ブログ

ふるさとの街づくり~Uターン転職が合うタイプとは~

2020年1月27日

みなさん、こんにちは☆
建築・土木・建設関係で頑張る人を支えたいプロスタファウンデーションです。

近年、都会で働いていた人が故郷に戻るUターン転職が注目を集めているのを知っていますか?
中でも、ふるさとの街づくりに携わりたいと考え、建設関係を選ぶ人も増えているようです。
しかし、いざ故郷帰り建設関係に転職をしようと思っても不安がありますよね。
そこで今回は、Uターン転職が合うタイプを見ていきましょう。

Uターン転職が合っているタイプは、ずばり経験や資格を持っている人です。
建設関係の仕事なら施工管理技士や電気工事士など、役職に就くことも可能な資格があると有利に働くでしょう。建設事務ならCADオペレーターや建設業経理事務士などの資格を持っていると便利ですよ。
もちろん、資格がなくても転職は可能です。
しかし、持っていて損をすることはないので、Uターン転職を考えているなら資格取得を検討した方がよいでしょう。
そのほかも、Uターン転職が合っているタイプとして、コミュニケーション能力も挙げられます。
ふるさとの街おこしは色んな職種の人が協力をして行わなければならないので、どんな人とでも話ができるスキルは大いに役立つでしょう。
特に営業職に就くならば、人との関わりが重要となりますので、コミュニケーション能力の高さが求められます。

ふるさとに帰りたい、もしくは田舎に行って暮らしたいと考えている人は、自然の美しさに魅了されて田舎ならではのんびりとした暮らしをしたいと願っている人が多いでしょう。
しかし、田舎独特のルールに困惑する人も少なからずいるのです。
そうしたローカルルールや、人間関係の濃密さに対応できる人も、Uターン転職に向いていると言えますね。

いかがでしたか?
ふるさとへUターン転職を考えている人は、参考にして頂けると幸いです。
プロスタファウンデーションでは、建築・土木・建設関係への転職をお手伝いしています!
興味のある人は、WEBまたはお電話からお問い合わせください☆