ブログ

ボールペン、またなくした!なんてならないためにできること

2021年9月15日

 

こんにちは!

建築・土木・建設現場で働く悩み解決のお手伝いをする、プロスタファウンデーションです。

 

現場ではさまざまな場所を動き回っていろんな作業にあたるため、はずみでボールペンのような小物が落下してしまうこともあります。

また、人の声や重機などの音の中で作業していると、落下に気づかずそのままなくしてしまうことも多いでしょう。

また、打ち合わせ時などうっかり置き忘れてしまいやすいものでもあります。

 

いざ使おうというときになって「ない!」と慌てることがないよう、ボールペンをなくさないための工夫についてご紹介します。

 

ボールペンをなくすパターンには、上でも少し触れたように大きくわけて2つのことが考えられます。

ひとつは胸ポケットなどにさしていて、下を向いたときなどに落下してしまうケース、もうひとつは置き忘れてしまうケースです。

 

よく動く現場などにボールペンを携行する場合には、落下防止グッズを活用するのがおすすめです。

ストラップ付のペンホルダーやペンストラップなどを取り付ける方法は、普段使っているボールペンや備品のボールペンにもすぐ使える方法です。

自分で購入するなら、はじめからストラップが付いているタイプのボールペンも出ていますのでそういったものを選ぶのもよいでしょう。

 

置き忘れを防止するためには、ペンに愛着がわくような工夫をするのがおすすめです。

高級なボールペンを選んだり、お気に入りのメーカーを見つけておいたりすると、ボールペンを大切に扱うようになり、結果的になくしにくくなります。

万年筆メーカーなどが出している高級ボールペンは使い心地もよく、長く使えるものが多いので、これ!という一本を選んで愛用するのはおすすめです。

また、それほど高いものでなくても名入れサービスをおこなっている文具店などで自分の名前を入れてもらうこともできます。

なくしたくないお気に入りのボールペンを落としてしまったときのダメージは少なくないので、自然と大切に扱うようになるのではないでしょうか。

 

大切なペンを現場に持ち込むときはもちろん、ペンホルダー・ペンストラップで落下対策をするのも忘れずに!

ボールペンをなくしては買い、またなくしては買い…のループから脱出しましょう♪