ブログ

あると安心で便利!防寒に役立つグッズ

2021年3月12日

 

こんにちは♪
建築・土木・建設関係のお仕事に役立つ情報を提供する、プロスタファウンデーションです!
冬の現場は寒さ対策が欠かせません!
今回は、防寒に役立つグッズについてご紹介していきます。

現場での防寒はとっても大切です。
手指が冷えてかじかむと作業がうまく進まなかったり、事故の原因となったりしてしまうこともあります。
また、高所での作業をすることもある建設現場では、寒さ対策を怠って体の動きが鈍くなってしまうと落下などのリスクも増してしまいます。

仕事中に身に着ける防寒具を選ぶポイントは、着脱で調節できることや風を通しにくいこと、そして動きやすいことなどが挙げられます。

・インナー
機能性インナーなど、薄手でもしっかりと体があたたまるものを選ぶことで、全身の保温性をぐっと底上げすることができます。

・腹巻き
お腹が冷えやすい人には、腹巻きもおすすめです。
お腹が冷えると寒さだけでなく体調不良にも直結しますので、しっかり対策するようにしましょう。

・手袋
細かい作業や力仕事をする現場作業員にとって、手の防寒は安全を守る意味でも大切です。
軍手よりも暖かく、作業もしやすい手袋が多数ありますので、自分の作業内容に合ったものを選ぶとよいでしょう。

・ネックウォーマー
首をあたためると全身があたたまるという経験をしたことがある人も多いのではないでしょうか。
隙間のできやすい首元をしっかりガードすることで、寒さを軽減することができます。
作業中は巻き込まれ事故などの心配があるためマフラーは使えません。
首にぴったりフィットするネックウォーマーがおすすめです。

・レッグウォーマー・靴下・タイツ
安全靴専用の靴下はすべりにくく脱げにくいだけでなく、厚手なのであたたかいものが多いです。
また、タイツやレッグウォーマーは女性用のものというイメージがあるかもしれませんが、最近はスポーツ用品として男性用も売られています。
防寒性の高いウェアと併用することで、さらに保温効果を高めてくれます。

・靴
厚底ブーツタイプの安全靴は、滑りにくさや防御力の高さだけでなく保温性も高いものもあります。
夏場だと蒸れてつらいような靴でも、冬にはしっかりと防寒の役に立ってくれるでしょう。

・電熱ウェア
電熱ウェアとは、ヒーター機能のついたウェアのことです。
ベストやジャケットなどのタイプが販売されています。
リチウムイオンバッテリーなどで稼働するものがおすすめです。

・カイロ
カイロを持っておくと、寒さを感じた時にすぐにあたたまることができます。
貼るタイプのカイロを首の後ろやお腹などに貼ったり、靴に入れるタイプのカイロを利用したり、欲しい部分にピンポイントに使うこともできます。
カイロを使う場合は低温やけどに注意しましょう。

寒い冬の現場も、防寒グッズを駆使して乗り切りましょう♪