ブログ

知っておいて損はない!建設用語その1入隅と出隅

2021年4月14日

 

こんにちは。

建築・土木・建設関係で働く人のお手伝いをする、プロスタファウンデーションです!

違いのわかりにくい用語「入隅(いりすみ・いりずみ)」「出隅(ですみ・でずみ)」について解説します♪

 

入隅と出隅はいずれも、二つの面が交わることでできる角のことをさします。

このうち、入隅は凹になっている角を示し、出隅は凸になっている角のことを示します。

 

入隅は、部屋の隅っこのような部分になります。

この部分は、壁紙が破れやすいなどの特徴があります。

理由の一つは、壁紙の切り替えが多いこと、仕上げ材の乾燥などが起きやすいことです。

そういった部分からは比較的、他の部分よりもはがれやすくなってしまうといえます。

もう一つは、木材が夏場と冬場で膨張したり収縮したりするため、入隅の部分に隙間ができることがあるという理由です。

ぴったりと貼った壁紙がひっぱられてひびや破れをおこしてしまうことがあります。

これは業者に頼まなくても、ホームセンターなどで補修材を購入して自分で補修することもできます。

 

出隅の特徴は、人がぶつかりやすいことなどがあります。

出っ張っている部分なので、生活している中でぶつかってしまったり、ものを動かしているときにぶつけてしまったりしやすいといえます。

必要に応じて、コーナーガードを設置するなどの工夫をするのもよいでしょう。

 

一般的に、入隅や出隅が多い住宅はその分外壁材がたくさん必要になるため、そうでない住宅と比べてコストが高くなるという傾向があります。

また、入隅も出隅も壁材を斜め45°にカットして結合させていますので、どちらにも隙間ができてしまうリスクがあります。

あまりに大きな隙間ができてしまった場合、補修が必要になることもあります。

 

補修をする場合は、コーキング剤(シーリング剤)を使って隙間を埋めます。

また、壁紙だけを補修すれば済む場合はクロス隙間埋め剤を使うとよいでしょう。

 

以上、入隅と出隅の違い、それぞれの注意点についてご説明しました。

参考にしてみてください。