ブログ

工具の使い方や手入れの仕方をおさらい 「ドライバー」

2022年3月25日

 

こんにちは!

プロスタファウンデーションは、土木や建築関係で働く人のために情報をお届けする企業です。

数ある工具の中から、ドライバーの使い方や手入れの方法を紹介しますね♪

 

ドライバーは一般家庭でも使うことのある広く知られる工具で、ねじ穴に合った形状の先端をさし、ねじを回すために使います。

プラス・マイナス・トルクレンチなどがあります!

 

プラスドライバーは先端が十字の形をしており、プラスのねじ穴のねじを回すときに使います。

マイナスドライバーは先端がマイナス、漢字の「一」の形をしておりマイナスの形のねじ穴を回すために必要な工具です。

 

その他、持ち手のグリップ部分を貫通し金属製の軸を持ち手に使う貫通ドライバーもあります。

持ち手がプラスチックのドライバーより重くなりますが、貫通した金属部分をハンマーとして使う方法もある便利な工具です。

 

ドライバーはブラスやマイナスのねじ穴だけでなく、六角・ナット・ボルトなどを回すタイプもあります!

ボックスドライバーまたはナットドライバーと呼ばれる工具で、留め具を早く回したいときなどに使います。

留め具に合ったドライバーを使えるよう、企画・サイズ・ソケットの深さなどにより幅広い種類に分かれています。

 

ラチェットドライバーは持ち手とドライバーが独立して動くタイプで、毎回持ち直して回す手間がかからない工具です。

先端のビット部分をねじ穴に合った種類に付け替えるだけで少ない力でねじを締められる、便利なアイテムです!

 

ドライバーのねじ回し部分は金属のためさびつきやすく、一度さびがつくと落としにくく機能も下がってしまいます。

予防するためにも毎回汚れをきれいに落としてから片付けましょう。

さび止めオイルの使用もおすすめですよ!

 

プロスタファウンデーションは、土木や建築業界に特化した求人情報を持つ会社です。

新たな世界で働きたい人、今より上を目指して頑張りたい人は、いつでもお問い合わせくださいね。

お力になれるときを待っています!