ブログ

2017年8月23日

こんにちは(^^♪

企業と皆さんをつなぐプロスタファウンデーションです!!

ご存知のようにプロスタファウンデーションが得意としているのは建設関連のお仕事紹介!

建設に関係する仕事やそれに就くための方法など幅広くアドバイスしています。

 

今回ブログで紹介するのはCADの使い方です。

CADの使い方は一通り覚えたという人も、一緒にステップアップしましょう!!

 

CADでできるのは図面を引くこと。

図面を引くと聞くと、難しそうに聞こえるかもしれませんね。

例えば手描きで作図すると、書き手の力量がダイレクトに図面に反映されます。

初心者だと、きれいな線を引くことも難しいでしょう。

ところが、CADであれば機能を覚えてしまえば誰だってまっすぐな線を引くことができます。

ただし、CADの使い方やコマンドを覚えただけでは図面を引くことはできません。

きれいな平面図を書くにはコツがあります

 

きれいな平面図を作るには基本的に無駄をそぎ落としてシンプルにすることが大切です。

見る側が一番困るのは、数字や文字が読めないような図面。

狭くて寸法が入らない場合は拡大して記入するなど、見る側の視点に立ってみてください。

CADは画面上はカラフルで見やすいようになっています。

しかし、白黒でプリントしたときはどうでしょうか?

線が重なって見えにくくなってはいませんか?

画面上ではレイヤーで見やすい線や文字も、プリントすると読みにくいケースがあります。

 

見る側の視点に立って、知りたい寸法はどれなのかを考えることが見やすくてきれいな平面図作成につながります。

もうちょっとここを描いてくれれば使いやすいのに……と使う側は思っているかもしれません。

正確なのは当然のこととして、まず見やすい図面を描きましょう。

 

見やすくきれいな平面図を描くためには自分で作図した図面をプリンターでプリントしてチェックしてください。

コピーして該当箇所を修正をしていなかったなど、初歩的な間違いはプリントして気づくこともあります。

プリントすることで全体のバランスにも配慮できます。

平面図の作成は慣れの部分も大きいため、他の人が作図した図面で勉強するのもいいですね♪

 

プロスタファウンデーションでは初心者向け講習からステップアップ研修までレベルに合わせたCAD講座を用意しています。

CADで図面を引くと言うと難しく聞こえるかもしれませんが、一度身につければこれから先も活用できるスキルです。

面接での武器が欲しい、専門分野に特化したいと言ったご相談はプロスタファウンデーションの担当者までお寄せください♪

 

こんにちは!

お仕事探しのパートナープロスタファウンデーションです。

プロスタファウンデーションは建設業界に特化した人材派遣会社。

建設会社の事務やCADオペレーターの求人も扱っています。

昔の仕事でCADを使っていた、CADの資格を就職に活かしたいという希望がある人も多くいるでしょう。

今回はCADの中身に焦点を当てて、汎用CADと専用CADについて紹介します♪

 

CADは何を使っていたか面接で聞かれることは少なくありません。

ざっくりと分けるとCADは汎用CADと専用CADに分けられます。

 

CADを仕事で使うシーンをイメージしてください。

例えば、ビル建築や住宅の建築、さらに家電製品や自動車の製図もCADを使います。

汎用CADとはその名の通り、どの分野にも使いやすい設計機能を備えたCADのことを言います。

汎用CADの代表的なものとして挙げられるのが、JWCADとAuto CAD です。

2次元のCADなら線や円弧、3次元ならば直方体など、どのような分野でも共通した要素を使って入力します。

 

それに対して建築や電機など、各分野に特化したCADが専用CADです。

建築のCADであれば窓や扉などをすぐに入力できるようになっている、電機のCADであれば配線や配管の作画が得意というようにそれぞれの分野に特化することで、仕事効率を上げてくれるのが専用CADの魅力!

専用CADの中には汎用CADとして開発されたものに、追加プログラムを組みことで専用CADとして使えるシステムのものもあります。

 

Auto CADは汎用CADですが、専用CADとして建築のAuto CAD Architectureや機械設計のAuto CAD Mechanical、電気制御システム設計向けのAuto CAD Electricalも提供しています。

 

仕事先で必要になるCADはその職種や仕事内容にもよります。

建築に特化したCADオペレーターを目指すなら、建築専用CADに触れることで勉強になるでしょう。

まずは基本を押さえたいという人は汎用CADで操作方法を覚えるのがおすすめです(^^♪

就職した会社で使っているCADを使いこなして専門性や習熟度を上げていけば、将来のキャリアパスにも強いアドバンテージになります!!

私たちプロスタファウンデーションは、お仕事を探している人のキャリアパスや仕事への希望に親身に向き合います。

就職のための資格取得や、経験を積みたいというご相談はどうぞプロスタファウンデーションまでお聞かせください♪

2017年8月17日

お仕事を探しているみなさん、こんにちは(^^♪

就職活動のパートナー、プロスタファウンデーションです!

 

お仕事を探すうえで、一度は考えていただきたいのが自分の適性です。

どんな仕事に向いているか、逆に苦手なことはなにか考えたことはあるでしょうか。

特に多くの人が悩みを抱えているのが、コミュニケーション力です。

コミュニケーション力はどの職場でも必要とされるスキル。

しかし、人と話すのが苦手という人もいるでしょう。

コミュニケーション力を上げる方法はあるのでしょうか。

 

はじめにお話ししておきたいのが話す能力とコミュニケーション力は無関係だということ。

コミュニケーション力とは人と人との間で意思を通じ合わせる能力です。

それは直接話すときに限りません。

メールや電話でもコミュニケーション力は問われます。

いわゆる空気を読む能力もコミュニケーション力のひとつなんです。

 

なぜ企業がコミュニケーション力を必要としているかといえば、円滑な人間関係がないと職場がスムーズに動かないからです。

いくらスピーチが得意だとしても、周りの雰囲気や相手の気持ちを察しない人はコミュニケーション力があるとは言えません。

コミュニケーション力がある人とは、相手の気持ちを察して動くことができる人のこと♪

もちろん、自分の考えや気持ちを相手にわかりやすく伝える力は大切です。

ただし、流暢に伝えるというよりは、正確で相手にわかりやすいように伝えなくてはいけません。

話を聞くときも、ただぼんやりと聞くのではなく、細かいところに注意を払いながらより深く理解するようにするといいでしょう。

 

コミュニケーション力を上げるためには、相手が何を求めているかを第一優先に考えてみてください。

話したいことを話すだけでは、自己満足のスピーチになってしまいます。

会話のキャッチボールを続けるためには、相手を知ろうという気持ちも必要です。

 

メールや電話であっても、簡単な一言、例えば相手の近況への配慮があるだけでも受け取った側は自分のことを気にしてくれていると感じます。

コミュニケーション力を上げるには、まず相手に興味を持って行動の意図や背景を理解しましょう。

特に世代が違うとそれだけでコミュニケーションが取れないように感じます。

就職活動もチャンスと考えて、いろいろな世代と会話をしてみてください。

繰り返すことで、聞く力とともに話す力も磨かれるでしょう。

 

プロスタファウンデーションは就職された皆さんのアフターフォローも徹底しています。

職場の悩みやわからないことは担当者までお聞かせください(*’▽’)

こんにちは!

お仕事に関する相談役プロスタファウンデーションです(^^♪

プロスタファウンデーションでは資格が必要な専門職や事務職、未経験歓迎のお仕事などさまざまな求人を紹介しています。

今回は事務職に焦点を当ててみましょう。

 

事務職の職業病といえば、目の疲れです。

事務職はパソコンを使用する時間が長く、どうしても目が疲れます。

厚生労働省の調査ではパソコンを使って仕事をする人の9割が目の疲れを感じていると回答しています。

この目の疲れの原因はパソコンが発するブルーライト。

ブルーライトは視力低下や眼精疲労、安眠妨害などの悪影響があると言われています。

事務職で働いている人はどのように対策をしているのでしょうか。

 

多くの人がとっている対策が、ブルーライトをカットするメガネを使うこと。

超軽量タイプならつけていても気にならず、跡もあまりつきません。

ブルーライトをカットするメガネには、ブルーライトを反射するタイプと吸収するタイプがあります。

それぞれブルーライトのカット率やレンズの色が違うので、購入する前に試着して比較しましょう。

 

さらにパソコンの設定でも目の疲れは防止することができます。

windows10にはブルーライトカット、調整機能が標準装備されているので使ってみましょう。

 

ブルーライトカットの設定はスタートから『設定』をクリックして、『システム』を選択します。

左側メニューの『ディスプレイ』を選択して『夜間モード』を設定しましょう。

夜間モード設定がない場合でも、明るさを調整することで、目への負担を減らすことができます。

 

目の疲れを軽減するには、休憩時間に目をしっかり休ませることも大切です。

目の疲れを取るツボ紹介します。

【目頭の上】 鼻筋を挟むように親指と人差し指で押しましょう。

【眉頭】   左右それぞれの眉頭を親指で持ち上げるように押します。

【目じりの外】中指や人差し指で内側に向かうように押しましょう。

 

休憩時間に眼球を動かす体操や、目薬、アイマスクなどを使うと目だけでなく、気持ちもリフレッシュします。

いろいろな方法を試して自分に合った目の休ませ方を探しましょう。

 

プロスタファウンデーションは働く人のヘルスケアにも気を配っています。

プロスタファウンデーションでは目の疲れ以外の健康や医療の相談サービスも利用可能。

小さなことでも気軽に相談してくださいね♪

 

 

2017年8月9日

こんにちは(^^♪

建設業に特化した人材派遣業者プロスタファウンデーションです♪

今回研究する職種はハウスメーカー。

家を作っている建設会社というくらいのイメージをなんとなく持っている人もいるでしょう。

より詳しく知って、これからの就職活動に生かしてください♪

 

ハウスメーカーとは住宅を建設する会社です。

積水ハウスやセキスイハイム、大和ハウス工業、パナホーム、住友林業などが有名でしょう。

地元密着型の住宅建設会社をビルダーと呼ぶこともあり、ハウスメーカーというと一般的には日本全国の規模で展開している会社を指しますが、その定義は曖昧です。

ハウスメーカーは自社で開発した住宅を販売することもあれば、他社の住宅販売やアレンジを手がけることもあります。

 

ハウスメーカーの就職は営業職と設計職に二分されます。

ハウスメーカーで圧倒的に多いのは営業職で、会社によっては営業設計職という採用区分も用意されています。

営業職の仕事はお客様から住宅の注文をいただいて、引き渡すこと。

具体的には住宅展示場で新規のお客様への案内や営業をおこなって契約につなげます。

また、客先まわりや現地案内なども営業のお仕事です。

 

設計職の場合は販売する住宅の設計やプランニングを専門におこなう場合と、実際に建築する家の図面を引く場合があります。

営業設計職の場合は施主と会って、図面を見ながら打ち合わせをするのも仕事です。

営業設計職は、設計専門職と違って文系出身でも設計に携わりたいという人にも門戸を開いていることが多いので、設計の経験を積みたいという人にもおすすめです。

 

住宅はその人にとって一生に一度になるかもしれない大切な買い物です。

その相談にのることができるハウスメーカーはお客様の大切なステージを見守る仕事とも言えます。

お客様からの感謝や笑顔が何よりのやりがいになるでしょう。

 

ハウスメーカーの仕事に興味がある人はぜひプロスタファウンデーションまでお声かけください!

プロスタファウンデーションはハウスメーカーへの紹介実績も豊富。

皆様のキャリアパスに対するアドバイスもしています(^^)/

プロスタファウンデーションへの登録はホームページか電話にてお問い合わせください!!

こんにちは(^^♪

派遣スタッフから正社員までプロスタファウンデーションでは働き方に合わせたお仕事を紹介しています♪

プロスタファウンデーションで紹介しているのは、建築を中心に様々な職種のお仕事です。

現場での作業から事務、設計やデザインなど、自分の得意分野でお仕事を探しましょう!

今回紹介するお仕事は家具デザイナー。

家具デザイナーの仕事内容や求められる能力などをまとめました。

 

家具デザイナーは家具をデザインする仕事です。

家具デザイナーがする仕事はフィールドによっても違います。

量産して流通するような家具をデザインする場合や、顧客の要望に応じてオーダーメイド家具をデザインする仕事、さらにインテリアコーディネーターを兼ねることもあります。

自分で事務所を立ち上げるか、企業内デザイナーとなるかでも違うでしょう。

 

家具デザイナーになるためには資格は必要ありません。

しかし、家具やデザインや設計をするためのスキルは必要です。

多くの場合は大学のインテリア学科や建築学科、専門学校などで家具デザイナーに必要なスキルを磨きます。

素材の特性や人間工学に応じた造形、色彩など家具デザインには様々な要素があります。

設計やパース、CADのスキルも必須。

模型などを作ることもあるため手先の器用さや技術も必要です。

 

家具デザイナーと言っても家具のデザインだけをしている人は、あまり多くありません。

家電などのプロダクトデザイナーやインテリアコーディネーターとして働くかたわら、家具のデザインもしているというような働き方が一般的です。

インテリアコーディネーターなど他のデザイナーと協力して仕事をする機会も多いでしょう。

そのため、幅広い知識を身につけておくことで、仕事にもバリエーションが生まれます。

 

家具デザイナーの仕事は自分がデザインしたものが形になって、人を喜ばせる仕事です。

仕事をしながらデザインスキルを磨いてステップアップしていくこともできるでしょう。

今まで学校で学んだことを活用したい、仕事を通じてスキルアップしたいという人はぜひプロスタファウンデーションにご連絡ください!

 

プロスタファウンデーションではCADスクールとも提携し、キャリアアップを目指す皆さんを応援しています。

資格取得やスキルアップのご相談もお気軽にプロスタファウンデーションまでご相談してくださいね♪

2017年8月2日

こんにちは!

人材派遣のプロフェッショナル、プロスタファウンデーションです(^^♪

土木や建築の求人に強みを持つプロスタファウンデーションでは、さまざまな企業へ人材紹介をおこなっています。

就職活動のために大切な戦略が企業研究です。

今回は住宅業界のトップ、大和ハウス工業について紹介します。

 

大和ハウス工業は日本を代表する住宅メーカー。

プレハブ工法のパイオニアとして、日本の住宅づくりを促進してきました。

現在でも住宅建設業界の最大手です。

 

さらに大和ハウス工業の事業の範囲は、個人向け住宅にとどまりません。

大和ハウス工業ではマンションやリゾートホテル、ゴルフ場など事業の多角化を推し進めています。

高齢者福祉事業やロボット事業なども手がけ、住宅業界としては初めて売上高2兆円を超える企業グループにまでのぼりつめました。

 

大和ハウスグループのスローガンは『人・街・暮らしの価値共創グループ』

住宅のみならず都市開発による街づくり、エネルギー事業もダイワハウス工業のフィールドです。

加えて事業領域は国内だけではありません。

中国やアメリカ、オーストラリアなど海外でも事業を展開しています。

 

大和ハウス工業は2012年準大手ゼネコンフジタを買収しました。

これは海外事業に強みを持つフジタと連携して市場を拡大するのが狙いです。

フジタの土木工事を活用し、成長が続くアジアでの事業を強化することで他社との差別化を図っています。

 

大和ハウス工業は国内で総合生活産業としての地位を築くとともに、将来的には売上高10兆円を目指すと宣言しています。

福祉や健康、環境、農業、通信など事業拡大を進めることで10兆円企業への道を着実に大和ハウス工業は歩んでいるのです。

 

大和ハウス工業がおこなう事業のフィールドは広く、直接でなくても関連する仕事もたくさんあります。

将来的にしたい仕事や、どういった会社に就職したいといった希望があればプロスタファウンデーションまでお聞かせください♪

親身になって皆様のお仕事探しをサポートするのがプロスタファウンデーションの役割!

まずはホームページからお問い合わせください(^^)/

 

 

こんにちは!

お仕事探しのパートナープロスタファウンデーションです(^^)/

プロスタファウンデーションで紹介するお仕事のメインは建設業関連。

しかし、建設業関連といっても行っている事業や仕事の内容は千差万別。

それぞれの違いが判らないという人もいるでしょう。

今回はその中でも混乱しやすい建設会社と住宅メーカーの違いをレクチャーします。

 

建設会社は建築工事一式をおこなう会社。

手がける工事は幅広く、住宅をはじめとして土木工事やビル建設など工事全般を取り扱います。

建築物を生産するというイメージが強く、建築物を販売するという意識は薄い傾向があるのも特徴ですね。

 

一方で、住宅メーカーとは住宅建設会社を指します。

例えば大和ハウス工業や積水ハウス、ヘーベルハウスなどが代表的な住宅メーカーです。

CMや折り込みチラシなど広告や宣伝で見かけることも多いでしょう。

住宅展示場やモデルハウスを公開するイベントも、宣伝としてよくおこなわれています。

 

住宅メーカーはプレハブ工法やユニット工法などを駆使して、短い工期であっても住みやすい住宅を提供しています。

営業マンも多く、住宅を販売するという意識が強いのも建設会社との違いです。

住宅メーカーの仕事を下請けとして建設会社が行っていることもあります。

 

このようにそれぞれ特徴がある建設会社と住宅メーカーですが、近年では建設会社の再編で建設会社の垣根がなくなっているのも事実です。

例えば住宅メーカーの大和ハウス工業は傘下にゼネコンのフジタを抱えています。

国内市場の縮小を前に海外やより大きな建設事業への進出を目指すため、建設会社と住宅メーカー、ゼネコンが業務提携を結ぶケースは他にもあります。

それぞれの得意分野を活かした相乗効果による業務拡大や補完効果が期待されています。

 

仕事を探す際には企業研究が大切です。

志望している会社がどのような事業をおこなっていて、将来的なビジョンがどこにあるのかを知ることで、入社前のイメージと入社後のギャップを減らすことができます。

自身のキャリアパスを思い描くためにも、将来的にどのような仕事がしたいかイメージしてみましょう!!

プロスタファウンデーションは豊富な紹介実績を活かして、就職活動のアドバイスもおこなっています!

お仕事探しの際はぜひプロスタファウンデーションまでご相談ください(^^)/