ブログ

事務さん必見!派遣のスキルチェック~タイピング編~

2019年10月2日

弊社のブログを覗いて下さり、ありがとうございます!
建築・土木・建設関係で働く人を支えるプロスタファウンデーションです☆

建設関係には現場仕事だけでなく、事務の仕事もあります。
派遣登録にはエクセルやワードの使い方、一般常識のほかに、タイピングのスキルチェックを受ける場合がありますが、どれくらい打てればよいか不安な人もいるでしょう。
そこで今回は、タイピングのレベルチェックと練習法についてお話をします。

事務の仕事で求められるタイピングの速さは、一般的に「1分間で100文字入力できればよい」とされています。
もちろん、速さも大切ですが「正確さ」も重要なポイントです。
入力ミスが多いと打ち直すのに時間がかかり、結果として評価が下がってしまいますので、ミスが多い人は少しスピードを落として確実に入力するとよいでしょう。

また、テンキーの使い方も大切です。
テンキーとは数字が電卓のように並んでいるキーボードのことで、経理や事務などの仕事で使えると便利ですし、効率もアップします。
このテンキーは通常の文字入力ではあまり使わないものなので、タイピングに自信がある人でも、いざ使ってみるとミスしたりするのです。
そのため、テンキーに慣れていない人はスキルチェックを受ける前に練習しておきましょう。

こうした練習はGoogleなどで「タイピング」「タイピング 測定」といったワードから検索すると、さまざまなサイトが見つかります。
中には無料のものもありますし、タイピングのレベルや間違いやすいキーなどを教えてくれるので便利ですよ♪

事務の仕事には高いタイピングスキルが必要とされる求人もあれば、それほどスキルが高くなくてもある程度入力できればいいという求人もあり、事務と一言で言ってもさまざまです。
スキルチェックはあくまで派遣会社が登録者の適性を把握して能力にマッチした求人を紹介するためのものなので、それほど難しく考える必要はありません。
しかし、練習しておくに越したことはないので、チェックしてみてくださいね。

プロスタファウンデーションでは、事務の派遣も多く取り扱っています!
まずはWEBから、お問い合わせください☆