ブログ

【派遣の豆知識】派遣と紹介予定派遣の違いとは?

2019年6月26日

こんにちは♪
建設や土木、建築業界を得意とするプロスタファウンデーションです!

突然ですが、みなさんは「派遣」と「紹介予定派遣」の違いを知っていますか?
正社員採用が厳しくなっている昨今、自身の経歴から正社員になるのなんて無理だと諦めている人もいるでしょう。
そんな人におすすめしたいのが、紹介予定派遣です。

紹介予定派遣とは、派遣として決められた期間を働いた後に、その企業と直接雇用を結ぶことを前提にした派遣のことです。
これは、お試し期間を経てから正社員になるかどうかを決める雇用制度で、お互いのミスマッチを防ぐことができるというメリットがあります。
したがって、派遣と紹介予定派遣の大きな違いは、派遣期間後の雇用状態にあると言えるでしょう。

その他にも具体的な違いとしては、事前面談の有無があります。
通常の派遣は、企業が派遣社員を特定して受け入れることが法律で禁じられているため、事前面談をすることはありません。
一方、紹介予定派遣では派遣前に、履歴書の確認や希望内容など、企業側との事前面談が行なわれます。

次に、雇用期間の違いがあります。
通常の派遣は3カ月・6カ月など期間が決まっており、同じ企業で長く働きたい場合は契約更新を続けていきますが、その最大は3年以内と決まっています。
一方、紹介予定派遣は直接雇用を結ぶかどうかの試用期間という考え方から派遣期間は最長6ヶ月で、更新はありません。
直接雇用契約がされなかった場合は、残念ながらそこまでとなります。

直接雇用においても違いがあります。
通常派遣の場合、企業が派遣社員を直接雇用したいと考えても、派遣社員は派遣会社の所属であるため、派遣期間中に雇用契約を結ぶことはできません。
しかし、紹介予定派遣の場合は派遣期間内であっても、直接雇用に切り替えることできるのです。

いかがでしたか?
紹介予定派遣は派遣会社が企業との労働条件交渉や、正社員になるためのサポートを行ってくれますので、契約をスムーズに進めたい人に向いていると言えるでしょう。

プロスタファウンデーションでは、みなさんからのお問い合わせをいつでも受け付けております。
まずはWEBからご登録ください!