ブログ

現場監督にこそ必要なメンタル管理術

2020年6月29日

みなさん、こんにちは♪
建築・土木・建設関係に特化した人材派遣会社プロスタファウンデーションです!

現場監督は中間管理職のような役割を担うこともあるので、ストレスを抱えやすいポジションと言えます。
このブログを読んで下さっている現場監督さんの中には、メンタルを崩している人もいるのではないでしょうか?
また、現場を統率する立場にあるため、部下のメンタルケアに悩んでいる人もいるかもしれません。
そこで今回は、現場監督にこそ必要なメンタル管理術を紹介します!

まずは、メンタルを崩しやすい原因について見ていきましょう。

・仕事量の多さによる疲労
・対人関係によるストレス
・将来に対する不安

現場監督の仕事は、早朝から夜遅くまで続くことがあると聞きます。
時間の無さから休日を返上して、働いている人もいるかもしれません。
こうした多忙さは、体だけではなく心が疲れてしまうこともあるのです。
特に責任感が強く、真面目な人ほど辛さを感じてしまいます。
対人関係では、上司と部下の板挟みになってしまったり、クライアントとの関係に悩んでしまうこともあるでしょう。
「この仕事は自分に向いているのだろうか」「10年20年、ずっとやって行けるのか」と、不安に感じることからメンタルを崩す人もいます。

こうしたメンタルの不調を防ぐには、自分の気持ちを整理することです。
何が辛くて何に不安を感じているのかを理解し、周りにSOSを出すようにしましょう。
1人で抱え込まず、誰かに相談することも大切です。
また、嫌なことをあった時は、深く考えないようにしてください。
反省できるところは反省して、気にしないようにしましょう。

部下のメンタルが心配な場合は、コミュニケーションを取るようにしてください。
遅刻・欠席が続いたり、普段ではあり得ないミスを連発している場合は要注意です。
少し話を聞いてあげるだけでも、心が軽くなることもあるので、積極的に話しかけましょう。

プロスタファウンデーションでは、現場で働く人を支援しています。
何かお困りのことがありましたら、いつでもご相談ください☆