ブログ

月の休日は、どれくらいあるの?

2017年11月29日

土木や建設、建築業界で働くみなさんこんにちは!

多数の求人を取り扱い、人材派遣ならおまかせのプロスタファウンデーションです♪

 

土木や建設などのお仕事をしようと考えたとき、どれくらい休日があるのか気になったことはありませんか?

もちろん会社や職種によって異なるため、一概に「休みは何日ある」ということはできません。

そういったことも踏まえながら、月に何日くらい休めるのかを考えていきましょう♪

 

土木や建設の実際の工事現場で働く作業員のひと達の休日は、基本的に週に一回、日曜日ということが多いようです。

祝日も出勤という場合が多くみられます。

肉体労働の現場作業員で週休一日というのは、身体を休める暇がないと感じるかもしれません。

週休一日の現場が多いのは、工期や工費が関係してくるようです。

土日の二日間休むと、その分工事期間が長くなるので工費が膨らんでしまいます。

工費を抑えて注文を取るために短めの工期で組むと、休みが少なくなってしまうということがあるようです。

 

また、工事は天候によっても左右されます。

天気が悪く工事を休みにすることもあるので、それを踏まえて週休一日としている会社もあるかもしれません。

天候が悪く本来の出勤日が休みになった場合は、振替として日曜日は出勤ということもあるでしょう。

 

現場監督の場合も休みは作業員と変わりません。

事務仕事も入ってくるため、残業して帰るという人も少なくないようです。

 

天候の影響を受けないような職種や現場では、週休二日という求人も見られます。

それでも繁忙期には休みが減ってしまうこともあるようです。

 

最近では建設業の休みの少なさや残業について、改革を進める動きも見られています。

休みを確保するためには、発注者側の理解も必要になってくるため簡単にはいかないところもあります。

また、日当制の労働者の収入が減ってしまうという問題もあります。

しかし休みを増やすことで労働者の疲れが減り、意欲の向上に繋がるという面もあるので、今後さまざまな問題が解決されて週休二日の現場が増えていくことに期待したいですね♪

 

プロスタファウンデーションでは働くみなさんをサポートしていきます!

働き方でお悩みがあればお気軽にご相談ください♪