ブログ

2016年7月27日

画像⑧

お仕事をお探しのみなさん、こんにちは!企業と人のマッチングを専門にするプロスタファウンデーションです。

当社ではさまざまな事情をかかえた人のお仕事や就職相談を受け付けています。

お仕事をしながら転職活動をしている人も少なくありません。お話を聞いているなかでよく相談されるのが、転職活動は在職中にするべきかという質問です。

 

在職中のお仕事にもよりますが、可能ならば在職中の転職活動がおすすめです。

在職中にお仕事を探すメリットは経済的な余裕にあります。お仕事をしながらであれば、生活に困ることはないので余裕を持って転職活動に臨めます。

また職歴に空白があかないのもメリットでしょう。

 

その一方で在職中は転職活動の時間を捻出するのが困難です。

転職活動といえば面接が欠かせません。在職中だとその都度、休暇が必要になります。仕事を休めないこともありますが、面接日程にあまり注文をつけると意欲を疑われないか心配です。転職活動は面接だけでなく、キャリアパスの選定や職務経歴書や履歴書など準備なども並行して行います。人によってはお仕事との両立はハードに感じることがあるかもしれません。

 

転職への強い意欲があり、転職活動に専念したいと考えるのであれば退職後の活動が向いているでしょう。

退職後の転職であれば、面接などのスケジュールも管理しやすく、お仕事が決まればすぐに勤務可能です。

ただし、退職後の転職活動は期間が長引けば経済的に苦しくなります。履歴書の空白期間が延びれば、企業からの印象も良くありません。退職後にお仕事を探すときは自分で期限を決めて転職活動に打ち込むようにしましょう。

 

いつまで続くかわからない転職活動は精神的に大きな負担となります。お仕事をしながらのほうが、心に余裕を持って転職活動を進めることが可能です。

 

プロスタファウンデーションではお仕事を紹介する際に企業との間に立って、みなさんをサポートします。

みなさんの事情に合わせて最大限のサポートをするので、転職活動の事情などもお知らせください♪転職活動は一人だと壁にぶつかってしまうこともあります。

お仕事探しの相談やお悩みはぜひ当社にお聞かせください♪

画像⑦

こんにちは!お仕事探しのアドバイザープロスタファウンデーションです。

当社は建築土木業界に特化した人材紹介会社です。今までの実績や信頼から多くの求人案件を企業様から依頼されています。

求人の際に要望としてあげられるのが一定のスキルです。特にPCのスキルは必須といってもいいでしょう。今回はPCスキルの中でも建築土木業界で人気のCADスキルの身に付け方を紹介します♪

 

CADを勉強するために必要なのはパソコンとCADソフトです。独学で勉強しようとするのならインターネット環境や参考書も必要になるでしょう。

 

独学での学習で問題となるのがCADソフトです。

多くの企業で導入されているAutoCADを購入すれば大きな出費になります。できるだけ出費を抑えるのであれがJW-CADを利用してみましょう!JW-CADは無料で利用できます。これから学習を始めようとする人も一度JW-CADで感覚を体験してみてください。

 

初めてCADを勉強する場合は簡単な参考書を元に基礎的なコマンドから学びます。

DVDが付いていて、動画で作業の流れを確認できるタイプの参考書が勉強しやすくておすすめです。基本操作を覚えて図面作成まで進むと学習も楽しくなります♪インターネットでもCADの操作方法や図面作成動画を探すことが可能です。参考書でわからない部分はインターネットなどで補うのもよいでしょう。

 

わからない部分が出てきたときのフォローがないのが独学のデメリットです。

独学だと学習につまずきを感じることもあるでしょう。独学が難しい場合は専門学校や職業訓練でCADを学んでみてください。専門学校ではAutoCADなどのCADソフトを利用することができますし、多くの人と一緒に勉強することで大きな刺激になります。プロスタファウンデーションではPCスクールと提携してCADを身に付けたいというみなさんを応援しています。

 

当社と提携しているナガセPCスクールは関東首都圏にある20校から校舎を選択できるので、仕事をしながら勉強したいという人も帰りに立ち寄って勉強することが可能です。

スキルの基礎から資格取得までサポートしています。今の職場でCADが必要、CADを身に付けて就職の武器にしたい!

そんな人はぜひ当社までお声かけください♪プロスタファウンデーションでは前向きに将来のキャリアプランを構築する人を応援しています!

2016年7月20日

事務職の悩み

お仕事をお探しの皆さん、こんにちは!仕事探しやキャリアパス相談のプロフェッショナルプロスタファウンデーションです。

 

当社でお仕事を探している人の中にはさまざまなタイプの人がいます。

新しいフィールドのお仕事にチャレンジしたいという人やキャリアを積み上げて、キャリアアップを目指す人などです。

事務職だからキャリアアップなんて必要ないと考えてはいませんか?実はキャリアアップするとたくさんのメリットがあるのです。

 

キャリアアップするということはできることが増えるということです。

また、目標を立てることで、仕事のモチベーションにもつながります。

職場でも得意分野があれば、ほかよりも秀でた部分として自信になるでしょう。

 

もちろん身に付いた能力は仕事を探すときや面接でも強い武器となります。

当社でも登録するときには必ず今までの経験やパソコンのスキルを確認しています。

資格を取得すれば履歴書に書くことも増えますし、自分で考えてスキルを身につけた経験は仕事への能動性を感じさせるアピールポイントです。

 

キャリアアップする方法のひとつに専門性を高めることがあります。

その職場で必要とされるスキルを徹底して磨くことです。例えば、経理であれば知識を深めるために会計の勉強を始めたり、資格取得を目指したりしてもいいでしょう。

事務職はもともと汎用性が高いスキルが求められる職種です。いろいろな分野の事務職の人がいます。そのなかでも得意分野を作ることでスキルを発展させましょう。

 

逆に新しい分野にチャレンジして、得意分野を広げるのも一つの方法です。

今まではやってこなかった仕事に挑戦してみてください。建築関係で働くのであればCADにチャレンジすることで、新しい仕事につながります。

 

また、職場ですぐに役立つのがパソコンスキルです。現状に満足せず、新しくできる分野にチャレンジしてみてください。プロスタファウンデーションではみなさんのキャリアアップを応援しています。

 

無料のパソコン研修や、PCスクールとの提携を利用して自分にあったスキルを身につけましょう。プロスタファウンデーションではキャリアアップ相談も受け付けています!

担当者までお気軽にお声かけください♪

事務職の悩み

こんにちは♪お仕事探しのパートナー プロスタファウンデーションです。

当社では多くのスタッフさんに建設業界のお仕事を紹介しています。

お仕事を紹介する中で、よく話題にあがるのが職場の人間関係についてです。職場と人間関係は切っても切り離せません。

 

もし職場で苦手な人がいるときは、どのように対処すればいいのでしょうか?

 

職場では苦手な相手だとしても付き合っていかなくてはいけません。学生時代であればかかわりを持たなければ、それでよかったでしょう。

しかし、職場においては最低限のかかわりが必要なこともあります。

 

苦手な人と付き合うためにやってはいけないのが、無理に好きになろうとすることです。

理想をいえば、誰に対しても長所を見つけて好きになれたほうがいいでしょう。しかし現実的ではありません。

なぜなら人には好みがあり、苦手なものは苦手であるため、そこを変えるのは難しいからです。

 

苦手な人と接するときのコツは「丁寧に、でも距離をとる」です。

苦手だからといって避けたり、挨拶をしなかったりという態度は絶対にNG!必要最低限のコミュニケーションとして挨拶はしましょう。無理にコミュニケーションをとると相手も不自然に感じます。

その代わり挨拶や仕事の連絡は丁寧におこないます。

 

また、あからさまに苦手であることは態度に出さないようにしましょう。

周囲にいる上司や同僚、苦手な相手にも伝わってしまいます。仕事のお礼や謝罪などを欠かさなければ、仕事上不都合はありません。冷静に接するためにも丁寧な対応を心がけてください。

 

丁寧な態度をとりながら、心の中では少し距離をとってみましょう。

職場には、びっくりするような幼稚な人もいるものです。相手が無茶を言っていても、同じステージに立つ必要はないでしょう。

仕事と割り切って距離をとって接するのがコツです。

 

職場の人間関係に悩む人には、みんな仲良くないといけないと考えてしまう「いい子」も少なくありません。

しかし、職場は仕事をする場所です。プライベートと切り離して、距離を置いて付き合いましょう。

 

プロスタファウンデーションでは就業後のアフターフォローも欠かしません。

仕事に関する悩みなどは気軽に担当者に相談してくださいね♪

2016年7月13日

こんにちは!企業と人材のマッチングを専門に行うプロスタファウンデーションです。

建築土木の分野は多くの人々が関わって、ひとつの大きな仕事を遂行する仕事。実際に建築作業をおこなう人のほか、営業として建築に関わっている人もいます。

今回は建築営業のお仕事を紹介します。

 

建築営業とは土地の活用について提案やアドバイスを行う仕事です。

現在、日本中に活用されることなく遊んだままになっている土地があります。そのような土地の活用方法を提案し、事業計画を進めるのが建築営業の仕事です。

 

建築に関する仕事はひとつの案件で数千万から数億という金額が動きます。そのため、建物を売っているというより、事業を成功させるためのコンサルティングという風に捉えたほうが近いかもしれません。

 

建築営業の仕事は土地オーナーさんと信頼関係を築き上げ、その土地にあった運用方法、事業を提案する仕事です。

もちろん、その土地によって最適な運用方法は違います。

マンションの経営を行うか、大型商業施設や大規模なオフィスビルにするかなど、多くの可能性を検討するのも建築営業の大切な仕事です。

 

市場調査やニーズをつかみ事業が形になっていくと、事業計画の立案まで進みます。建築会社といえば設計や現場での仕事がメインだと考えてしまいがちですが、事業を提案する建築営業のお仕事があって初めて現場での仕事が生まれます。

 

建築営業が武器とするのは会社の連携と自分自身です。

自社ですることができる事業や高い技術を顧客にアピールして成約に結び付けます。そして何より自分を売るという側面が強いでしょう。

また、建築営業は事業を通じて土地の審査や経営計画、資金繰りなど顧客の深い部分までかかわりを持ちます。

 

実際に成約するまでコツコツと信頼を築くことが大切です。契約を締結したあとも、アフターフォローやアドバイスなど顧客とのつながりは続きます。

時には会社の顔となり、企業と顧客の架け橋として、活躍するのが建築営業の仕事です。

 

プロスタファウンデーションでは建築営業の求人を数多く取り扱っています。未経験だけど興味があるという人もぜひ気軽に当社のコーディネーターまでお声かけください♪

仕事の内容や適性など、細部まで行き届いたアドバイスをさせていただきます!

みなさんこんにちは!建築土木会社に特化した人材紹介会社プロスタファウンデーションです。当社では建築土木に関係するさまざまな求人を取り扱っています。

 

建築土木というと実際に作業する人をイメージしがちですが、ものがつくられるまでには多くの職種の人がかかわっています。

今回はその中でも建設コンサルタントのお仕事について紹介します。

 

高速道路や橋梁などの工事には政府や地方自治体などの発注者と、工事を請け負う建設会社があります。その中間に位置するのが建設コンサルタントです。建築物の企画や調査、構想などのアドバイスを行うほか、実際に設計するまでの業務を行います。

国内で官公庁を相手に仕事をすることもありますし、発展途上国のインフラ整備など政府開発援助に関連する事業を担当することもあります。

 

建設コンサルタントという仕事の魅力はプロジェクトを自分の手で育てることができる点です。仕事の依頼を受けた時点ではプロジェクトはまだ具合的な形になっていません。

それを膨大な調査や解析のプロセスを通過して、最適なものになるまで育てます。

ゼロから新しいものを生み出したい、自分がつくったものを後世に残したいという望みを叶えてくれるのが建設コンサルタントという仕事です。

 

建設コンサルタントの仕事の範囲は膨大です。地質や新エネルギー、交通基盤など広い領域が建設コンサルタントの担当するフィールドとなります。例えば都市整備事業の政策立案や、高速道路・インターチェンジの設計、資源循環広域システムの構築など、その事業ごとに建設コンサルタントに必要とされる知識は違います。

もちろん個人の資質に求める部分が大きく、負担が少ない仕事ではありません。

しかしプロジェクトごとに新しい知識を吸収し、次の仕事に生かすことができる刺激的な仕事です。

 

建設コンサルタントに従事する人は志が高く、様々な会社で経験を積んでいます。そのため建設コンサルタント業界は流動性が高く、人材を広く募集している業界です。

当社ではキャリアを活かして仕事を探す皆様を応援します!建設コンサルタントの求人も当社プロスタファウンデーションにお任せください♪

2016年7月6日

2

こんにちは!お仕事探しのプロフェッショナル、プロスタファウンデーションです。

 

当社ではみなさまと綿密なカウンセリングを元に、マッチするお仕事を紹介しています。お仕事を探すときには自己分析だけでなく、応募する会社を知ることも大切♪今回は大手ゼネコンの五洋建設を紹介します。

 

五洋建設の前身は広島県呉市で創業した水野組です。

この水野組は呉や佐世保など軍港の工事に携わり水の土木第一人者として名を馳せました。現在の五洋建設という社名になったのは1967年からです。

それ以降吸収合併を繰り返し、陸上土木についても高い実績を作りあげてきました。

 

五洋建設の代表的な建築物といえばスエズ運河橋ではないでしょうか。

エジプト-日本友好橋として日本政府が出資した建築物です。このプロジェクトはNHKのドキュメンタリーでも取り上げられたことで話題になったので、ご存知の人も多いでしょう。他の大型案件として国内では関西国際空港や東京湾アクアラインを手がけています。

 

五洋建設は海外大型工事の先駆けといえる会社です。

イランやシンガポール、マレーシアなど多くの国で土木工事を受注しています。シンガポールのエスプラネード・シアターズ・オン・ザ・ベイは硬貨のデザインにもなり、シンガポールのランドマークとして機能している総合芸術文化施設です。

2016年の売上高では全体の34,1パーセントが海外事業です。多くの国で実績や技術、経験を生かしたインフラ事業を行っています。

 

五洋建設はもともと海洋土木を専門としていたため、現在でもマリコンの最大手であり臨海部ナンバーワン企業を目指しています。

臨海部は物流の要地であるだけでなく、産業や都市など旺盛な建設需要があるエリアです。また、五洋建設は陸の土木や建設まで手広く扱うゼネコンであることも強みです。臨海のインフラから倉庫物流施設まで臨海部の建設案件にも高い相乗効果が発揮されるでしょう。

 

五洋建設の社章は5つの三角形を組み合わせた形をしています。これは太平洋、大西洋、南氷洋、北氷洋、インド洋の5大洋をデザイン化したものです。創造する心に国境はないという信念のもと、五洋建設の社員は世界中で活躍しています。

五洋建設は臨海部に対する高い優位性を武器にこれからも躍進を続けていくでしょう。

 

プロスタファウンデーションでは会社と人とをマッチングすることで、キャリアアップをサポートしています♪将来のキャリアプランのご相談はお気軽にプロスタファウンデーションまでお寄せください!

1

みなさんこんにちは♪土木建築会社に特化した人材派遣会社プロスタファウンデーションです。

 

当社では、お仕事を探しているみなさまに対してさまざまなサポートをしています。面接対策や履歴書の書き方などに不安があるときには、ぜひ当社担当者にご相談ください!さて、面接に臨むうえで重要になるのが企業研究です。

今回は、ゼネコンの中でも高い人気を誇る三井住友建設について紹介します。

 

三井住友建設は、2003年に三井建設と住友建設が合併してできた会社です。

名前からも分かるように三井グループと住友グループに属し、グループ内唯一のゼネコンとなっています。三井住友建設が得意としているのは橋梁や道路であり、レインボーブリッジや都営地下鉄大江戸線、新名神高速道路などが代表的な実績です。

さらに、建築分野ではマンションの工事を多く手がけ、建築だけでなくリフォームや建て替え、耐震免震工事にも積極的に取り組んでいます。

 

三井住友建設の強みは、なんといってもその高い技術力でしょう。プレストレストコンクリートやシールド技術など土木分野の技術は、業界内でも高く評価されています。

さらに近年注目を浴びている免震技術は、業界トップレベルのコア技術です。耐震免震リニューアルやマンションの大規模修繕サービスは、これからも高い需要が見込める事業といえます。

 

2014年には、住友林業と業務提携契約を締結。大規模木造の技術発展や市場拡大を目指しています。また、三井住友グループであることも大きな強みです。グループからの受注も多く、しっかりとした営業基盤の中で事業を進めることができています。

 

最近の三井住友建設の動向としては、アジア進出の強化が見られます。東南アジアやインドを中心に、海外売上比率が順調に伸びを見せており、タイの第2タイ=ラオス友好橋やハノイのニャッタン橋など有名な土木建築も手がけました。

ミャンマー事務所やマレーシア現地法人の設立など海外の拠点を増やし続け、東南アジアへの注力を高めています。

 

三井住友建設は、広大なビジョンと堅実な実績が両立した土木建築会社です。自分の可能性を試したいという強い思いを持っている人を求めています。

 

新しい仕事でキャリアアップやチャレンジを希望している人は、ぜひプロスタファウンデーションまでご相談ください♪転職についてのアドバイスをさせていただきます!