ブログ

大手住宅メーカーの特長7~トヨタホーム~

2017年11月8日

こんにちは!

お仕事と働く人とを結びつけるプロスタファウンデーションです♪

 

大手メーカーの中には、いろいろな事業を展開している会社がありますよね。

今回お話するのは、大手自動車メーカーであるトヨタ自動車から分社化されたトヨタホームです!

 

トヨタ自動車のなかで不動産開発部門・注文住宅部門が作られたのがトヨタホームの始まり。

赤字が続いた時期もあったようですが、トヨタ自動車の地元愛知県を中心として着実に販売を続けて黒字に転換、2003年に注文住宅部門が分社化されてトヨタホームとなりました♪

 

トヨタホームは創業者である豊田喜一郎の想いを引き継ぎながら、豊かな生活文化向上への貢献を掲げています。

高い満足度の得られる家作りを目指し、それは会社のシンボルマークにも表現されています。

円で描かれたシンボルマークは親子が手を繋いでいるようにも見え、それが家に住むひと達の暖かな空間を表現しているそうです!

 

トヨタホームの家作りには、トヨタグループの技術も生かされています。

太陽光発電で作られた電気を、家で使うだけでなく電気自動車の充電設備でも活用するなど、車と家とのつながりを実現しているのも、トヨタホームの特徴ではないでしょうか。

同じグループの技術を取り入れて作られることで、機械同士の結びつきも良くなっているようです。

 

世界的なトヨタというブランドに負けない技術を、トヨタホームも持っています。

戸建商品の「「ESPACiO Mezzo」がグッドデザイン賞を受賞しています。

「ESPACiO Mezzo」は都市型住宅として支持されている「Mezzo」のシリーズです。

防犯性とプライバシーを守りながらも、光や風を取り込む開放的な戸建住宅です。

「ESPACiO Mezzo」では、さらに極小化対策・高齢化対策・省エネ、創エネ対策を考えて作られています。

都市の高密度化、進む高齢化への対策が取りこまれた、これからの日本の住宅を支えてくれそうな技術ですね♪

 

大手企業トヨタグループに属するトヨタホーム。

それぞれの技術が連携した住宅づくりに今後も注目したいところです!

 

プロスタファウンデーションでは気になる会社の情報をこれからも発信していきます。

知りたいことがあればお気軽にお問い合わせください♪