ブログ

プロ工具メーカー17 ~TOP(トップ)~

2019年10月16日

建築・土木・建設関係で働く人を応援しているプロスタファウンデーションです。
弊社のブログを見て下さり、ありがとうございます!

これまで、いくつかの工具メーカーを紹介してきました。
今回お話をしたいのは、「TOP(トップ)」。
鍛冶の街、新潟県三条市に本社を置く、作業用工具メーカーです。

TOPは、モンキレンチやラチェットレンチ、プライヤ、ニッパなど様々な作業用工具を製造・販売しています。
その中でも特にモンキレンチに定評があり、スリムなヘッドに肉抜きボディで使いやすいと言われているのです。

そんなTOPには、3つのこだわりがあります。
まず1つ目は「自社一貫生産」であることで、その工程を覗いてみるとマーケティングから、デザイン、金型製作、鍛造。さらには、機械加工、熱処理、研磨、仕上げ、表面処理、組み立て、検査、出荷まで一つ一つ丁寧に手掛けているのです。
中でも鍛造では、経験豊富な職人が魂を込めて高品質な製品を生み出します。

2つ目のこだわりは「多品種少量生産」です。
TOPではユーザーに寄り添った生産を行っており、大量生産はしていません。
これは、製品の品質をプロが使うようなものにし、高い水準で小売店などの要望に細かく対応できる多品種少量生産に生き残りをかけているからです。
そのため、マーケティングにも力を入れており、どんな工具が使いやすいかなど現場の声を大切にしています。
その取り組みの結果、2000種類ものラインナップ揃え、現在でも常に新しい製品を発表し続けているのです。
広範囲で使われるベーシック工具だからこそ、長年の積み重ねてきた技術で確かな品質でニーズに応えたいという考えは、製品開発のプライドを感じますね!

そして、3つ目のこだわりが「職人の手による生産」です。
製品の元となる材質は温度によって打ち方が微妙に違ってきます。
したがって、TOPでは自動化に頼らず、職人の手によって緻密な作業を行っているのです。
また、全数行う外観検査においても、人の目で丁寧に検査しています。

そんな3つのこだわりがあるからこそ、TOPの製品はユーザーに安心と信頼を与えることができるのです。
製品の情報や説明はホームページで確認することができますので、興味のある人は覗いてみてくださいね!

プロスタファウンデーションでは、ものづくりの分野で活躍する人・企業を応援していきます。