ブログ

大手建設会社の特長13~NIPPO~

2016年10月5日

1

みなさんこんにちは!建設業界で働く人をサポートするプロスタファウンデーションです!

 

働くにはまずその業界のことを知ることも大切です。プロスタファウンデーションではこれまでも多数の建設会社について紹介してきましたが、今回は株式会社NIPPOについてお話ししたいと思います♪

 

NIPPOは旧社名を日本鋪道といいます。

その社名から分かるとおり、道路などの舗装工事を得意とする建設会社で、国内の道路舗装部門では最大手です!NIPPOの前身は1907年に石油精製業の会社と大手財閥の道路部門の合併により設立されています。

なぜ石油会社が道路部門と思うかもしれません。これは舗装に使われるアスファルトが、石油精製によって造られるものだからです!

 

NIPPOの前身会社は、日本のアスファルト舗装に大きく貢献しています。

高度成長期、道路整備は重要な課題でした。しかし地盤の整備など、課題はたくさんありました。NIPPOでは地盤を強くする土質安定処理や地盤改良の開発などに取り組み、世界に誇る施工機械を生み出しました。そこで培われた技術と経験が、道路舗装におけるトップメーカーのNIPPOを作り上げたわけです。今でも技術の発展や低コスト化への探求は続いているようです!

 

道路舗装を得意とするNIPPOでは、個人住宅やお店の敷地内の舗装も手掛けています。丈夫なことはもちろんですが、バリアフリーや見た目のきれいさなどのさまざまな要望に応えた工事を行っています。

さらに自分で簡単にアスファルトの舗装・補修ができる商品も販売されています。工事を頼むほどじゃないけれど舗装・補修をしたいというときに便利ですね♪

 

また、得意とする道路舗装以外に、建物の建築や不動産事業なども手掛けています。

海外での実績も多く、昭和10年代にはすでに中国や台湾での施工を手掛けています。道路の改修工事や、空港滑走路補修工事など得意分野を海外でも生かしています。舗装の技術を生かしたものだけでなく、学校や住宅の工事も手掛けているのも特徴です!

 

プロスタファウンデーションではお仕事探しに関するサポートを多数行っています!

もっとこういうことが知りたいということがあれば、お気軽にご意見をお寄せください♪