ブログ

2020年6月29日

建築・土木・建設関係のお仕事紹介をしているプロスタファウンデーションです!
弊社のブログにアクセスして下さり、ありがとうございます☆

これまで日本では、中古住宅よりも新築住宅が好まれる傾向にありました。
しかし、ここ近年では中古住宅に感心を持つ人が増え、購入した住宅をリノベーションして暮らす若い夫婦も多いと聞きます。
また政府も、中古住宅の流通やリフォーム・リノベーションの市場を活性化する取り組みを進めているのです。
そんな大注目を集めているリノベーションですが、実際に働く側はどうでしょうか?
今回は、リノベーション業界についてお話をします。

リノベーションとは、既にある住宅を生活の用途に合わせて大きく変えて価値を高める工事を行うことです。
活かせるところは活かす必要があるので、新築住宅よりも高度な提案や施工が求められます。
ちなみに、リフォームは古くなった住宅を新築の状態に戻すことです。
この2つの言葉は一括りにされることがありますが、内容は違ってくるので気をつけてくださいね。

リノベーション業界の仕事内容は、新築を扱う住宅メーカーとそれほど変わりません。
顧客の希望に沿った設計・施工と、それに伴う業務に当たります。
理想通りの家が完成できれば顧客に感謝されますし、作り手としてもやりがいを感じられるでしょう。

そんなリノベーション業界で必要とされるスキルは、「聞く力」です。
リノベーションを希望する顧客は、現在の家に何かしらの不満を持っているので、どういった部分を変えたいのかしっかり聞き出す力が求められます。
また、先ほども述べた通り高度な提案力や、施工の技術力も必要でしょう。
リノベーションは「1度手掛けたら終わり」ではなないので、人との繋がりも大切です。

少子高齢化が進み、新築住宅の市場が先細りしつつある昨今。
これまで新築住宅を中心に販売してきた住宅メーカーも、リノベーション事業に力を入れ始めています。
それぞれのライフスタイルに合わせた住宅の再生が、今後ますます注目されていくでしょう。
そのため、将来性がある業界とも言えますね!

プロスタファウンデーションでは、建設関係で働く人を応援しています。
興味のある人は、WEBまたはお電話からお問い合わせください☆

みなさん、こんにちは♪
建築・土木・建設関係に特化した人材派遣会社プロスタファウンデーションです!

現場監督は中間管理職のような役割を担うこともあるので、ストレスを抱えやすいポジションと言えます。
このブログを読んで下さっている現場監督さんの中には、メンタルを崩している人もいるのではないでしょうか?
また、現場を統率する立場にあるため、部下のメンタルケアに悩んでいる人もいるかもしれません。
そこで今回は、現場監督にこそ必要なメンタル管理術を紹介します!

まずは、メンタルを崩しやすい原因について見ていきましょう。

・仕事量の多さによる疲労
・対人関係によるストレス
・将来に対する不安

現場監督の仕事は、早朝から夜遅くまで続くことがあると聞きます。
時間の無さから休日を返上して、働いている人もいるかもしれません。
こうした多忙さは、体だけではなく心が疲れてしまうこともあるのです。
特に責任感が強く、真面目な人ほど辛さを感じてしまいます。
対人関係では、上司と部下の板挟みになってしまったり、クライアントとの関係に悩んでしまうこともあるでしょう。
「この仕事は自分に向いているのだろうか」「10年20年、ずっとやって行けるのか」と、不安に感じることからメンタルを崩す人もいます。

こうしたメンタルの不調を防ぐには、自分の気持ちを整理することです。
何が辛くて何に不安を感じているのかを理解し、周りにSOSを出すようにしましょう。
1人で抱え込まず、誰かに相談することも大切です。
また、嫌なことをあった時は、深く考えないようにしてください。
反省できるところは反省して、気にしないようにしましょう。

部下のメンタルが心配な場合は、コミュニケーションを取るようにしてください。
遅刻・欠席が続いたり、普段ではあり得ないミスを連発している場合は要注意です。
少し話を聞いてあげるだけでも、心が軽くなることもあるので、積極的に話しかけましょう。

プロスタファウンデーションでは、現場で働く人を支援しています。
何かお困りのことがありましたら、いつでもご相談ください☆

2020年6月19日

みなさん、こんにちは♪
お仕事探しのパートナー、プロスタファウンデーションです☆

建設現場での仕事は、過酷な作業も少なくありません。
労働時間も長くなりやすい傾向にあり、疲れを溜め込んでしまっている人も多いのではないでしょうか?
毎日の疲れが蓄積していくと、倦怠感から体が動かず、思わぬ怪我に繋がってしまうことも。
そこで今回は、疲れにくい体作りのためにできることを紹介しますね!

まずは、疲労の種類とその原因を見ていきましょう。

・肉体的疲労…エネルギー不足と、乳酸(疲労物質)の蓄積
・精神的疲労…人間関係などによるストレス
・神経的疲労…自律神経の乱れなど

このように疲労には3つの種類があり、それぞれの原因が異なります。
疲れにくい体を作るためには、これらの原因を防止・対処することが大切です。
では、疲労の防止・対処法を見てきましょう。

①バランスの良い食事
1日3食きちんと食事を摂ることは、基本中の基本と言えます。
朝食を食べないと体も脳もエネルギー不足になるので、必ず食べるようにしましょう。
また、ビタミンB1には乳酸を分解する働きがあると言われています。
そのため、豚肉や玄米ご飯、枝豆などビタミンB1多く含む摂取することで、疲れにくい体に近づけるでしょう。

②適度な運動をする
狭い場所などで同じ姿勢を長く続けていると、特定の場所に乳酸が溜まってしまうことがあります。
この場合、筋肉痛のような痛みや張り、体のだるさを感じやすくなるでしょう。
そうならないためには、適度な運動が必要です。
休憩中にストレッチをすることで、筋肉の強化や血行の促進が期待できます。
また、汗を流すと気分転換になるでしょう。
対人関係でストレスを抱えている場合は、30分程度のウォーキングがおすすめです。

③睡眠の質を上げる
寝不足は疲労が取れないだけではなく、自律神経を乱す恐れがあります。
自律神経が乱れると体に不調が現れることがあるので、1日6~7時間は眠るようにしましょう。
眠りの浅い人は、寝る前にお風呂で体を温めたり、ハーブティーを飲むなどしてリラックスすると良いですよ。

疲れにくい体を作るためには「食事」「運動」「睡眠」が、必要だと分かりましたね。
これからの暑い季節を乗り越えるためにも、参考にして下さると幸いです。

プロスタファウンデーションでは、建設関係で働く人を応援しています。
何か知りたいことがありましたら、いつでもどうぞ♪

建築・土木・建設関係の求人ならお任せのプロスタファウンデーションです。
みなさん、こんにちは♪

当ブログでは、現場で活躍する人たちにとって欠かせない工具の紹介もしています。
今回お話をしたいのは、「MAX(マックス)」。
建築・建設工具やオフィス用品、住宅設備機器など、多くの製品を手掛ける機械メーカーです。

東京都の中央区に本社を置くMAXは、ステープラーと呼ばれるホッチキスで国内トップシェアを誇っています。
また、くぎ打ち機の販売数も国内トップで、「くぎ打ち機と言えばMAX」と答える人も多いくらい人気です。

そんなMAXが手掛ける電動工具には「充電式インパクトドライバ」など15種類以上の充電工具や、「交流式乾式静音ドリル」などの交流工具、鉄筋結束器(リバータイア)などがあります。
また、先ほども紹介した「くぎ打ち機」や「高圧エアコンプロセッサ」といったエア工具も多数。
様々な用途に合わせて工具を選べるのが特長であり、ユーザーとしては嬉しいポイントですね。

製品開発では、現場に足を運び、作業を観察して、実際に耳にした現場の声を活かしています。
現場での使い方を再現しながら、細かいところまでこだわり、使い勝手の良さを追求。
木くずやコンクリートの粉塵がかかることや、突然の雨に濡れることも想定し、社内テストを実施しています。
防滴・防塵の規定をクリアし、過酷な現場環境に耐えることができる製品であることも特長と言えますね。

マックス独自の反動吸収機構を搭載しているのも、特長のひとつです。
これにより、パワーロスや機械のブレを防止。
電池に優しい保護充電を行うことで、電池パックの寿命を長くしているそうですよ。

豊富なラインナップと、ユーザー想いの製品を手掛けるMAX。
今後も、魅力的な電動工具を生み出してくれそうですね!

プロスタファウンデーションでは、これからもみなさんに役立つ情報を発信していきます。
何か知りたいことがありましたら、いつでもご相談ください☆

2020年6月15日

建築・土木・建設関係のことならお任せのプロスタファウンデーションです!
みなさん、こんちは♪

1997年頃から人手不足が続いている建設業界。
バブル崩壊による建設不況や、2008年に起きたリーマンショックが影響していると言われています。
さらに、2011年に起きた東日本大震災の復興や、2020年に予定していた東京オリンピックの建設ラッシュで需要が上がったことで、人手不足が加速しているという見方もあるのです。
今回は、そんな建設業界における人手不足の現状についてお話をしましょう。

厚生労働省が毎月公表してる一般職業紹介状況には、「有効求人倍率」というものがあります。
この有効求人倍数とは、有効求人数を有効求職者で割ったもので、1より数字が大きくなると有効求人数が有効求職者がより多くなるという計算です。
では、建設業界の有効求人倍数(パートの除く)を見ていきましょう。

令和2年2月…4.92
平成31年2月…5.38
平成30年2月…4.78
平成22年2月…0.57

分かりやすいように、同月で比較しました。
単純計算をすると、上の3年は1人に対して4~5件の求人があるというわけです。
この3年間は、それほど変わっていないように感じますが、10年前の平成22年と比較すると大きく数字が違います。

次に、総務省統計局の「労働力調査」より、職種別就業者数を見ましょう。
建設業界に就職している人の数は、以下の通りです。

令和元年…499万人
平成30年…503万人
平成29年…498万人
平成28年…492万人

平成28年~30年まで2年連続で就職者数が増加しましたが、令和元年は下がっています。
これらの数字から、ここ数年の間に大きな変化はなく、人手不足は今も尚続いているのが分かりましたね。

建設業界の人手不足が深刻化する理由の1つに、若者離れがあります。
そこには、3K「きつい・汚い・危険」のイメージが大きく関わっていると言えるでしょう。
最近では、「厳しい・帰れない・給料が安い」という新3Kも存在すると聞きます。
国土交通省は、こうした建設業界のイメージを払拭するため、働き方改革のプログラム i-Construction」の取り組みを始めました。
これにより明るい建設業界を取り戻し、人手不足が解消されると良いですね!

プロスタファウンデーションでは、建設業界で働く人を応援しています!
就職・転職を希望する人は、是非ともお問合せください☆

みなさん、こんにちは☆
建築・土木・建設関係を得意とするプロスタファウンデーションです!

建築現場では、重い資材を運んだり長時間無理な姿勢を取ったりすることもあります。
そのため、腰にはかなりの負担をかけているもの。
知らないうちに疲労が蓄積されて腰痛が酷くなり、動けなくなる人もいるのです。
そこで今回は、腰痛を予防するストレッチを紹介しましょう!

腰痛を予防するには、背筋や大臀筋、脚筋など、腰回りを支える筋肉を柔らかくするストレッチがおすすめです。
ただし、既に腰痛が発生している人は悪化してしまう場合もあるので、専門家の意見を聞いてからにしてくださいね!

【腰とお尻周辺のストレッチ】
1.膝を真っすぐ伸ばした状態で座る
2.上半身はやや後ろに反らし、床に手を付く
3.片方の膝を立てて、もう片方の足の外側に置く
4.膝を立てた足の方へ、上半身をひねる

【お尻と太ももの裏側のストレッチ】
1.椅子や階段などを使い、片足を腰よりも高い位置にのせる
2.高い位置にある足にゆっくり重心をかけ、膝に腰を近づける
3.太ももの裏、腰、背中がしっかり伸びていることを意識する

【太ももの内側と股関節のストレッチ】
1.背中をしっかり伸ばした状態で座り、股を開いて足の裏と裏を合わせる
2.つま先を持ち、上半身をゆっくり前に倒す
3.膝を床から上げる、床に付けるを繰り返す

【背中を伸ばすストレッチ】
1.立った状態で、腰の高さの机や手すりに掴まる
2.90度の角度を目指し、上半身を前に倒す(床に上半身が平行になるように)
3.その体勢を30秒ほどキープ
4.息をゆっくり吐きながら戻る

これらストレッチのポイントは、「気持ち良いな」と感じる程度にすることです。
あまり無理をしてしまうと、筋肉や筋を痛めてしまうこともあるので注意しましょう。
筋肉を柔らかくすることを意識してくださいね!

プロスタファウンデーションでは、現場仕事で活躍する人を支援しています!
何か知りたいことがありましたら、いつでもご連絡ください☆

2020年6月10日

建築・土木・建設関係に特化した人材派遣プロスタファウンデーションです♪
みなさん、こんにちは☆

これから現場仕事で働こうとしている人の中には、現場に何を持っていけば良いか分からない!という人もいるのではないでしょうか?
そこで今回は、現場作業で役に立つ便利アイテムを紹介します。
工事現場の種類やポジションによって使う工具や道具は違いますが、ここでは現場監督にスポットを当ててまとめました。

①タブレット端末
建設業界ではICT化が進み、図案や仕様書、スケジュールなど、タブレット端末を使って管理するところが増えています。
ありとあらゆる情報を1台で管理でき、周囲の人とも共有できるので非常に便利ですよ。
また、カメラ機能があるタブレット端末だと現場の写真を撮ったり、Web会議に使えるなど重宝します。

②ハンズフリーイヤホン
運転中や作業中に電話が掛かって来た時に、ハンズフリーイヤホンがあれば対応できます。
現場監督は作業員やクライアントから急ぎの電話が入ることもあるので、ハンズフリーイヤホンはぜひとも持っていたいアイテムです。

③伸縮式ハンディボード(ホワイトボード)
現場監督の仕事の1つとして、工事現場の写真撮影があります。
撮影を手伝ってくれる作業員がいない場合、伸縮式ハンディボードは自分1人でも取っ手の部分を持ち、撮影することが可能です。

④野帳
現場でメモをとったり、測量・計測した結果を書き込むのに役立ちます。
野帳は縦長の硬い表紙が付いており、机が無くても書き込みやすいのがポイント。
雨天の時でも使用可能な、防水加工が施された野帳だとさらに良いですね。

⑤カラビナ
現場監督はいくつもの鍵を持つこともあるので、カラビナにまとめておくと便利です。
カラビナは鍵だけでなく、安全ベルトをひっかけたり、ドライバ―などちょっとした工具を付けるのにも使えます。

⑥LEDライト
夜間の仕事や、照明がまだ入っていない建物の中での作業に重宝されるでしょう。
また、LEDライトは緊急時に助けを呼ぶ道具としても使えるので常備しておきたいアイテムです。

⑦マスキングテープ
修正が必要となった箇所や、傷が入ったところに印をつけたい時に使えます。
また、養生などにも対応できるので持っていると便利ですよ。

いかがでしたか?
他にも便利なアイテムはあるので、仕事をしながら自分にとってのマストアイテムを探してくださいね!
プロスタファウンデーションでは、現場監督の仕事も多く紹介しています♪
興味のある人は、Webからお問合せください☆

建築・土木・建設関係で働く人を支援しているプロスタファウンデーションです!
みなさん、こんにちは☆

これまで、いくつかの電動工具メーカーを紹介してきました。
今回、お話をしたいのは「HiKOKI(ハイコーキ)」。
プロ用・DIY用共に国内トップシェアを誇る日本の電動工具メーカーです!
ホームセンターなどでも販売されているので、商品を実際に見たことがある人も多いかもしれませんね。
その特徴を見てきましょう。

HiKOKIは、2018年10月に工機ホールディングス(旧:日立工機)から発表された電動工具ブランドです。
日立工機の時代を合わせて70年以上に及ぶ歴史の中で、培ってきた高い技術力を誇っています。
その品質は業界トップクラスであり、プロからも支持されていることが特徴です。

主力商品には「マルチボルトバッテリー」があり、マルチボルト対応の製品に使うと36V、従来の18Vの製品に使うと18Vのバッテリーとして動きます。
もちろん、充電器は従来のままでも使用可能。
このマルチボルトバッテリーを使用し、機動性とパワフルを兼ね備えたコードレス電動工具「マルチボルトシリーズ」が人気です。

HiKOKIの電気工具には、保証や修理サポートが充実していることも特徴と言えるでしょう。
「ACブラシレスモーター搭載製品」「高圧エア工具(一部を除く)」「マルチボルト・6.0Ahリチウムイオン電池」の3つは、2年間の保証が付いています。
また、長く工具を使えるようにアフターサポートも万全。
サポート対応機種かどうかは、ホームページから確認できますよ。

高い技術力と信頼性、そして国内にとどまらずグローバルな活躍が期待される成長性を武器に、HiKOKIはこれからも魅力的な電動工具を製造してくれるでしょう。
ちなみに、HiKOKIの「i」は、ロゴのしたときに「1」が隠れて見えるようになっています。
これは、ナンバー1を目指すという思いが込められているそうですよ♪

プロスタファウンデーションでは、これからも様々な工具メーカーを紹介していきます。
何か知りたいことがありましたら、いつでもご連絡ください!

2020年6月3日

こんにちは☆
建築・土木・建設関係に特化した人材派遣会社プロスタファウンデーションです!

当ブログはお仕事紹介だけではなく、工具の紹介もしています。
今回お話をしたいのは、「DeWALT(デウォルト)」。
黄色と黒のカラーでお馴染みの、電動工具メーカーです!

1924年にアメリカで創業したDeWALTは、木工用電気工具の製造・販売から始まりました。
それから現在まで、ハードな現場でも最高のパフォーマンスができるよう製品開発を重ねています。
主な製品は、「振動ドリルドライバー」や「インパクトドライバ―」「丸ノコ」「ハンマードリル」「レシプロソー」「グラインダー」。
アメリカでは、トップシェアを誇っていますよ。

DeWALTの特徴は、優れた耐久性です。
過酷な環境で使うことを想定し、落下させる、土埃をかける、数日間揺らす、数週間電源をオンにしたままにする、雨にさらす、氷点下で放置する、何万回もスイッチのオン・オフをするなどの厳しいテストを経て製品化されます。
これにより、パフォーマンスを維持しつつ優れた耐久性と長寿命を実現しているのです。

また、圧倒的なパワーも特徴の1つとして挙げられます。
18V電動工具シリーズの最新モデルでは、5.0Ahリチウムイオン充電池を採用し、スタミナアップ。
さらに、消耗による交換が必要なブラシを無くしたモーター「ブラシレスモーター」も採用し、エネルギー効率もアップしました。

そんなDeWALTの製品は、ソフトブレーキ・キックバック防止機能付きのスイッチがあり、安全面においても優れています。
視覚的にも分かりやすい操作で、誤操作による事故を防止してくれるのです。
振動も軽減しており、長時間使用しても疲れにくい重量なので、ユーザー想いの電動工具とも言えますね!

今後も過酷な現場に寄り添った製品を生み出してくれるDeWALT。
商品はオンラインから購入できますよ♪

プロスタファウンデーションでは、モノ作りの世界で活躍する人を応援しています!
何か知りたいことがありましたら、いつでもご相談ください☆

弊社のブログを読んで下さりありがとうございます!
建築・土木・建設関係のお仕事紹介に実績を持つプロスタファウンデーションです☆

工事現場では注意しなくてはならないことがいくつかありますが、その中でも特に気を付けたいのが「ご近所トラブル」。
施工中に近隣の人からクレームが入りトラブルに発展すると、工事を中止せざるを得ない事態になることもあるからです。
そこで今回は、工事現場でご近所トラブルを起こさないためにすべきことを紹介しますね!

①事前の挨拶
工事を始める前に、必ず近隣の人に挨拶をしてください。
騒音、振動、車の出入りが激しくなる等、迷惑をかける旨とその期間を伝えておくと、理解してもらえるでしょう。
不在であった場合は、手紙やチラシを入れておくと丁寧さが伝わります。

②建築確認申請書を提出する
工事の内容や規模によっては、建築確認申請書を提出しなくても良い場合があります。
簡単な工事だからと届けを出さない業者もいますが、万が一ご近所トラブルになった時に正式な許可を得ていないと事態が複雑になるかもしれません。
そのため、建築確認申請書を作成し提出しましょう。

③振動・騒音対策を取る
工事を行うにあたり、振動や騒音は避けられません。
しかし、法律では「騒音・85デジベル以下」「振動・75デジベル以下」と、設定されています。
この基準値を超えないように、防音パネルやシートを張る対策を取ってください。
また、早朝や夕刻は振動を出るような作業を控えるなど、近隣の人に迷惑が掛からないよう配慮しましょう。

④埃・粉塵が飛ばないようにする
同じくこちらも避けられないものですが、対策次第では防ぐことができます。
特に粉塵が飛びやすい解体工事では、シートで覆ったり水を撒くなどの対策を取るようにしてください。

⑤ゴミ・廃棄物の管理を怠らない
近隣からのクレームでよく耳にするのが、工事現場のゴミや廃棄物の放置です。
作業員が吸ったタバコのポイ捨てや、産業廃棄物の不法投棄はしないでください。
また、必ずゴミ箱を設置し、ゴミが溢れる前に捨てるようにしましょう。

以上が、ご近所トラブルを起こさないためにすることです。
工事は近隣の理解があってこそ成り立つものなので、怠らないようにしてくださいね!
プロスタファウンデーションでは、みなさんからの質問にも答えていきます。
何か知りたいことがありましたら、いつでもどうぞ♪