ブログ

2019年10月30日

こんにちは♪
建設業界で働きたい人を応援しているプロスタファウンデーションです☆

突然ですが、みなさんは「デべロッパー」と「ゼネコン」の違いが分かりますか?
建設業界にいると、この2つの言葉をたびたび耳にすると思いますが、働き始めてからまだ日が浅い人は区別がつかないかもしれません。

なぜなら、この2つには共通点が多いからです。
そこで今回はデベロッパーと、ゼネコンの違いについてお話をしますね♪

まず、デベロッパーとは、街や土地を「開発」する企業のことで、開発者を意味する「Developer」から由来しています。
具体的な仕事内容をあげると、以下の通りです。

・大規模な住宅街造成
・マンション開発
・リゾート開発
・街の再開発
・開発した建物の宣伝や販売

一方、ゼネコン(General Contractor)は、建築を請け負う企業のことで、「総合建設業」とも呼ばれています。
つまり、ゼネコンは建設するにあたって発生する業務を総合的にまとめる役割をしているのです。
例えばマンションを建設する場合、基礎工事、外装、内装、電気工事など専門とする業者(下請け)が工事を担当しますよね。
それらの工事を取り仕切り管理するのが、ゼネコンなのです。
また、ゼネコンは建設事業を請け負うだけで、実際の工事は行わずに下請け業者へ回すこともよくあります。
ゼネコンの主な仕事をまとめると、以下の通りです。

・発注者との窓口となる「営業」
・建設物の設計
・施工
・研究
・下請け会社や専門建築会社などを取り仕切る

デべロッパーと、ゼネコンの役割が分かりましたね。
この2つの違いを明確にすると、デべロッパーは仕入れた土地でどんな「開発」をするかを考え、「販売」をする企業。
ゼネコンはデベロッパーが考えた開発を実際に「建築」する「指揮」を執る企業です。

ゼネコンとデベロッパーは、同じ建設業界の大企業であり大きな事業を手掛けていますが、実際には上記のような違いがあります。
これらを知っていると、就職・転職を考えた時に自分のやりたい仕事と照らし合わせて選ぶことができるでしょう♪

プロスタファウンデーションでは、建設業の仕事も多く取り扱っています。
興味のある人は、お気軽にお問合せください☆

こんにちは♪
建築・土木・建設関係のお仕事紹介を得意とするプロスタファウンデーションです☆

技術の国、日本にはさまざまなプロ工具メーカーがあります。
現場で活躍する職人さんにとって、工具選びは大切ですよね。

今回紹介したいのは、「VESSEL(ベッセル)。
日本産ドライバーのトップブランドで、日本国内のシェア約60%を占める老舗工具メーカーです。

大阪府大阪市東成区に本社を置くVESSELは、1916年に日本で初めてのドライバー量産メーカーとして創業しました。
今では当たり前のように目にするプラスドライバーや、樹脂製柄のドライバーを開発し商品化したのがVESSELです。
また、1975年には世界に先駆けてグリップ多色成形に成功し「サンラインドライバー」を発売。
1984年に開発した「ボールグリップドライバー」は、大ヒットしました。
このボールグリップドライバーは、グリップが握りやすく力の弱い人でも使いやすいとして、発売から30年以上経った現在でも人気のロングセラー商品です。

他にもVESSELのドライバーには、差し替え式のドライバーや貫通ドライバー、マイクロドライバー、電動ドライバーなど、実にさまざまな商品が販売されています。
これらはホームセンターなどにも多く出荷されており、高性能でありながら手頃な値段で買えるとしてプロだけでなく、DIYファンからも愛用者が多くいるのです。
もちろん製品のサポートも充実していて、電動ドライバーはユーザー登録をすることで3年間も保証してくれます。自社製品に対する自信と、ユーザーを大切に思うからこそのサポートですよね!

そんなVESSELは、1987年にスウェーデンのQマティック社と提携し、QMATICシステムと呼ばれる券売機を輸入販売を始めました。
また、京都府福知山市や和歌山県橋本市に「グリーンホームセンター」を経営するなど事業を拡げています。
ドライバーだけではなく、さまざまな分野で活躍をみせるVESSELにこれからも目が離せませんね!

プロスタファウンデーションでは、働く人の気になることや知りたいことに答えていきます♪
何かありましたら、いつでもご相談ください☆

2019年10月25日

こんにちは☆
お仕事探しのパートナー、プロスタファウンデーションです♪

建設業界では人手不足が深刻化しています。
その原因として日本全体の問題でもある高齢化・少子化が考えられますが、東京オリンピックを控えて建設ラッシュが起きているのも原因の1つに挙げられるでしょう。

そこで近年、施工管理の生産性をあげるために、BIMを導入する企業が増えてきました。
しかし、まだまだそのシステムについて詳しく知らないという人も少なくありません。
今回は、そんなBIM技術についてお話をしますね。

BIMとはコンピューター上で3次元の建物モデルを構築するシステムのことです。
これだけだと、「3DCADとどう違うの?」と思いますよね。
従来の3DCADでは、2次元の図面を作成してから3次元の形状にし、CGシミュレーションにすることが主流でした。
そのため修正が起こった場合は、2次元の図面からやり直さなければならず大幅に時間がかかっていたのです。
一方、BIMは3次元から建築モデルを作成します。
建物の柱や階段、窓、ドアといった建材パーツの幅や奥行き、高さなどを基本データを登録することで、設計から施工まで一括で管理できるのです。
これらのデータはすべて連動しているので、何か1つ修正を行えば他のデータも自動的に修正してくれます。
そのため、BIMは設計の変更やミスが生じた場合も、手間や時間がかかりません。
また、設備機器にはメーカーや品番や、価格など詳細の入力ができるので、メンテナンスや資材管理でも活用できます。

さらにBIMは建物の出来上がりを立体的に把握できるため、設計段階での完成イメージを共有することが可能であり、施主に説明する時も大変便利です。
完成イメージを具体的にすることで、合意も得やすくなるというメリットがあるでしょう。

そんなBIMは、ゼネコンでも徐々に導入されるようになっており、新人研修のや社内研修などを行う企業も増えています。
これからの建設業界において、BIM技術が必須になるのもそう遠くない未来だと言えますね。

プロスタファウンデーションでは、建築・土木・建設関係で活躍する人を応援しています☆
興味のある人は、Webまたは電話からお問い合わせください♪

2019年10月23日

建築・土木・建設関係に特化した人材派遣会社プロスタファウンデーションです。
当ブログにアクセスして下さり、ありがとうございます!

近年、業務の効率化を図るために、施工管理システムを導入する企業が増えてきました。
施工管理システムは工程管理や品質管理など、あらゆる作業をサポートしてくれるので大変便利なシステムです。
しかし、施工管理システムソフトにはさまざまなものが販売されているので、導入を考えいるけどどれが良いか分からないという人もいるでしょう。
そこで今回は、施工管理システムソフトの中で、おすすめのものを5つ紹介しますね。

・デキスパート
導入実績No.1、全国35,000社から支持を受けている管理システムソフトです。
データの共有、運用面の統一が図れるため、重複を防ぐ無駄を省きます。
また、稼働台数無制限なので、複数台で同時作業が可能です。

・CAM MACS(キャムマックス)
施工業や製造だけでなく、幅広い業界に対応しています。
各データの連携機能が簡単で、必要な機能を選択的に利用できるなど、高い操作性と充実した機能が魅力です。
また、追加する機材やソフトウエアが一切ないのもメリットの1つと言えます。

・PROCES.S
建設業や工事業における基幹業務の全てを把握したトータルシステムです。
情報との融合により、これまで他のシステムや紙で管理されていたデータも全て管理が可能。
統合データベースにより、同じような情報を何度も入力する必要がないなど、建設工事業に特化した多彩なラインナップを揃えています。

・BUILD-U21
建設現場などの作業における基幹システムとの二重処理の軽減し、タイムリーな情報共有で経営情報を早く反映します。
また個人のTODOリストや、よく使用する業務をMyメニューとして設定するなど業務向上をサポートする機能が充実。
他社のシステムと連携させることも容易に行えるので、非常に便利です。

・ガリバー匠
小規模建設や工事業向けのシステムソフトです。
業務管理に必要な機能だけをコンパクトに凝縮しています。
財務情報や原価情報など各システムが連動し、リアルタイムで把握することが可能です。
比較的低価格で始められるところも魅力の1つと言えます。

いかがでしたか?
施工管理システムソフトの導入、買い替えの参考にして頂けると幸いです。

プロスタファウンデーションで、これからもみなさんに有益な情報を発信していきます。
知りたいことがありましたら、スタッフまで!

2019年10月16日

こんにちは☆
お仕事探しのエキスパート、プロスタファウンデーションです♪

建築・土木・建設関係に興味はあるけど、力仕事に自信がない……という人もいるかと思います。
そんな人におすすめしたいのが、CADオペーレータという仕事。
CADオペレーターは、デザイナーや設計者が考えた図案をコンピューター上に作成する仕事で、女性やシニア層に人気があります。
そこで今回は、CADオペレーターの働き方についてお話をします。

CADオペレーターは、専門的な知識や能力が必要とされる仕事なので、比較的に他の業種より自由に働き方を選べます。
その種類としては、「派遣社員」「正社員」があるので、それぞれの特徴を詳しく見ていきましょう。

まず、派遣会社に雇用される「派遣社員」は、時短勤務など生活に合わせて働くことができるところに特徴があります。
子育てや介護などがありフルタイムで働けないという人でも、派遣社員なら決まった時間、決まった曜日だけ出勤すればいいので働きやすくて便利です。

次に、建設会社や機械メーカーなどに直接雇用される「正社員」では、その会社が作ったものを専属的に担当します。
正社員は休日を除いた平日の朝から夕~夜まで勤務するところがほとんどですが、職場によっては在宅勤務OKなところもあります。
在宅勤務は会社で打ち合わせをして、残りは自宅で仕事を勧められるので、時間を有効に使えるところに特徴があるでしょう。

このようにCADオペレーターの派遣社員、正社員の働き方は、勤務時間や勤務形態に違いがあります。
しかし、どちらも比較的自由に働くことができるのは、専門職ならではと言えるでしょう。
CADオペレーターは求人もたくさんありますので、子供が小さい時は派遣社員で働き、時間に余裕を持てるようになったら正社員で雇ってくれる会社に転職することも可能です。

いかがでしたか?
CADオペレーターは専門的な知識と経験が必要とされる仕事ですが、資格を持っていると柔軟に働けるので便利ですよ。

プロスタファウンデーションでは、CADオペレーターの仕事も多く紹介しています。

建築・土木・建設関係で働く人を応援しているプロスタファウンデーションです。
弊社のブログを見て下さり、ありがとうございます!

これまで、いくつかの工具メーカーを紹介してきました。
今回お話をしたいのは、「TOP(トップ)」。
鍛冶の街、新潟県三条市に本社を置く、作業用工具メーカーです。

TOPは、モンキレンチやラチェットレンチ、プライヤ、ニッパなど様々な作業用工具を製造・販売しています。
その中でも特にモンキレンチに定評があり、スリムなヘッドに肉抜きボディで使いやすいと言われているのです。

そんなTOPには、3つのこだわりがあります。
まず1つ目は「自社一貫生産」であることで、その工程を覗いてみるとマーケティングから、デザイン、金型製作、鍛造。さらには、機械加工、熱処理、研磨、仕上げ、表面処理、組み立て、検査、出荷まで一つ一つ丁寧に手掛けているのです。
中でも鍛造では、経験豊富な職人が魂を込めて高品質な製品を生み出します。

2つ目のこだわりは「多品種少量生産」です。
TOPではユーザーに寄り添った生産を行っており、大量生産はしていません。
これは、製品の品質をプロが使うようなものにし、高い水準で小売店などの要望に細かく対応できる多品種少量生産に生き残りをかけているからです。
そのため、マーケティングにも力を入れており、どんな工具が使いやすいかなど現場の声を大切にしています。
その取り組みの結果、2000種類ものラインナップ揃え、現在でも常に新しい製品を発表し続けているのです。
広範囲で使われるベーシック工具だからこそ、長年の積み重ねてきた技術で確かな品質でニーズに応えたいという考えは、製品開発のプライドを感じますね!

そして、3つ目のこだわりが「職人の手による生産」です。
製品の元となる材質は温度によって打ち方が微妙に違ってきます。
したがって、TOPでは自動化に頼らず、職人の手によって緻密な作業を行っているのです。
また、全数行う外観検査においても、人の目で丁寧に検査しています。

そんな3つのこだわりがあるからこそ、TOPの製品はユーザーに安心と信頼を与えることができるのです。
製品の情報や説明はホームページで確認することができますので、興味のある人は覗いてみてくださいね!

プロスタファウンデーションでは、ものづくりの分野で活躍する人・企業を応援していきます。

2019年10月8日

みなさん、こんにちは☆
建築・土木・建設関係の求人を得意とするプロスタファウンデーションです!

建設現場では、問題が起こることもしばしばあります。
その中でも注意したいのが、「工期遅れ」。
工期遅れは工程管理を十分に行っていたとしても、起こりやすい問題なのです。
そこで今回は工期遅れを招く主な原因3つと、その対処法についてお話をします!

まず、1つ目は「時期による遅れ」です。
建設工事では安全祈願に地鎮祭を行う場合がありますが、良き日と神主の都合が合わず遅れることがあります。
他にも、2,3月は引っ越しシーズンのため内装業者やクリーニング業者の確保が難しかったり、大型連休中は職人が休みを取るため人手不足による遅れもあるでしょう。
また、雨が続くシーズンや台風のシーズンなど時期によって、工事ができないことも考えらます。

2つ目の原因は「資材不足による遅れ」です。
建築ラッシュや繁忙期と重なった場合、資材の確保が難しくなることがあります。
特に近年では、東京オリンピックに向けての公共施設や宿泊施設の建設によって資材不足が懸念されるでしょう。
その他にも、地震や台風などの天災により被害を受けた地域で生産している資材や不足することや、仮設住宅などで資材を多く使用したことによる不足もあります。

3つ目の原因は「施工ミスによる工期の遅れ」です。
建築現場は慢性的な人手不足なため、経験の浅い人や未熟な人が指揮を執っている場合もあります。
また、施工管理者が複数の現場を担当していることで、連絡ミスや説明不足などによる工期遅れもあるのです。
この他にも、施工の詳細が決まらないために工期が遅れる場合や、天災によって工期が遅れることが考えられるでしょう。

以上のように工期遅れの理由は、さまざまです。
努力次第で防げるものから、不可抗力なものまでありますよね。

工期遅れの対処法は、ずばり「その影響を最小限する」ことです!
会社や施主への連絡、現状の報告、変更の報告は、分かった時点ですぐに行うようにしましょう。
特に工事関係者は、資材の納品などスケジュールを組んで動いていますので、予定が狂うと迷惑をかけてしまいます。
そのため、早急に変更になったことを伝え、組み直した工程表を渡すようにしてください。

また、工事が遅れた原因を追究することも大切です。
原因が分かれば再発防止に繋がりますね。

プロスタファウンデーションでは、どんな些細な悩みでも丁寧にお答えします!

企業と皆さんを繋ぐプロスタファウンデーションです!
こんにちは☆

工事現場において、施工管理者の働きは非常に重要です。
近年では、東京を中心に様々な都市で建設ラッシュが起きているため、その需要は高まっていると言えるでしょう。
そこで今回は、施工管理者なら知っておきたい「施工確認試験」についてお話をしますね。

施工確認試験というのは、施工が終わった後に「施工が適切に行われたか、品質に問題はないか」などを確認する試験のことを指します。
この試験は工事の種類によって分かれており、施工管理試験という言葉そのものは正式なものではありません。
当ブログでは分かりやすくお伝えするため、施工後に行う確認試験のことを統一して、施工確認試験と呼びますね。

施工確認試験の主な目的は、「品質」です。
住宅などの工事では、「品確法」という法律があり、住宅性能の表示基準が定められています。
品質は人の目視だけで判断できるものではなく、機械などで測定することで基準を満たした性能であることの確認ができるのです。
人の手によって行われた工事は多少のばらつきがあるものですから、施工状況が適切であったかどうかの確認をするためにも大切な試験と言えるでしょう。

公共の建設工事においては、「公共建設工事標準仕様書」が、施工確認試験の基準となります。
設計の内容を記している設計図書には、施工管理試験を行うよう書かれていることもあり、その場合は監査院に報告するよう記されている場合がほとんどです。

民間工事では、建設工事の標準仕様書が無いのが実情であり、それぞれの仕様書等に従う必要があります。
しかし、コンビニエンスストアやスーパーマーケットなど、同じような建物を作る業者であれば、標準仕様書を制作している場合もあるでしょう。

施工管理者は工事を無事に完成させるだけではなく、品質においても重大な責任があります。
高い品質を保つためにも、施工確認試験は適切に行うようにしてくださいね!

プロスタファウンデーションでは、施工管理の仕事も多く扱っております。
興味にある人は、Webからお問い合わせください♪

2019年10月2日

弊社のブログを覗いて下さり、ありがとうございます!
建築・土木・建設関係で働く人を支えるプロスタファウンデーションです☆

建設関係には現場仕事だけでなく、事務の仕事もあります。
派遣登録にはエクセルやワードの使い方、一般常識のほかに、タイピングのスキルチェックを受ける場合がありますが、どれくらい打てればよいか不安な人もいるでしょう。
そこで今回は、タイピングのレベルチェックと練習法についてお話をします。

事務の仕事で求められるタイピングの速さは、一般的に「1分間で100文字入力できればよい」とされています。
もちろん、速さも大切ですが「正確さ」も重要なポイントです。
入力ミスが多いと打ち直すのに時間がかかり、結果として評価が下がってしまいますので、ミスが多い人は少しスピードを落として確実に入力するとよいでしょう。

また、テンキーの使い方も大切です。
テンキーとは数字が電卓のように並んでいるキーボードのことで、経理や事務などの仕事で使えると便利ですし、効率もアップします。
このテンキーは通常の文字入力ではあまり使わないものなので、タイピングに自信がある人でも、いざ使ってみるとミスしたりするのです。
そのため、テンキーに慣れていない人はスキルチェックを受ける前に練習しておきましょう。

こうした練習はGoogleなどで「タイピング」「タイピング 測定」といったワードから検索すると、さまざまなサイトが見つかります。
中には無料のものもありますし、タイピングのレベルや間違いやすいキーなどを教えてくれるので便利ですよ♪

事務の仕事には高いタイピングスキルが必要とされる求人もあれば、それほどスキルが高くなくてもある程度入力できればいいという求人もあり、事務と一言で言ってもさまざまです。
スキルチェックはあくまで派遣会社が登録者の適性を把握して能力にマッチした求人を紹介するためのものなので、それほど難しく考える必要はありません。
しかし、練習しておくに越したことはないので、チェックしてみてくださいね。

プロスタファウンデーションでは、事務の派遣も多く取り扱っています!
まずはWEBから、お問い合わせください☆

みなさん、こんにちは♪
建築・土木・建設関係のお仕事紹介に実績を持つ人材派遣会社プロスタファウンデーションです!

現場仕事において、工具は必要とされる存在ですよね。
当ブログでは、これまでいくつかプロ工具メーカーを紹介してきました。
今回お話をしたいのは、「TONE」。
創業してから90年以上も経つ老舗工具メーカーです。

大阪府大阪市浪速区に本社を置くTONEは、1925年に機械工具商、前田軍治商店として創業しました。
その後、1938年に「前田金属工業」を設立、2013年には既存ブランドNileを参考に、日本を代表する大河「利根川」から名前を取り「TONE」に変更したのです。

TONEの商品はさまざまな種類があり、ホームセンターなどでも販売されているため、実際に目にしたことがある人も多いのではないでしょうか?
自動車整備のイメージが強いですが、建築・土木現場での作業やDIYで使う工具もラインナップされています。
プロの人でも使っている高品質な商品でありながら、比較的安い値段で買えるところが魅力と言えるでしょう。

そんなTONEの強みは、ボルト締結にこだわり、どんなボルトの締結にも応えることができるメーカーであることです。
また、プロ用作業工具・トルク管理機器・ボルト締結機器の分野を広げ、さらにこれらの強みを合わせたボルティング機器という新しい分野も開拓しているのです。
老舗メーカーでありながら、日々進化を続ける上質工具メーカーと言えます。

「技術で夢を・・・」をスローガンに信頼と満足の工具を提供しているTONE。
近年ではYouTubeにて工具の使い方や魅力を動画で分かりやすく解説しています。
また、ホームページには「知っとかないTONE」というユニークなネーミングのコラムがあり、工具の基本的な知識を初心者向けに公開しているので、興味のある人は覗いてみてはいかがでしょうか?

プロスタファウンデーションでは、ものづくりの世界において頑張る人を応援しています!
何かありましたら、遠慮なくお尋ねください☆