、建設業の事務職で役に立つ資格を紹介します!

 

建設業の事務職で必ず役に立つのが建設業経理士。

職場によっては、資格手当てが出ることもある資格です。建設業は一般の会社と異なる部分がさまざまにありますが、こちらは建設業特有の経理のルールを知り、実務をおこなうための知識を問う資格です。

 

1~4級がありますが、2級から受験する人が多いようです。

2級の内容は建設業簿記や建設原価計算、および決算に関する実務です。耳慣れない単語も多く出てきますが、基礎的な内容になっています。1級は難しいため、なかなか取得する人はいません。

1級の内容は2級の内容をさらに高度にしたもので、加えて会社法や財務分析が含まれます。科目合格制なので1科目ずつ勉強する人が多いようです。

はじめは2級から勉強してみて、もし内容が難しいようなら日商簿記3級なども勉強してみると良いでしょう♪

 

どんな職場でも必要になるPCスキル。

建設業に限らず、今の時代PCスキルに関する資格や知識は役に立ちます。たとえば、MOSなどは代表的なものです。これはワードやエクセルなどマイクロソフトのオフィスソフトを使いこなすための知識を問う資格です。

ワードやエクセルの知識は持っていて損はしません。勉強することがそのまま実務に役立つ資格です。

 

建設業の事務職の中には、さらに専門性を高めるために、CADなどの資格を取得する人も珍しくありません。

プロスタファウンデーションではPCスクールと提携し、スキルアップを望む皆様をサポートしています!

バリエーション豊かな講座があるため、初心者から経験者まで幅広く対応可能。キャリアプランは人それぞれです。プロスタファウンデーションでは一人ひとりのニーズに適したサポートをさせていただきます♪

 

こんにちは!

人材紹介会社であるプロスタファウンデーションでは、数多くの求人を扱っています。

特に当社が得意としているのが建設業界の求人。建設業界の求人というと、体力が必要なお仕事や、男性向けの求人ばかり思い浮かべる人もいるかもしれませんね。

しかし、当社では女性が活躍するお仕事や、事務職でのお仕事もたくさん取り扱っています。今回は、多くの現場で募集されている事務職について紹介します。

 

建設業界での事務職は、その多くが一般事務。

現場事務所で事務仕事全般をおこなっています。電話や来客応対、請求書や伝票整理など業務は多岐にわたり、掃除やおつかいも業務に含まれます。なかには、経理や労務に関する業務に携わることもあり、幅広い経験や知識を身につけることができる職業です。

 

就業してすぐのあいだは、先輩社員から仕事を引き継ぐことになるでしょう。

伝票の処理の方法やソフトの入力など、はじめはわからないことだらけで大変だと思います。先輩社員へ相談したり、マニュアルなどを利用したりと試行錯誤してお仕事に慣れましょう!明るい挨拶や、お茶出しなどの気配りも大切なお仕事。パソコン操作やお仕事に不安を感じている人も、まずはできることに一生懸命取り組んでください♪

 

現場の仕事は、事務員さんがさまざまな業務を引き受けることで円滑にお仕事が進むようになります。事務員は、現場の作業員に比べて人数が少ないため大変なことも多々ありますが、働く人々をサポートするやりがいがある仕事です。

建設業の事務職に魅力を感じて、資格を取得したり、CADを身につけたりとステップアップする人も少なくありません。

「人のサポートをしたい」「みんなの役に立ちたい!」、そういった気持ちが活かされるはずです。

 

プロスタファウンデーションの特長の一つが、就業後のフォローの細やかさ。

皆様がお仕事に就かれた後も、お仕事の内容や環境についてのフォローをおこなっています。お仕事探しやステップアップに関する相談なども、お気軽に当社までお問い合わせください♪

 

2016年4月21日

CADテクニック

 

みなさん、こんにちは!建築業の求人に強い人材紹介会社プロスタファウンデーションです。

このページでは仕事を探しているみなさんに向けた、有益な情報を紹介しています。

今回紹介するのはCADのテクニックです。

CADは設計、建築業界で必要となるスキル。スクールや独学で勉強した人も多いでしょう。CADで効率よく仕事をするためのテクニックを紹介します。

 

CADの基本操作のひとつがコピー。

コピーを使用することで、同じ図形を複製して使うことができるようになります。アイコンを使ってコピーできるので、難しいことは何もありません。

クリップボードにコピーすれば、別の図面に同じ図形をコピーすることも可能です。こちらも、コピーしてほかのデータに貼り付けるだけなので簡単な作業です♪

 

次に基点コピーを試してみましょう。

これはAutoCADにおいて、基準点を決めてコピー・ペーストできる機能。

目的点の座標を指定すれば、基点が目的点に移動します。

図面に選択した図形を貼り付ける場合、回転して使用したいという場合も多いはずです。そんなときは、回転角度を指定して貼り付けます。

通常のコピーであれば基準点は左側になりますが、基点コピーで任意の基準点を指定することで、さらに回転や移動の操作が便利になります。

 

コピーを有効活用するために回転(R)や尺度(S)など、さまざまな機能を活用しましょう!

同じような図形を描くのであれば、あらかじめ作成しておいた図形の角度や大きさを変えて使用したほうが作業が手早くなります。

水平、垂直方向への反転も可能なので、自由自在に図形を操ることが可能です。ショートカットなどのテクニックも活用して、効率よく仕事をしましょう♪

 

プロスタファウンデーションでは、スキルアップ支援にも力を注いでいます。

「事務の仕事をしながらキャリアアップしたい!」「仕事に就くために資格を取得したい!」そういったご要望はぜひ当社までお寄せください。

プロスタファウンデーションの研修支援制度は、ステップアップしたいと考える皆さんを応援しています♪

CADテクニック

皆さんこんにちは!

お仕事探しやキャリア支援をおこなうプロスタファウンデーションです(*^o^*)

このページでは、お仕事をする上で役に立つ情報を公開しています。今回は建設業界でよく必要とされる、CADのテクニックを紹介します。

 

CADはパソコンで設計を行うために使用されているソフト。

建築、土木機械分野などさまざまな業界で使用されています。基本的な操作に慣れたという人は、さらに効率化を図るためショートカットキーを使ってみましょう。

 

CADで使用するショートカットキーは、特殊なものではありません。

パソコンをよく触るという人ならば、WEBブラウザやオフィス系のソフトでも、普段ショートカットキーを使用しているのではないでしょうか?

たとえば「Ctrl+C」でコピー、「Ctrl+S」で上書き保存などは、有名なショートカットです。これはAutoCADでも変わりません。

 

一方で、コマンド入力はCADの特徴的なものです。

コマンド入力をしていて、スペルを間違った経験が誰でも一度はあるはずです。

なかには長いコマンドもあるので、さらに面倒に感じることも多いでしょう。

 

そこで登場するのがエイリアスです。エイリアスはショートカットと同様に作業を効率化させるツールのことをいいます。

エイリアスとは、ある文字に対してコマンドを割り当てる手法。

長いコマンドを入力せずに割り当てたアルファベットを入力することで、短い時間で作業を実行することができます。

 

エイリアス編集画面に表示されるアルファベットと、その右側に表示されているコマンドを確認してみましょう。

 

編集画面から自分の好きなようにエイリアスをカスタマイズすることができます。もちろん、はじめは設定を変えずにエイリアスを使ってもかまいません。

 

作業の習熟には、その作業自体に慣れることが大切ですが、一方で効率が良い、自分にとって作業しやすい方法を見つけるのも重要です。

簡単なCAD操作に慣れたら、自分にとって使いやすい作業方法を探してみましょう。

 

プロスタファウンデーションでは提携スクールもあり、スキルアップを支援しています!スクールの優待受講や資格受験支援をもおこなっているので、興味がある人はぜひご相談ください♪

 

2016年4月13日

こんにちは!お仕事探しのサポート役プロスタファウンデーションです!

プロスタファウンデーションではお仕事を探しているみなさんに最適なお仕事を紹介しています♪

建築の仕事に強みを持つ当社は、多数の求人を扱っている建設作業のお仕事について、今回は特集したいと思います。

 

建設作業とは建設や土木工事の現場で、さまざまな作業を通じて建築物にかかわっていくお仕事です。その作業の中には、資材を運ぶ土木作業や重機の操作などをはじめとする多くの仕事が含まれています。

建築にかかわる大工や鉄筋工、とび職、左官工や内装工の仕事も建設作業の一部です。

 

一般的に体力が必要な仕事といわれる建設作業の仕事ですが、経験を積むことでさまざまなキャリアパスを選択することができます。

重機の操作には資格が必要なため、資格を取得することで仕事の幅が広がることがあります。専門的知識や技能を修得することで仕事の内容が変わることもあるでしょう。

 

現場での経験を積むことで幅広い仕事を覚えて、管理者として現場監督の役割を果たすようになる人もいます。

現場監督の仕事は施工の管理。現場監督になると、工事の進行の管理や技能工との打ち合わせなど現場での作業よりも、ミーティングやデスクワークが増えていきます。

 

もしくは一つのことに特化して、専門性の高い技能を生かすことも可能です。

高い技術を持つ人はそれだけ優遇され、さまざまな現場で活躍することになります。評価を高めて、待遇をよくしてもらうために専門の資格を勉強する人も数多くいます。

 

実績を証明し、キャリアを積み上げるためにも必要なのが資格ですが、施工管理技師など実務経験が必要な仕事もあるので、まずは現場での経験を積むことがキャリア形成への第一歩になるでしょう。実際に現場での作業をしていくことで、自分の適性を試す機会にもなるはずです。

 

プロスタファウンデーションでは、建設作業のお仕事紹介やステップアップのご相談を受け付けています。建設作業のお仕事に興味をもたれた方は、お気軽に当社までご連絡ください♪

 

土木建設職種

みなさんこんにちは!

建設業界に就業希望の皆様のキャリア支援をしているプロスタファウンデーションです。

このページをご覧になっている皆さんの多くが、建築業界に興味関心を持っていると思います。今回は、技術系職種として人気が高い、建設・土木・住宅設計の職種について紹介していきます。

 

設計という職種は、そこで作るものによって仕事内容が大きく異なります。

例えば住宅建設会社であれば、注文住宅の設計や企画住宅、工業化住宅の設計がメインの仕事。一方でゼネコンや不動産開発会社であれば、大型のビルやマンション、公共施設などの設計に携わります。

地域開発の仕事であれば、街全体の構想や設計もおこなうことになるでしょう。設計と一口にいっても、仕事の進め方はまったく違います。

 

住宅建設は、個人の依頼主と相談しながらお仕事をすることになりますが、大型建築物の場合は、企業や地方自治体が仕事相手。場合によっては建築デザイナーと組むこともあります。

さらに設計事務所で働くか、住宅建設会社などの設計部門で働くかでも仕事の進め方は違うでしょう。

それらに加えて、設計をする対象によっても、その仕事は細分化されます。

建物自体の設計であればコンセプトに基づいた外観や内装、人間工学やコスト等を計算に入れながら機能的な空間をデザインするのが仕事です。

一方で、より建物の内部に入り込んだ設計が構造設計。地震や雨風などの天災に耐えられる建築物を作るための骨組みを設計する仕事です。

 

さらに、設備設計はインターネットや部屋の電気配線、空調や配管など建物の設備に特化した設計。最近では、耐震構造や省エネ化などに対する顧客からのニーズも高まりを見せ、高い知識や能力が必要とされます。

 

設計のお仕事をお探しのみなさんも、今まで携わったことがある設計や大学で専門としていた設計があれば、当社の担当者までお知らせください。

当社では、お仕事に関する希望やスキル、経験を詳しくヒアリングさせていただいてから、お仕事を紹介しています。お仕事探しのアドバイスもしているので、お気軽にご相談ください♪

 

2016年4月6日

建築画像

 

こんにちは!お仕事探しのパートナープロスタファウンデーションです♪

お仕事を探す上で大切になるのが情報収集です!プロスタファウンデーションは人材派遣の実績が豊富な会社。お仕事探しをしている皆さんに、有益な情報を提供しています。

 

今回は、皆様ご存じのスーパーゼネコン「清水建設」について紹介します。

清水建設の歴史は古く、1804年までさかのぼります。清水建設はもともと江戸の神田で創業した大工さんであり、日光東照宮の修理にも参加。宮大工としての実績は今でも生き続け、歴史ある社寺の建て替えや再建、耐震改修なども手がけています。

第五期の歌舞伎座も清水建設が手がけたプロジェクトです。伝統を世界に発信するとともに、環境に配慮した歴史に残る建物が清水建設によって誕生しました。

 

清水建設が手がけた建物の中には、サンシャイン60や東京モード学園コクーンタワーなど各地の顔として活躍するものが数多くあります。首都圏、民間建築が主力のゼネコンで、海外受注比率が低めなことも特徴でしょう。

 

スーパーゼネコンは、採算を度外視するような大型受注のイメージが強いかもしれません。

しかし、清水建設は民間建築分野をメインに据えたゼネコン。中小の建築でもこつこつとした実績を積み上げて、形にしてきた堅実な会社なのです。

 

また、建物の設備管理についても清水建設は専門性を高めています。

ゼネコンで唯一、経済産業省からシステムインテグレータの認証を取得したことも話題になりました。このため、ネットワークや設備管理システムと建設技術を融合した、新しい形の事業が構築されています。さらにエコ技術にも注力し、省エネルギー改修の実績も豊富。事業の低コスト化、効率化について高い技術が評価されています。

清水建設は多様化するニーズにフレキシブルに対応する建設会社といえるでしょう。

 

プロスタファウンデーションでは、お仕事を探している皆様から多くの希望や、就職への意欲をうかがっています。

将来的に携わりたいと考えているお仕事やキャリアプランを、ぜひ当社までご相談ください♪

当社の充実したサポートでお仕事探しをお手伝いさせていただきます!

 

建築画像

 

みなさん、こんにちは!建設業界に特化した人材派遣会社プロスタファウンデーションです。

今回は皆さんも一度は名前を聞いたことがある大手建設会社について紹介していきます!

 

今回紹介する建設会社は鹿島建設。

清水建設や大林組、大成建設、竹中工務店と並び、いわゆるゼネコン大手五社として知られる存在です。鹿島建設の代表的な建築物といえば、フジテレビ本社や霞ヶ関ビルディング、国立新美術館などランドマークとして知られるものばかり。

また、東京駅の八重洲口再開発も鹿島建設が手がけています。

 

その事業は国内にとどまりません。有名なものではスエズ運河橋やベトナムのタンソンニャット国際空港、アメリカのAT&Tパークも鹿島建設が手がけました。

鹿島建設の特長は、なんといってもその高い技術力と開発力。ゼネコンとは総合建設業者とも呼ばれ、設計から実際の工事の施工まで全てを請け負うことができる総合力がある建設会社。

鹿島建設はそのなかでも政治力に優れ、日本の大型プロジェクトをいくつも成功させています。

 

ゼネコン大手五社は全て創業年度が100年を超えます。

鹿島建設もその例に漏れず、1840年に創業。老舗として、日本の歴史を作った建築物を数多く手がけてきました。コーポレートスローガンは「100年を作る会社」。これから先も日本だけでなく、世界史に残る建築物に数多く着手していくでしょう。

 

「鉄道の鹿島」「超高層の鹿島」「原子力の鹿島」「環境の鹿島」など、鹿島建設にはさまざまな冠があります。

これは時代の変遷とともに、リーディングカンパニーとして先駆者であり続けた証といえるでしょう。

 

プロスタファウンデーションは、土木や建設業など幅広い事業にかかわる仕事をご紹介する会社です。

「こういった事業にかかわりたい!」「将来的なキャリアについて相談したい!」、そういった希望がある人はぜひ当社にご相談ください!あなたの相談役として豊富な実績に基づくアドバイスをさせていただきますよ♪