ブログ

2016年10月26日

8

みなさん、こんにちは!土木・建築・建設業界への就職をサポートするプロスタファウンデーションです♪

 

土木や建築といってもいろいろな職種がありますね。

今回は建築士や建築デザイナーなど、設計・デザインの部分に関わる職種に注目します。これらの職種への就職・転職活動に必須となるのがポートフォリオです!

 

そこで今回は就職・転職活動に必要なポートフォリオについて、重要性や作り方などをお話していこうと思います♪

 

ポートフォリオというのは、クリエイティブな仕事をする人に欠かせないものです。

作品をクリアファイルなどにまとめることで、それを見る相手に自分の能力をアピールします。就職・転職活動において、実績のほかにポートフォリオが重要です。資格だけでは相手が実際にどのようなデザインをできる能力を持っているかはわかりません。そこで実際の作品を見てもらえるポートフォリオが重要になるのです!

 

ポートフォリオの基本はA4かA3程度のクリアファイルなどにファイリングして作ります。

おすすめはA4サイズです。書類のサイズはA4サイズのものが多いためです。他の書類と比べてかさばるサイズのA3よりも保管しやすく、相手のことを考えたポートフォリオになります。自分の作品をアピールするものですが、見る人のことを考えて作ることが大切です。

 

ポートフォリオは自分が描いた図面や模型、ラフ画などをパソコンなどでレイアウトして作っていきます。しかし、ただ適当に作品をプリントアウトするだけではいけません。

企業は一つひとつのポートフォリオをじっくりと読む時間はないため、いかに相手に伝えるかを考えて作ります。パラパラとめくって読むだけだからと手を抜くのではなく、その短時間に自分のスキルを伝えるつもりで作りましょう。

そのため、載せる作品数も多ければ良いとはいえません。自分のデザインの幅を伝えられる、最近の作品で自信のあるものを載せましょう。作品数を増やすために、クオリティの低いものを載せる必要はありません。

 

ポートフォリオでは見やすいレイアウトを意識し、タイトルやコンセプトも添えて作ると良いでしょう。ファイルにまとめると見開きで隣のページも同時に目に留まるため、隣のページとのバランスも意識することが大切です。

 

ポートフォリオは自分の実力をアピールするのに重要です。

また、一度完成させたものをカスタマイズしてより良いものへと仕上げていきましょう。会社によって求めることが変わるので、同じポートフォリオを使い回すのではなく応募する会社に合わせて作ることをおすすめします。

ポートフォリオは中身の作品だけでなく、ポートフォリオそのもののデザイン、レイアウトなども評価されるのでじっくりと作り上げましょう!

 

プロスタファウンデーションではお仕事探しのサポートを広く行っています。お悩みがあればお気軽にご相談ください♪

7

土木・建築・建設業界のお仕事に興味あるみなさんこんにちは!働く人をサポートするプロスタファウンデーションです!

 

プロスタファウンデーションでは求人を紹介するだけでなく、働く人の悩みや疑問もサポートしてきました。今回は、よく目にする「CAD」に関してのお話をしていこうと思います。

CADが使えると転職に有利といいますが、実際のところはどうでしょうか?

 

2Dや3Dの図面を書くことができるCADは、建設業界において重要です。

CADに関する求人は、常に一定数あるといっても良いでしょう。CADはなにも設計する人間だけが使うソフトではありません。設計師が書いた設計図を見ながら、CADソフトを使って正確に書き起こすのがCADオペレーターであり、とても需要が高い仕事です。もちろん実際に設計図を書く設計士の仕事でも、CADスキルを必要とするものが多くなっています。

 

CADソフトは、パソコン上で正確な図面を引ける便利なソフトで建設業界には欠かせないものになっています。そのため募集にCADのスキルを求めるものが増えるのも当然といえます。一般事務仕事の業務と合わせて、CADができる人の求人も珍しくありません。

 

CADにはいくつものソフトがあります。ソフトの種類はたくさん使えるに越したことはありますが、一度に多数のソフトの扱いを覚えるのは大変です。

求人を見ていると扱えるソフトが指定されていることが多いのに気づくと思います。まずは無料で扱えるソフトを試してみてから、本格的なソフトで広く普及しているものを試してみるとよいでしょう。

 

CADのスキルは転職にプラスになりますが、CADが使える人は昔よりも増えてきました。

実際に働いて即戦力になるためには、単に扱えるだけではなくそれなりのスキルが必要ですし、建築に関しての一定のスキルも求められます。

単にCADを扱えるということに加えて、知識や技術を身につけていることも転職に有利な要素になりそうです。

 

プロスタファウンデーションではお仕事に関する悩みを広くサポートしています。スキルアップや転職についてお悩みのことがあれば、ぜひお気軽にご相談ください!

2016年10月19日

2

こんにちは!建設業界で働く人をサポートするプロスタファウンデーションです!

プロスタファウンデーションでは建設業界のお仕事を多数紹介していますが、建設関係のお仕事は現場で働く職種だけではありません。オフィス勤務が中心の事務職の求人も多数あります。

事務職の求人を見ていると、たびたび目にする業務内容にファイリングがあります。ファイリングとはどのような作業で、どんな意味を持つ作業なのでしょうか?今回は事務職の大切なお仕事のひとつ、ファイリングについてお話します!

ファイリングとは、言葉から分かるように簡単にいってしまえば書類などを整理してまとめ、保管することです。PCが普及しているため、CD-ROMなどをファイリングすることもあります。

ただ書類などをまとめるだけなのかというと、実は単純なお仕事ではありません!

難しい技術やスキルは必要ありませんが、ファイリングで大切なのは必要なときにすぐにそれを取り出せることです。重要な書類がどこにあるのか分からなかったら困りますよね。
必要な書類を探すというムダな時間がかからないよう、分かりやすくファイリングしておくことが必要です。

たとえば、書類の種類によって細かく分類して閉じること、適切なファイル名で保管することなどの工夫が必要になります。保管するときは基本的に五十音順に並べておくのが、第三者からしてもわかりやすいです。

書類の数が膨大なときには、作成日やタイトル、作成者など必要な情報をまとめた書類を作成しておくと、必要になったときに探しやすくなります。

また、書類のなかには会社にとって重要な情報が含まれていることもあります。そのような重要書類はセキュリティのきちんとした場所に保管するということも大切です。

書類に保存期間が決められているのであれば、その期限をわかりやすくしてファイリングしたりもします。

ファイリング業務単独の募集よりも、一般事務など他の業務と兼ねた募集が一般的です。一見すると地味な仕事かもしれませんが、オフィスワークのなかでも大切な仕事のひとつです!

経験者優遇のこともありますが、未経験者でも始められる仕事です♪

お仕事探しやスキルアップのご相談など、なにかあればお気軽にプロスタファウンデーションまでご相談ください!

運動

こんにちは♪建築・土木・建設業界への就職をサポートするプロスタファウンデーションです!

プロスタファウンデーションではお仕事紹介だけでなく、働く人の悩みもサポートしています。

事務職で働く人が直面しやすい悩みのひとつが運動不足です。

働いていると運動する時間を取りにくいうえに事務職はデスクワーク中心なので、一日中座りっぱなしで仕事をすることになり運動不足に陥りやすいです。ジムに通ったり、毎日ウォーキングしたり、そういった時間が取れれば良いですがなかなか難しいですよね。

そこで今回は、日常生活のなかでなるべく簡単にできる運動不足解消法を紹介します!

まずは、日常生活を見直してみてください。たとえばなにげに行っている家事も、身体を動かす運動の1つだといえます。通勤や買い物で歩くことや、電車で座らずに立つこと、階段の上り下りなどでも身体を動かしています。

普段、電車で座っているのを意識して立ってみる、エレベーターを使わずに階段を使ってみる、通勤で一駅分歩いてみる、それだけでも普段運動していない人には運動になります。こういった日常動作でも、運動していると意識を変えてみることが重要です。

ちょっとしたことで運動量を増やすことが可能です。

 

家事は意外と良い運動になります。

料理をするときにつま先立ちで行う、食器を出すときにまとめて出さずに何度も往復する、洗い物をしながらかかとの上げ下げを行う、フローリングの雑巾がけを行うなど工夫することで取り入れられます。

また、意識的に移動する回数や立ったり座ったりする回数を増やす、中腰やつま先立ちなど負荷のかかる体制を取り入れるとより効果的です。

 

事務職で座って仕事をしている間も、運動を取り入れることが可能です。

まず普段猫背になりがちな人は、背筋を伸ばすだけでも腹筋や背筋が鍛えられます。さらにデスクの下でこっそり膝を軽く上下させたり、足首を回したりするだけでも十分運動になります。デスクワークは脚がむくみやすいですが、足首を回すとむくみ予防にもなるのでおすすめですよ。

また、行うときは左右バランスよく行うようにしましょう!

 

運動するのにわざわざ時間を取るのが面倒という人はなにかしながら行う、ながら運動でも構いません!テレビを観ながらできる軽い筋トレや、その場で足踏みをするだけでも運動になります!

運動不足を解消したいけど運動する時間がない、面倒だという人はこのような日常生活でできる簡単な運動から取り入れてみましょう!ちなみに、運動不足解消にはちょっとの時間でできるラジオ体操もおすすめです♪身体を動かす習慣がついてくると、運動することも楽しくなってきますよ!

プロスタファウンデーションではお仕事探しやお仕事の悩みをサポートしています!お気軽にご相談ください♪

2016年10月12日

4

 

みなさんこんにちは!土木や建設関係のお仕事紹介ならおまかせのプロスタファウンデーションです!

 

建設関係のお仕事は、たくさんの職種によって支えられています。

プロスタファウンデーションではさまざまな職種についてご紹介してきましたが、今回は照明デザイナーについてお話ししたいと思います♪

 

照明デザイナーとは読んで字のごとく照明に関わる職種です。

照明デザイナーは大きく三つに分けられます。一つ目は舞台照明やテレビ局のスタジオの照明に関わるもの。二つ目は照明器具をデザインするデザイナー。最後は建築空間や都市空間などにおける照明のデザインをする人のことです。建築業界における照明デザイナーとは最後のものを指しています!

 

照明は空間をデザインするのに欠かせないものです。

たとえば建物をイルミネーションでライトアップして、都市空間を光でどう演出するかを考えるのも照明デザイナーの仕事です。普段なにげなく目にしてキレイだと感動していたイルミネーションも、照明デザイナーが手掛けているかもしれません。

イルミネーションだけでなく、建物のなかでどのような照明器具を使うのかということを考えることもあります。光は日常生活の身近なところにありますが、それをどうやって空間に演出するかを考える、クリエィティブな能力も求められる職種です。

 

照明デザイナーになるためには、照明に関することを学ぶ前に、まずは建築の基礎を身につけると良いと考えられています。

照明は建築のなかの1つの要因であると考えられ、まずは建築の基礎が大切になるからです。さらに照明デザイナーとして活躍するためには照明の知識以外に、図面を書くためのCADの知識やパソコンのスキルなどもあると非常に有利です。

 

空間における照明は、照明器具によるものだけでなく自然光の要因も絡んできます。

常に変化する自然光のことも考えるため、照明デザインというのは複雑で難しいものです。きらびやかな光の演出の裏側には、デザイナーのさまざまな知識と労力が詰まっているわけですね♪

 

プロスタファウンデーションではさまざまな職種への就職、スキルアップのご相談を受け付けています!いつでもお気軽にご連絡ください♪

 

こんにちは!土木・建築・建設業界へのお仕事紹介を得意とするプロスタファウンデーションです!

 

土木や建設業界と一口にいっても、そこに関わる職種はたくさんあります。まずはどのような職種があるのか知ることが大切です♪そこで今回は建設業界に欠かせない、電気工事士について紹介します!

 

電気設備の工事は、資格がなければ行うことができません!

無資格で行える作業はごく簡単なものに限られています。自宅だからといって壁のなかの配線をいじったり、照明器具の配線を接続したりするのは違法行為にあたります。最近では蛍光灯からLED照明への変更が普及していますが、実は配線をいじって取り換える行為を無資格で行うことはできません!

電気工事は身近なところに関わってきますし、建物の建築にも欠かせないため、電気工事士はニーズが高い職種です。

 

電気工事士には一種と二種があります。二種では600ボルト以下の設備までしか扱えないため、一般住宅や店舗などの工事に関わることが多くなります。

一種の場合は二種の範囲に加えて、最大500キロワット未満の需要設備の電気工事作業を行うことができます。一種を持っていると工場やビルの工事など、広い範囲の電気工事を行うことが可能です。

 

電気工事士の資格を得るためには、筆記試験と実技試験が必要です。

筆記試験に合格すると、その年に実技試験の受講資格を得るのはもちろん、翌年も筆記試験免除で実技試験を受けることができます。

 

電気工事士はニーズが高い職種なので、資格があると転職に有利です。

求人数も多く、実務経験なしでも資格を持っていると雇ってもらえることもあります。実は、第一種電気工事士を取得するには、5年の実務経験が必要になります。電気工事士を目指す人はまず第二種を取得し、その後就職して経験を積み、さらなるスキルアップをしたくなったら第一種を取得して活躍の幅を広げましょう♪

 

プロスタファウンデーションではお仕事に関するご相談をいつでも受け付けています!お悩みのことがあればお気軽にお寄せください♪

2016年10月5日

2

こんにちは!建設業界への仕事探しをサポートするプロスタファウンデーションです!

 

お仕事を探すには企業についての情報を集めることも大切です。これまでも有名建設会社についてご紹介してきました。今回は準大手ゼネコンの東急建設についてお話ししたいと思います!

 

東急建設は京都に本社を持つ建設会社です。

1946年に東京建設工業が設立され、その後1954年に東急不動産と合併しました。これが会社の建設工業部となり、1959年に分離して旧東急建設が設立されました。1961年の北海道札幌支店をはじめとして、全国各地へと支店を増やしていき、現在の東急建設になったのは2003年のことです。

 

東急建設が主力としているのは建設事業ですが、土木事業も手掛けています。

財政が不安定になった時期に鉄道会社による支援を受けていて、鉄道会社の地盤を生かした二子多摩川での都市開発なども行っています。沿線を住みやすい環境にするためのオフィスビルや商業施設、駅の工事をはじめ、区画整理や鉄道の複々線化工事なども手掛けています。

 

東急建設は経営ビジョンとして「深化・進化」を掲げています。

今までの技術をさらに深化させること、既成概念にとらわれないで技術を進化させて挑戦し続けることを目指しているそうです。ゼネコンというのは総合請負業という意味を持っています。請負業としての仕事を軸にしながらも、それにとらわれず挑戦する新たなゼネコンを目指すという想いも込められているようです。

 

東急建設は国内の建築実績だけでなく、海外での実績もあります。アジア諸国での工場建設や、道路工事、橋の建築などを多数手がけていて、発展するアジアを支えています。

 

こうした多くの実績を支えるのは現場の技術力です。

男性が多い建設業界ですが、東急建設では女性が働きやすい環境作りにも力を入れています。たとえば女性専用の休憩所の設置、きれいな更衣室やシャワールームを設けるなどです。女性はもちろん、男性にとっても快適に働ける現場作りを目指している会社です!

 

プロスタファウンデーションでは建設業界で働く人を応援しています。疑問やお悩みがあればお気軽にご相談ください♪

1

みなさんこんにちは!建設業界で働く人をサポートするプロスタファウンデーションです!

 

働くにはまずその業界のことを知ることも大切です。プロスタファウンデーションではこれまでも多数の建設会社について紹介してきましたが、今回は株式会社NIPPOについてお話ししたいと思います♪

 

NIPPOは旧社名を日本鋪道といいます。

その社名から分かるとおり、道路などの舗装工事を得意とする建設会社で、国内の道路舗装部門では最大手です!NIPPOの前身は1907年に石油精製業の会社と大手財閥の道路部門の合併により設立されています。

なぜ石油会社が道路部門と思うかもしれません。これは舗装に使われるアスファルトが、石油精製によって造られるものだからです!

 

NIPPOの前身会社は、日本のアスファルト舗装に大きく貢献しています。

高度成長期、道路整備は重要な課題でした。しかし地盤の整備など、課題はたくさんありました。NIPPOでは地盤を強くする土質安定処理や地盤改良の開発などに取り組み、世界に誇る施工機械を生み出しました。そこで培われた技術と経験が、道路舗装におけるトップメーカーのNIPPOを作り上げたわけです。今でも技術の発展や低コスト化への探求は続いているようです!

 

道路舗装を得意とするNIPPOでは、個人住宅やお店の敷地内の舗装も手掛けています。丈夫なことはもちろんですが、バリアフリーや見た目のきれいさなどのさまざまな要望に応えた工事を行っています。

さらに自分で簡単にアスファルトの舗装・補修ができる商品も販売されています。工事を頼むほどじゃないけれど舗装・補修をしたいというときに便利ですね♪

 

また、得意とする道路舗装以外に、建物の建築や不動産事業なども手掛けています。

海外での実績も多く、昭和10年代にはすでに中国や台湾での施工を手掛けています。道路の改修工事や、空港滑走路補修工事など得意分野を海外でも生かしています。舗装の技術を生かしたものだけでなく、学校や住宅の工事も手掛けているのも特徴です!

 

プロスタファウンデーションではお仕事探しに関するサポートを多数行っています!

もっとこういうことが知りたいということがあれば、お気軽にご意見をお寄せください♪