ブログ

板金工事で起きるトラブルの代表例を知ろう

2021年9月29日

 

こんにちは!

建築・土木・建設現場で働く人をサポートする、プロスタファウンデーションです。

今回は、板金工事とそのトラブルについて解説していきます!

 

板金工事とは、家屋の屋根などで板金を敷き詰め、板金同士をつなぎとめて全体を覆うなどの工事のことです。

屋根板金に使われるのは主に棟板金・谷樋・水切り金具の3種類です。

このいずれにトラブルが起きても雨漏りなどの原因になります。

板金工事がきちんとしたやり方でなされていなくても、工事の時点ではわからず不具合がある状態で施主に引き渡されることも少なくありません。

そのような場合、台風や大雨の際に雨漏りなどが発生して発覚することが多くなっています。

 

板金工事で起こるトラブルの代表例としては、次のようなものがあります。

 

・釘の浮き

・板金の剥がれ

・板金の色あせ

 

釘が浮くのは主に棟板金に発生するトラブルです。

工事の直後には釘がきちんと刺さっていても、時間とともに緩んできてしまうことがあり、そこに隙間ができて雨漏りなどが起こります。

 

また、釘が浮いてくることで板金の固定が甘くなり、台風や強風などによって板金そのものが剥がれてしまうことがあります。

こうなると当然、雨を防ぐことができず家屋内に雨が入り込んでしまいます。

 

そして、屋根板金は塗装をセットで行うことが多いため、工事の直後には新品の光沢があり、これも時間とともにだんだん色あせていきます。

しかし、塗装が不十分だとさほど年月が経っていないのに塗装が剥げたり、色あせたりしてしまうことがあります。

 

このようなトラブルを防ぐには、なによりもきちんとした知識をもって板金工事に臨むことが大切です。

通常、施行後すぐに釘が浮いてきてしまうというトラブルは手抜き工事によって起こることが多いです。

しかし、手抜きのつもりでなくても知識がないために施行直後から釘が浮いてきたり、板金が剥がれたりするトラブルを招くことも少なくありません。

知識を持った、技術のたしかな職人が工事にあたる・指導をするといったことが重要になります。

 

きちんと工事をしたうえでも、屋根板金は経年劣化していくものです。

そのため、工事から10年ごとを目安にメンテナンスをしていくのが基本となります。

 

きちんとした工事をすること・メンテナンスをするということが、板金工事のトラブルを防ぐ対策であるといえるでしょう。