ブログ

施工管理技士ってどんな資格?種類と試験勉強法

2019年9月24日

当ブログを見てくださり、ありがとうございます!
お仕事探しならお任せのプロスタファウンデーションです♪

建築・土木・建設関係には、さまざまな資格があります。
その中でも特に需要が高いと言われているのが、施工管理技士という資格。
施工管理技士はどこの会社でも必要とされるので、就職や転職をする際に持っていると有利ですよ。
そこで今回は、施工管理技士の資格の種類や、試験勉強法についてお話をします。

施工管理技士は、施工管理の仕事を行う人のことで国家資格です。
主な仕事内容は「工程管理」「安全管理」「品質管理」「原価管理」の4つで、ほかにも施主が希望する規格基準に合わせ完成させるための管理や、行政への申告などがあります。
施工管理技士は工事現場を指揮するリーダーシップ力や、作業員と円滑に作業を進めるコミュニケーション能力、マネジメント力などが求められますが、非常にやりがいのある仕事です。

そんな施工管理技士の種類には、「土木施工管理技士」「建築施工管理技士」「電気工事施工管理技士」「管工事施工管理技士」「建設機械施工技士」「造園施工管理技士」の6種類があり、それぞれに1級と2級があります。
1級と2級の違いは受けられる工事の大きさにあり、下請け業者であれば2級でも受けられますが、元請け会社や公共工事などは1級の資格が必要です。

次に、施工管理技士の資格試験についてお話します。
資格試験には学科と実地があり、応募資格があれば2級を受けずに1級を受けることも可能です。
しかし、1級よりも2級の方が比較的ハードルの低いため、2級から受ける人の方が多いと言えます。
ちなみに、学科試験はマークシート方式で、実地試験は実技試験だと思う人もいますが、記述式の試験です。

施工管理技士の試験勉強法は、「独学」「専門学校」「通信講座」の3つが挙げられます。
まず、独学の場合は市販の参考書や問題集、過去問を購入し、完璧に覚えられるまでコツコツ学んでいくことが大切です。
働きながら独学で勉強し、合格した人もたくさんいます。

専門学校に通う場合や、通信講座を受ける場合は卒業生の合格率が高いところにするとよいでしょう。
試験によく出る問題や、つまづきやすいところを重点的に教えてくれます。
最近はWEBで分かりやすく説明してくれるところもあり、大変便利よ♪

プロスタファウンデーションでも、施工管理技士の資格獲得支援を行っています☆
詳しくは、スタッフまで!