ブログ

タブレットやスマートフォンを守るケースの選び方は?

2020年7月27日

みなさん、こんにちは!
建築・土木・建設関係のお仕事探しをサポートしているプロスタファウンデーションです☆

近年、建設関係のICT化が進んだことにより、必須アイテムとなったタブレットやスマートフォン。
粉塵や水に晒されやすい現場に持っていく場合は、ケースでしっかり保護したいですよね。
そこで今回は、タブレットやスマートフォンを守るケースの選び方を紹介します!
現場監督が使用するのに便利なケースについてもお話しますので、ぜひ参考にしてください。

精密機械であるタブレットやスマートフォンを守るケースは、やはり頑丈さが大切です。
うっかり落としてしまうことも考えられるので、耐久性や耐衝撃性のあるケースを選びましょう。
防水・防塵タイプのものを選ぶと安心です。
また、現場仕事は屋外で作業することがほとんどなので、気温の変化にも対応できるケースが良いでしょう。
50度~マイナス10度くらいまでの温度に耐えられるケースがおすすめです。

次に、便利なケースを紹介しましょう。
現場監督は作業員が作業しているところを歩き回りながらチェックし、指示を出すことがあります。
この時、ずっと手にタブレットやスマートフォンを持っていると不便です。
そのため、肩から提げるタイプのケースが良いでしょう。

キーボードが付いているタイプのタブレットケースや、ケースの上からタッチパネルを操作できるスマートフォンケースも便利ですね。
現場での素早い操作が求められる時に、役立つでしょう。
この他、立てて使えるタイプのケースや、ケースの裏側に筆記用具を入れておけるケースも重宝しますよ。

いかがでしたか?
これら安心かつ便利なタブレットケース・スマートフォンケースは、建設現場用で検索すると多数ヒットします。
お気に入りのものを見つかると良いですね!

プロスタファウンデーションでは、これからもみなさんの質問に答えていきます。
何か知りたいことがありましたら、いつでもご連絡ください☆