ブログ

建設業界にもくる?テレワークの波

2020年7月20日

当ブログにアクセスして下さり、ありがとうございます!
建設関係の求人紹介を強みとするプロスタファウンデーションです☆

働き方改革や、新型コロナウイルスの影響により広まっている「テレワーク」。
インターネットを使うことにより、場所や時間にとらわれず柔軟に働けるとして注目されていますよね。
建設業界には関係ないと考えている人もいるかもしれませんが、そんなことありません。
そこで今回は、建設業界にも押し寄せているテレワークの波についてお話をしましょう。

建設業界の仕事には現場作業以外にも、「日報管理」「図案管理」「メールチェック」「社員の勤怠管理」といった事務作業があります。
これらは会社に出勤して作業するのが、一般的でした。
しかし、ICT化が進んだ昨今では、タブレットやスマートフォンを使って事務作業を行う企業が増えています。
例えば、日報や図案はシステムを導入することで、社員それぞれ離れた場所にいても共有することが可能です。
社員の勤怠管理は、スマートフォンのアプリを使えば現場で行えます。
これらのメリットは、わざわざ会社に行く必要がないことです。
通勤時間の削減や、不特定多数の人との接触回避になるでしょう。

WEB会議システムを使い、会議や講習を行う企業も増えています。
こちらも移動時間や交通費の削減、濃厚接触を避けられることから、システムの導入に踏み切る企業が多いです。
会議だけではなく、現場の映像を映しながら相談することもできます。
いくつかの現場をかけ持ちしている現場監督の場合、その現場に行かなくてもリアルタイムで確認しながら指示を出せるので非常に役立つでしょう。

建設業界でも、テレワークの波が徐々にきているのが分かりましたね。
無駄な時間とコストを省き、新型コロナウイルスの感染リスクを減らすのに有効なテレワーク。
非常に便利なものですが、会社の情報漏洩を起こす危険もありますので、信頼のおけるツールを選んでくださいね。

プロスタファウンデーションでは、建設業界で働く人を支援しています!
興味のある人は、WEBからお問い合わせください☆