ブログ

資格だけじゃない!建設業界で本当に必要なスキル

2020年3月24日

土木・建築・建設関係に特化した人材派遣プロスタファウンデーションです♪
みなさん、こんにちは☆

建設会社で働きたいと考えたとき、「どんなスキルが必要なんだろう」と気になったことはありませんか?
また、スキルというと施工管理技士や建築士といった専門的な仕事内容に直結する資格を思い浮かべる人もいるでしょう。
しかし、建設業界では資格以外にも必要なスキルがあるのです。
そこで今回は、建設業界で本当に必要なスキルについてお話をします。

①CAD、Excel、Wordなどの操作スキル
近年、建築業界の仕事において無くてはならない存在となっているのが「CAD」です。
CADは建物の設計を確認する以外にも、完成図をイメージするのに役立つので、操作できると良いでしょう。
また、会社に提出する日報や、クライアントに提出する見積書や請求書などを作成することもあるので、ExcelやWordの操作スキルも必要です。

②コミュニケーションスキル
建設工事には、基礎工事や外装工事、設備工事など多岐に亘る工程があり、それぞれの専門家たちの手によって1つの建物を作りあげていきます。
仕事の内容は異なっても同じ目標に向かっているという意識を高めるために、コミュニケーションは欠かせません。
もちろん、上司や同僚たちとの連携も必要となってくるので、コミュニケーションスキルが求められます。

③自動車の運転スキル
建設関係の現場仕事では、移動する際に車の運転を任されることもあるので、自動車の免許を持っている方が良いでしょう。
また、その場合狭い場所に車を停めることも考えられるので、縦列駐車やバックなどの運転スキルが求められます。
営業職であっても、クライアント先まで車で行くこともあるため、運転スキルを身に着けておくと良いでしょう。

④建設関係の専門的なスキル
建設関係で働くにおいて、専門的なスキルは欠かせません。
なぜなら専門的なスキルを持っていることで、周囲への信頼度が変わってくるからです。
いくら資格を所得していても、実践的なスキルが無いと説得力が欠けるので、日々スキルを磨くよう心がけましょう。

以上のことが、建設関係で必要となる主なスキルです。
どれも簡単なことではありませんが、1つ1つ積み上げていってくださいね!
プロスタファウンデーションでは、スキルアップ支援も行っています☆
興味のある人は、WEBまたはお電話からお問い合わせください♪