ブログ

若者に人気?リノベーション業界とは

2020年6月29日

建築・土木・建設関係のお仕事紹介をしているプロスタファウンデーションです!
弊社のブログにアクセスして下さり、ありがとうございます☆

これまで日本では、中古住宅よりも新築住宅が好まれる傾向にありました。
しかし、ここ近年では中古住宅に感心を持つ人が増え、購入した住宅をリノベーションして暮らす若い夫婦も多いと聞きます。
また政府も、中古住宅の流通やリフォーム・リノベーションの市場を活性化する取り組みを進めているのです。
そんな大注目を集めているリノベーションですが、実際に働く側はどうでしょうか?
今回は、リノベーション業界についてお話をします。

リノベーションとは、既にある住宅を生活の用途に合わせて大きく変えて価値を高める工事を行うことです。
活かせるところは活かす必要があるので、新築住宅よりも高度な提案や施工が求められます。
ちなみに、リフォームは古くなった住宅を新築の状態に戻すことです。
この2つの言葉は一括りにされることがありますが、内容は違ってくるので気をつけてくださいね。

リノベーション業界の仕事内容は、新築を扱う住宅メーカーとそれほど変わりません。
顧客の希望に沿った設計・施工と、それに伴う業務に当たります。
理想通りの家が完成できれば顧客に感謝されますし、作り手としてもやりがいを感じられるでしょう。

そんなリノベーション業界で必要とされるスキルは、「聞く力」です。
リノベーションを希望する顧客は、現在の家に何かしらの不満を持っているので、どういった部分を変えたいのかしっかり聞き出す力が求められます。
また、先ほども述べた通り高度な提案力や、施工の技術力も必要でしょう。
リノベーションは「1度手掛けたら終わり」ではなないので、人との繋がりも大切です。

少子高齢化が進み、新築住宅の市場が先細りしつつある昨今。
これまで新築住宅を中心に販売してきた住宅メーカーも、リノベーション事業に力を入れ始めています。
それぞれのライフスタイルに合わせた住宅の再生が、今後ますます注目されていくでしょう。
そのため、将来性がある業界とも言えますね!

プロスタファウンデーションでは、建設関係で働く人を応援しています。
興味のある人は、WEBまたはお電話からお問い合わせください☆