ブログ

2018年6月27日

こんにちは♪

建設業界への人材派遣を得意としているプロスタファウンデーションです!

 

プロスタファウンデーションでは土木や建築の求人を多数取り扱っていますが、建設業界ではなぜ土木工事と建築工事を分けているのでしょうか?

今回はその理由について考えていきます!

 

そもそも建築と土木の違いはなんだろうというところも、曖昧となっているひともいるかもしれません。

以前にもお話したのですが、簡単にいえば「地面の下の工事が土木」「地面の上の工事が建築」です!

道路やダムなど、自然を整備する工事を土木、土木工事で整備された上に建造物を造る工事が建築工事と考えることもできます。

 

建設業界では大手ゼネコンを除くと、土木工事と建築工事を兼業して請け負っているところは多くはないようです。

その理由の一つとして、資材や機材、技術的な面で共有できるものが少ない体と考えられます。

一見すると似たような工事を行っているようにも思えますが、現場ではそれぞれに適した技術などが定着しているようです。

そのため、それぞれの分野に分けて工事を行うことが多くなります。

 

建築工事と土木工事の現場では、必要とされる資格や許可も変わってきます。

さらに土木系の工事のなかで考えても、専門工事業が27に分かれているためひとつの許可だけでは行える工事の範囲は限られます。

土木・建築どちらの工事も行うとなると、会社にはより多くの有資格者や許可が必要となってしまい、会社としてはそれだけ大変になってしまいます。

 

しかし最近では、土木工事と建築工事の領域が一体化した計画も増えているようです。

工事の中にはどちらの分野なのか曖昧なものもあるため、二つの領域を超えて計画を立てたほうが効率よく合理的なこともあります。

これから先も、土木工事と建築工事を分けないものが増えるかもしれませんね。

 

プロスタファウンデーションでは皆さまからの質問をいつでも受け付けています!

なにかありましたら、いつでもお気軽にお問い合わせください♪

こんにちは!

建設業界への人材派遣に実績をもつプロスタファウンデーションです!

 

現在建設業界で働いているひとの中には、将来的に独立を考えているひともいるのではないでしょうか?

建設業で開業する場合には、ただ資金があればできるというわけではありません!

具体的にどのような条件を満たす必要があるのでしょうか。

今回は建設業で独立するために必要な許可についてお話します。

 

建設工事を請け負うためには、建設業許可を受けている必要がありません。

元請、下請け、個人、法人に関係なく、全ての場合で建設業許可が必要です。

ごく簡易的な工事の場合には許可が要らない場合もあります。

建築工事一式で、木造住宅なら1件あたり1,500万円未満であり延べ面積が150平方メートル未満の場合。

建築工事一式で、木造住宅以外では1件あたりの請負契約が1,500万円未満の場合。

建築工事一式以外の工事なら1件の請負契約が500万円未満の建設工事を行う場合は、建設業許可がなくても工事を行うことができます。

ただしこれらに含まれる場合でも、浄化槽の設備工事を行う場合には浄化槽工事業登録、解体工事を行う場合には解体工事業者登録、電気工事を行う場合には電気工事業者登録が必要なので注意が必要です。

 

建設業許可は業種によって28種類に分けられています。

それぞれの工事に適した許可を得なければ工事を行うことができません。

建設業許可は少々ややこしく、大臣許可と知事許可に分かれています。

これは許可を受ける建設業者の営業所の所在地がどこであるかによって受ける許可が異なります。

簡単にいうと同一の都道府県内にある場合は知事許可、複数の都道府県に営業所を置く場合は大臣許可が必要です。

都内に2カ所営業所を設ける場合は知事許可、東京と北海道に営業所を置くなら大臣許可ということです。

 

さらに一般建設業の許可と特定建設業の許可があります。

発注者から直接依頼を受け、1件当たりの建設工事の総額4,000万円以上を下請けに出す場合には特定建設業の許可が必要となります。

建築一式の場合は6,000万円以上です。

請け負った工事を下請けに出さない場合、工事1件の総額が3,000万円(建築工事一式なら4,500万円)未満の工事を行う場合は、一般建設業にあたります。

 

建設業許可を取得するには、さまざまな条件を満たす必要があります。

経営業務管理責任者がいること、専任技術者がすべての営業所にいること、資金が十分にあることなどがチェックされます。

 

建設業で独立するためには許可を受ける必要があり、そのためには資格や経験が求められる項目があります。

独立を目指すなら実績を積みながら、将来必要な資格の取得を目指すとよいでしょう♪

 

プロスタファウンデーションではキャリアアップを目指すみなさんを応援しています!

お気軽にお問い合わせください♪

2018年6月20日

みなさんこんにちは!

土木や建設業界への人材派遣ならおまかせのプロスタファウンデーションです♪

 

仕事をするうえで、髪型やアクセサリー、服装などの自由度を気にするひとも少なくないと思います。

自由な髪型などで勤められることはメリットの一つですよね♪

土木や建設業界の場合、堅苦しいイメージは少ないと思いますが、髪型などは自由なのでしょうか?

 

土木や建設とひと言でいっても職種はさまざまです。

そのため土木や建設ならすべて髪型自由ということはないでしょう。

営業などお客様と接する機会の多い職種では、やはり髪型などは相手に良い印象を与えるものが求められます。

明るい髪色やピアスなどのアクセサリー、派手な服装はNGとする会社が多いと考えてよいでしょう。

 

土木や建設の現場作業員については、実際に「髪型自由」とする求人が多くみられます。

作業の邪魔になるような長髪を束ねない、視界を悪くするほど前髪を伸ばすなどは避けるべきでしょうが、基本的には髪型の自由が利く職場だと考えてよいでしょう。

服装に関していえば、現場作業員は「動きやすい服装」であることが求められます。

そのため基本は作業服です。

また指輪やネックレスなど作業のじゃまになるアクセサリー類は危ないため、アクセサリー類は禁止という会社が多いです。

髪型自由とする会社でも、服装やアクセサリー類は「安全に作業するため」に仕事中な制限が掛かると考えておきましょう。

出勤時には問題ないとする会社が多いです。

 

土木や建設の現場作業員の求人は髪型自由としているところが多いですが、やはり面接時には相手に与える印象が変わってきます。

髪型自由とはしているとはいえ、ボサボサ頭などは印象がよくないでしょう。

髪の毛を黒く染め直すまではしないとしても、伸びすぎた髪はカットして整え、身だしなみを整えて面接を受けることをおすすめします♪

 

プロスタファウンデーションでは皆さまからの質問やご意見をいつでもお待ちしております!

なにかあればお気軽にスタッフまで♪

みなさんこんにちは!

働く人と求人を繋ぐお手伝いをしているプロスタファウンデーションです!

 

どんな仕事をしていても、いつもより忙しくなる繁忙期がありますよね。

土木や建築の現場はいつでも忙しいというイメージを持つ人もいるかもしれませんが、特に忙しさがピークとなる繁忙期はあるのでしょうか?

現場や職種によるところもありますが、一般的には繁忙期と呼ばれる時期があります!

 

繁忙期として考えられているのは、決算前となる9月末や3月末です。

公共工事や法人向けの工事の場合は、決算前に工事を終わらせることが多いのでこの時期が忙しくなります。

公共工事の場合予算編成や入札を経て契約を取るまでに時間がかかり、実際に工事を開始するのは秋ごろとなることが多いです。

そうなると工事に取り掛かるのも遅くなり、必然的に年度末に工事が集中してしまうようです。

ただし設計や下請けなどであれば、全体の工事の中で最初の段階の仕事を請け負うことになります。

土木工事なら、道路工事よりもガス管や水道管の工事など地下の工事が先に行われますよね。

そういった工事を扱う会社では、一般的に繁忙期と呼ばれる時期よりも早い段階で忙しさのピークがくることもあるようです。

 

繁忙期明けの4月から6月ぐらいまでは、閑散期となりやすい時期です。

工事の予算編成が出来上がって仕事の依頼がくるまで、期間が空いてしまうからだと考えられます。

外での工事を主とする土木や建築の現場では、梅雨や台風で雨の続く時期も仕事が少ないことがあります。

短期間のリフォーム工事などなら、あえて雨の多い時期を選ぶ必要もないですよね。

 

ここで挙げた閑散期はあくまでも一般的な例なので、必ずしも当てはまるとは限りません。

あえて閑散期に工事を依頼する工事もありますし、勤める会社によって異なることもあるでしょう。

 

プロスタファウンデーションでは、みなさんからの質問をいつでも受け付けております!

お気軽にお問い合わせください☆

2018年6月13日

 

こんにちは☆

土木や建築の求人を多数取り扱っているプロスタファウンデーションです!

 

土木や建築、建設業界の現場で役に立つ資格といえば、この資格を紹介しないわけにはいきません。

一級建築士です!

この資格は国家資格であり、建築士を目指すなら必ず取得することになっています。

今回はこの一級建築士の資格についてお話します!

 

建築士の資格をとることで、建築物の設計や工事監理に携わることができます。

建築士には一級建築士、二級建築士、木造建築士の3種類があります。

それぞれの資格で異なることは、取り扱うことができる範囲です。

木造建築士が取り扱えるのは、名前のとおり木造建築物です。

二級になると延べ面積500平方メートル以下の建築物を取り扱えるようになり、木造建築士よりも取り扱える建築物が多くなります。

そして一級建築士の資格を取ることで、制限なく建築物を取り扱うことが可能になります!

住宅専門の建築家を目指すのであれば二級建築士でも十分な仕事が可能ですが、ビルやマンション、商業施設など大規模な建築物を設計したいと考えるなら、一級建築士の資格が欠かせません!

 

一級建築士は誰でも取れるものではなく、受験資格があります。

一級建築士の試験を受けるには指定された実務経験が必要となります。

学歴がなくても受験可能ですが、その場合にはまず7年の実務経験を積み二級建築士か木造建築士の資格を取り、そこからまた4年の実務経験を積んで初めて一級建築士に挑戦できます。

少しでも早く取得したい場合、建築科や土木科などの指定学科を学んだ学歴が必要になります。

高卒の場合には3年で二級建築士や木造建築士の資格を受けられるようになります。

大学や短大、高専を卒業している場合には二級建築士などを飛ばすことができるようになり、大卒なら2年、3年制短大卒なら3年、2年制短大や高専卒なら4年以上の実務経験があれば一級建築士試験を受けられます。

 

もちろん受験すれば誰でも取れるような優しい資格ではありません。

資格をもっていても実力が伴わなければ、なかなか活躍できないということもあるでしょう。

しかし自分の手で建築物を設計したいと考えるなら、欠かせない資格です!

 

プロスタファウンデーションではキャリアアップや資格取得を目指す皆さまを応援しています☆

なにかありましたら、お気軽にスタッフまで!

土木や建設業界で働くみなさんこんにちは!

多くの求人情報を取り扱っているプロスタファウンデーショです♪

 

土木や建設の現場で働くうえで、必要な資格はいろいろとあります。

数多くの国家資格や民間資格がありますが、今回ご紹介するのは民間資格であるRCCMです!

RCCMとはいったいどのような資格で、どういった現場で役に立つのでしょうか?

 

RCCMとは、シビルコンサルティングマネージャという資格の略称になります。

この資格を実施しているのは建設コンサルタンツ協会です。

RCCMは建設コンサルティング業務の管理技術者・照査技術者になるために設けられた資格になります。

 

建設コンサルタントは、本来であれば技術士でなければ登録できないことになっています。

しかしRCCMを取得すると建設コンサルタントとして登録が可能になります。

ただし「技術管理者・技術士のもとで」というのが前提であります。

会社が建設コンサルタント業務を行うためには技術管理者・技術士が必要です。

RCCMの有資格者が建設コンサルティング業務の管理・照査を行えるのは、技術管理者や技術士のいる建設コンサルタント内限定でということになります。

 

RCCMという資格が作られたのは、技術士だけでは業務を管理する人手が足りないという背景があります。

建設コンサルタント業界以外では役に立つ場面がない資格ではありますが、建設コンサルタント業界で働くなら十分に役立つ資格です。

将来的に技術士を目指すための、前段階として取得を目指すのも良いでしょう♪

 

RCCM試験には受験資格があります。

学歴や実務経験が必要となり、大卒の場合には10年以上の実務経験が必要です。

高卒なら14年以上、中卒なら17年以上の実務経験が求められるなど、民間資格でありながら決して難易度が低い資格ではありません。

また資格取得後には4年ごとの登録更新が必要です。

RCCMは21の部門に分けられているので、自分の目指す部門に合わせた知識と実務経験を身に付ける必要があります。

 

プロスタファウンデーションでは資格取得やキャリアアップを目指すみなさんをサポートしています!

なにかあればお気軽にお問い合わせください♪

2018年6月6日

みなさんこんにちは☆

人材派遣に多数の実績をもつプロスタファウンデーションです!

 

建設業界に関わる多くの会社についてお話してきましたが、今回は電動工具メーカーの日立工機について取り上げていこうと思います!

 

日立工機の創業は昭和23年にまで遡ります。

採炭機器や電動工具を製造するメーカーとして設立されました。

設立当初から現在にいたるまで、数多くの製品を製造販売してきています。

そのなかで全国各地に工場などに製品を設置し、発展しています。

日立工機は国内だけではなく、海外にも多くの支社を設置しています。

初の海外現地法人となったのは、昭和53年に設立されたドイツの日立パワーツールズ・ヨーロッパ社です。

翌年には海外製造現地法人として、日立工機シンガポール社も設立しています。

 

国内・国外で発展を続けてきた日立工機ですが、その社名を2017年に「工機ホールディングス」と改めています。

そして電動工具製品のブランド名は2018年10月から「HiKOKI(ハイコーキ)」と改めることが決まっています。

社名・ブランド名には、日立工機のサービスへの想いが込められています。

 

HIKOKIの「ハイ」には高い技術力を現しているそうです。

高い技術力の裏側には、日立工機が持つ2,500もの特許技術があります。

また日立工機の製品は世界各地での賞を取っていて、これまで培ってきた高い技術がより発展していくことが期待されます。

 

そして高い「ジャパンクオリティ」を提供し続けてきた日立工機は、これからも高い信頼性のある製品を提供することを、新ブランド名に込めているのです。

 

最後は成長性です。

国内だけではなく、グローバル市場での成長を続けてきた日立工機。

これからもさらなる発展を目指していて、優れた企業のM&Aも考えているようです。

企業としての発展とともに、これからのニーズに合わせた製品の開発が期待されるメーカーです♪

 

プロスタファウンデーションでも企業名を改めました!

これからも働く皆さまをしっかりと支えていきますので、なにかあればお気軽にお問い合わせください!

こんにちは!

皆さまにお仕事の情報をお届けするプロスタファウンデーションです!

 

建設業界に関連するメーカーを数多く紹介してきましたが、今回は電動工具メーカーに注目してみます!

そこでお話するのは、国内最大手の電動工具メーカーマキタです♪

 

マキタは電動工具の日本国内シェアの約60%を占める大手総合電動工具メーカーです。

売上の多くは日本国内のものですが、もちろん世界でもトップクラスです♪

 

そんなマキタの歴史は古く、創業は大正4年。

創業100年を超える老舗メーカーです。

創業時はモーターなどの販売修理会社でした。

昭和33年には国産第一号の携帯用電気カンナを発売し、翌年に電動工具メーカーへと転身しました。

その後会社は電動工具メーカーとして発展を続け、現在にいたります。

マキタは国内の電動工具の進化に大きく関わっているメーカーだといえますね!

 

マキタの製品は環境にも配慮して開発されています。

例えばリチウムイオンシリーズ。

リチウムイオンバッテリーは充電して繰り返し利用できますが、マキタのバッテリーは従来の約3.3倍まで寿命がアップされています。

高温になるバッテリーを急速冷却する冷却ファン、ICチップを搭載することで使用状況に適した充電方法を選択できる通信システムなどが特徴的です。

 

環境への取り組みとして、マキタではバッテリーのリサイクル活動も行っています。

小型充電式電池のリサイクルを行う団体に参加し、バッテリーの自主回収や再資源活動に貢献しています。

 

電動工具が発生する振動を減らすAVT技術もマキタの製品の特徴です。

低振動機構を本体に内蔵することで、従来の3割から4割程度振動を低減することができます。

これには地震工学の理論が応用されています。

この技術は使用する作業者への負担軽減に繋がります。

電動工具を扱う作業者にとっては嬉しい技術ですね♪

 

プロスタファウンデーションはこれからも働く皆さまを支えていきます!

なにかありましたらお気軽にスタッフまでご相談ください!