ブログ

派遣と正社員で違う?CADオペレーターの働き方

2019年10月16日

こんにちは☆
お仕事探しのエキスパート、プロスタファウンデーションです♪

建築・土木・建設関係に興味はあるけど、力仕事に自信がない……という人もいるかと思います。
そんな人におすすめしたいのが、CADオペーレータという仕事。
CADオペレーターは、デザイナーや設計者が考えた図案をコンピューター上に作成する仕事で、女性やシニア層に人気があります。
そこで今回は、CADオペレーターの働き方についてお話をします。

CADオペレーターは、専門的な知識や能力が必要とされる仕事なので、比較的に他の業種より自由に働き方を選べます。
その種類としては、「派遣社員」「正社員」があるので、それぞれの特徴を詳しく見ていきましょう。

まず、派遣会社に雇用される「派遣社員」は、時短勤務など生活に合わせて働くことができるところに特徴があります。
子育てや介護などがありフルタイムで働けないという人でも、派遣社員なら決まった時間、決まった曜日だけ出勤すればいいので働きやすくて便利です。

次に、建設会社や機械メーカーなどに直接雇用される「正社員」では、その会社が作ったものを専属的に担当します。
正社員は休日を除いた平日の朝から夕~夜まで勤務するところがほとんどですが、職場によっては在宅勤務OKなところもあります。
在宅勤務は会社で打ち合わせをして、残りは自宅で仕事を勧められるので、時間を有効に使えるところに特徴があるでしょう。

このようにCADオペレーターの派遣社員、正社員の働き方は、勤務時間や勤務形態に違いがあります。
しかし、どちらも比較的自由に働くことができるのは、専門職ならではと言えるでしょう。
CADオペレーターは求人もたくさんありますので、子供が小さい時は派遣社員で働き、時間に余裕を持てるようになったら正社員で雇ってくれる会社に転職することも可能です。

いかがでしたか?
CADオペレーターは専門的な知識と経験が必要とされる仕事ですが、資格を持っていると柔軟に働けるので便利ですよ。

プロスタファウンデーションでは、CADオペレーターの仕事も多く紹介しています。