ブログ

2019年12月26日

みなさん、こんにちは☆
建築・土木・建設関係を得意とするプロスタファウンデーションです!

就職や転職活動において、強みとなるのは「資格」です。
求人情報を見ていると、未経験歓迎といった文字も多く見かけますが、やはりスキルや資格は持っていると有利に働くでしょう。
そこで今回は、事務職で活かせるスキルや、取っておきたい資格を紹介します。

建設関係の事務職と聞くと、「何か特別な作業があるのでは?」と思う人もいるかもしれません。
しかし、業務そのものは一般の事務職と同じです。
請求書作成や伝票作成、帳簿転記など、主にパソコンを使った作業が多くなるでしょう。
そのため、パソコンにはある程度慣れておいた方がよいです。
特にタイピングは正確さと速さが要求されるので、「1分間に100文字」くらいは入力できるスキルを身に着けておきましょう。
また、ワードとエクセルも使えた方がよいでの、余裕のある人は「MOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)」の資格を取ることをおすすめします。
MOSはワードやエクセルなどのスキルを持った人に与えられる資格なので、持っていると就職や転職する時のアピールポイントになりますよ。

経営や経理のしくみを理解するための資格「簿記」も役立つでしょう。
この資格を持っていることで、経理の仕事もできるようになります。
ただし、建設関係の経理は少々独特なため「建設業経理士」の資格も持っていた方がよいです。
この建設業経理士の資格は、2級以上を取得した人が職場に2人以上いることで、公共工事の入札ができるようになるので、取得していると重宝がられますよ。

そのほかにも「秘書技能検定」を持っているのもよいでしょう。
事務職はパソコン業務だけではなく、来客のお茶出しや電話対応なども任されるので、ビジネスマナーも求められます。
建設関係の事務職において、秘書技能検定を持っていたからといって採用の決め手となるものではありませんが、ビジネスマナーを心得ていることのアピールになるでしょう。

スキルや資格は就職・転職の強みだけではなく、面接を受ける時の自信にも繋がります。
まずは、興味のあるものからチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

プロスタファウンデーションでは、資格獲得の支援も行っています。
気になる人は、WEBからお問い合わせください☆

こんにちは☆
お仕事探しのパートナー、プロスタファウンデーションです♪

建築・土木・建設関係において、今やなくてはならない存在となった「CAD」。
建物の設計や管理を行うのに、大変便利ですよね。
今回はそんなCADを扱うに、適したノートパソコンを紹介します。
すでにCADを使っている人も、これから使おうと考えている人も参考にして頂ければ幸いです。

まず、初めにCADについて簡単に説明します。
CADとは建物の設計や製図をコンピューター上で支援するソフトのことです。
正面、平面、側面の3つの角度から見た形で表しているものを「2DCAD」。
立体で表し任意の視点から見れるようにしたものを「3DCAD」と言います。
どちらを使用するかは勤め先によって違いますが、最近では複雑な形を見やすくした3DCADを導入する企業が増えているようです。

2DCADは手書きで書いたものと変わらない平面の図を扱うので、使用するノートパソコンは通常使用するもので構いません。
メモリの大きさは4GB以上あれば、問題ないでしょう。

3DCADは立体の画像を扱うので、高スペックのノートパソコンが必要になります。
メモリは8GB以上、CPUはi5シリーズ以上のものにしてください。
また、3DCADを扱う上で最も重要となるのが、画像や映像をキレイに表示できる「グラフィックボード」です。
グラフィックボードがなくても3DCADの操作は可能ですが、搭載されている方が作業がスムーズに進みます。

グラフィックボードの中でも建築関係のCADを扱うなら、NVIDIA社製の「Quadro」が搭載されたノートパソコンがよいでしょう。
Quadroは建築物などの立法データを動かすのに適したOpenGLを最適化しており、クリエイター向きだと言われています。
また、ノートパソコンを長く使いたいなら、P600搭載以上のモデルがおすすめです。

いかがでしたか?
ノートパソコンで3DCADソフトを使うなら、グラフィックボードもCADに向いているものが必要です。
作業の効率化を図るためにも、ぜひ試してみてくださいね!

プロスタファウンデーションは、これからも皆様にとって有益な情報を発信していきます。
興味のある人は、WEBから登録してください☆