ブログ

防災機器、設備のプロ消防設備士

2021年5月31日

 

こんにちは!

建築・土木・建設関係のお仕事探しをサポートする、プロスタファウンデーションです。

今回は、消防設備士についてご紹介します。

 

ホテルや劇場、商業施設など多くの人が利用する建物は、用途・規模・収容人数に応じて火災報知器やスプリンクラーなどの設置が義務付けられています。

これらの工事や整備などを行うのに必要なのが、消防設備士の資格です。

消防設備士は消防用設備等の工事や整備に関する新しい知識や技能を習得するため、定期的に講習を受ける必要があります。

 

消防設備士には1類から7類まであります。

このうち、1~3類までは、消火に関係する資格です。

1種はスプリンクラー設備や屋内外消火栓、パッケージ型消火設備を扱うことができる資格となっています。

2類は泡消火設備やパッケージ型消火設備、3類は粉末消火設備・ハロゲン化物消火設備などのパッケージ型消火設備の設備・点検ができます。

4類は警報に関する資格で、自動火災報知設備・ガス漏れ火災報知設備などがその範囲です。

5類は避難に関する資格となっており、救助袋や緩降機金属製・避難はしごなどを扱います。

6類は消火器、7類は漏電火災報知器を扱います。

 

そして、1~5類は甲種と乙種に分かれています(6・7類は乙種のみ)。

乙種消防設備士は消防用設備等の整備・点検を行いますが、甲種消防設備士はこれに加えて設置工事も行うことが可能です。

乙種消防設備士は受験資格が必要なく、誰でも受験することができます。

一方、甲種消防設備士は関連の大学を卒業していること、または乙種を取得後に2年以上の実務経験があることが受験の条件となります。

仕事の幅が違ってくるため、消防設備士を目指すなら甲種の取得を見据えるのが望ましいでしょう。

 

1~7類のほかに、特類というものがあります。

これは消防設備士のうち甲種1~3類のうちいずれか1つと、甲種4類、甲種5類の3つを取得してはじめて受験することができます。

特類は甲種のみであり、まさに消防設備士のエキスパートといえるでしょう。

 

消防設備士は、人の命を守る重要な部分を担う職業といえます。

資格を取得すれば、大手企業の雇用機会に恵まれたり、独立して大手からの仕事を請け負ったりすることも可能となります。

興味のある人はぜひ検討してみてください♪