ブログ

2020年5月27日

建築業界で働く人を応援したいプロスタファウンデーションです☆
みなさん、こんにちは!

これまで建築業界では、人材不足に悩まされてきました。
その理由として高齢化が進み引退する人が増えたことや、建築業界はキツイというイメージから若い担い手が減少していることが挙げられます。
人材が不足すると、1人1人の負担が増えてモチベーションが下がることや、生産性が低下することが懸念されるでしょう。
こうした状況を解消するため、多くの企業が導入しているのが「ICT技術」です。
今回は、建築業界ではどのようにICT技術を活用しているのか紹介します。

①スマートフォンやタブレットを用いた情報の管理・共有
建物の図面や工数など、紙媒体で行っていたものを電子データにすることで、離れた場所からでも確認できるようになります。
また、現場で修正があった場合もその場ですぐに対応できて便利です。
同じく勤務表や工事日誌もアプリを導入することで、手間を省けるようになるでしょう。

②カメラ配置による安全・健康管理
建築現場では、どんなに安全を心掛けていても思いがけないトラブルが発生する場合もあります。
体調管理においても、自分では不調に気が付かないこともあるでしょう。
こうした予期できぬトラブルを防ぐには、カメラ設置するだけで危険な場合に警告音を鳴らしてくれる安全対策用システムが便利です。

③Web会議システム
現場監督など役職に就いている人は、いくつかの現場を掛け持ちしている場合があります。
その1つ1つの現場に足を運ぶのは、時間と交通費の無駄と言えるでしょう。
打ち合わせ程度の訪問であれば、Web会議システムを活用すると効率よく作業を進められます。

このように建築業界におけるICT技術の活用は、無駄を省き作業員の負担を減らして生産性の向上を図ることが目的です。
大手企業では、ドローンを活用した高所の点検や測定、VRを使って実践的な社内研修、CADよりも設計データを一元管理できるBIMの活用事例も増えていくでしょう。

さらなる進化が期待できるICT技術。
建築業界がより魅力的な職場環境になるよう、一役買ってくれそうですね!
プロスタファウンデーションでは、建築現場での仕事も多く紹介しています。
興味のある人は、ぜひともご連絡ください♪

みなさん、こんにちは♪
建築・土木・建設関係のお仕事紹介ならお任せのプロスタファウンデーションです☆

私たちの暮らしの中で欠かせないものとして「電気」が、挙げられますよね。
電気を工事するには、「第一種電気工事士」か「第二種電気工事士」の資格が必要です。
これから電気工事士の資格を取得しようと考えている人の中には、第一種と二種の違いについて疑問に思っている人もいるのではないでしょうか?
そこで今回は、電気工事士の第一種と第二種の違いについてお話をします。
まずは、それぞれの特徴を比較しましょう。

【工事ができる範囲】
・第一種…第二種の範囲と、工場、ビル、大型店舗など、最大500キロワット未満の電気工事
・第二種…一般住宅、小型店舗など、600ボルト以下で受電する電気工事

【資格を取得する条件】
・第一種…実務経験5年以上もしくは、電気工事科の専門学校及び大学を卒業+実務経験3年
・第一種…特になし
※どちらも受験資格の制限はなし

【試験の難易度】
・第一種…30%前後
・第二種…60%前後

このように第一種の方が工事ができる範囲が広い分、条件や難易度が厳しいことが分かりましたね。
第一種の資格を取得していると、企業によっては資格手当が付く場合があるので給料アップが狙えるでしょう。
また、多くの企業は幅広い範囲で活躍できる第一種電気工事士を求めていることから、優遇されるというメリットもあるのです。
就職・転職においても、より大きな企業を目指すなど選択の幅が広がりますね。

ただし、上記でも記したように免許を取得するには5年、または3年以上のキャリアが必要です。
そのため、未経験の人は第二種から目指してみてはいかがでしょうか?
第二種を取得しておくと、就職・転職しやすくなりますし、働きながら実務経験を積むことができますよ。

プロスタファウンデーションでは、電気工事士の仕事も多く紹介してします!
興味のある人は、WEBまたはお電話からお問い合わせください☆

2020年5月19日

建築・土木・建設関係のお仕事紹介を得意とするプロスタファウンデーションです!
みなさん、こんにちは☆

モノ作りの国、日本には様々な工具メーカーがあります。
今回紹介したいのは、「DEEN」。
国内外の上質な工具を厳選して販売しているセレクトショップ、ファクトリーギアのオリジナルブランドです。

DEENのお話をする前に、ファクトリーギアについて簡単に説明しましょう。
1995年に創業されたファクトリーギアは、日本を代表する工具メーカー「KTC」や、世界トップクラスの工具メーカー「SNAP-ON」、「MATCO」など、多数のブランドを扱う上質工具専門店です。
国内に10店舗以上、海外に3店舗を持ち、YOUTUBEチャンネルも開設しています。

そんなファクトリーギアには、全国の工具ファンから「もっとこうして欲しい」といった様々な意見やアイディアが集まりました。
海外ブランドの多くは自国の目線で作られており、日本人の腕力や手にフィットしないのも少なくないからです。
そこで、2000年に誕生したのが、オリジナルブランド「DEEN」。
作り手の立場や常識を越えたユーザー目線で、買い手がもっと欲しいと思えるような工具を作りたいという思いから、各工具メーカーとの共同開発がスタートしました。

DEENの特徴は、日本人に合った機能性で使い勝手が良く、繊細かつ美しいデザインにあります。
また、一般的な工具の流通経路を使わず、ファクトリーギアの店舗を中心に販売することで、リーズナブルな値段設定になっていることもポイントのひとつです。

日本国内の工具ファンから定評を受け、市場にしっかり根付くブランドとなったDEEN。
工具の新開発はもちろん、既存の工具にもユーザーの声にいち早く応えるなど、これからも使い手目線の工具作りを続けてくれるでしょう。
興味のある人は、ぜひ1度お店に行き実際の商品を手に取ってみてくださいね♪

プロスタファウンデーションでは、モノ作りの世界で活躍する人たちを応援しています。
何か知りたいことがありましたら、いつでもご相談ください!

みなさん、こんにちは!
人材派遣会社プロスタファウンデーションです☆

当ブログは、建築・土木・建設関係での就職や転職を希望する人にとって有益となる情報を紹介しています。
今回、お話ししたいのは「資格手当の制度」です。
この制度を利用すると給料アップも狙えますので、ぜひ最後までお付き合いくださいね☆

資格手当とは、業務に活用できる資格を保持していることにより支給される制度のことです。
毎月の基本給にプラスして支給される「資格手当」と、新たに資格を取得した際に支給される「合格報酬」の2種類あります。
これのうち、どちらかのみ支給される企業が多いですが、両方とも支給してくれる企業もあるようですよ。

資格手当の金額は企業によってバラつきがありますが、建設関係は専門性が高く国家資格も多いことから、比較的高い金額が付くと言われています。
それでは、月の相場額を見ていきましょう。

・建築士:8,000~30,000円
・電気工事士:1,000~10,000円
・土木施工管理技士:2,000~30,000円

保持資格が1級と2級によって、かなりの違いが出るようです。
1級建築施工管理技士の有資格者に、最大7万円の資格手当を支給するという企業もありますよ。
また、入社してから資格取得をする際の講習料や受験料や支払ってくれる企業も少なくありません。
このように有資格保持者にとっては、メリットだらけと言える「資格手当の制度」ですが、注意点があります。

・支給される資格手当が期限付きのケースがある
・基本給が少ないケースがある

資格手当は無期限に支給される企業もあれば、入社後3年間だけと決められているところもあります。
条件や金額が変わる場合も考えられますので、会社の規約をしっかり確認することが大切です。
また、資格手当の金額は高い代わりに基本給が少ないという企業もあるでしょう。
条件の良さだけに飛びついてしまうと、後から「失敗した」という事態に陥ることもあるので、注意深く見極めるようにしてくださいね。

プロスタファウンデーションでは、より良い条件で転職できるよう全力でサポートしています!
興味のある人は、Webまたはお電話からお問い合わせください☆

2020年5月13日

こんにちは!
建築・土木・建設関係で働く人と、企業を繋げるサポートをしているプロスタファウンデーションです♪

工事現場には事故やクレームなど、様々なトラブルがあります。
中には裁判になってしまうほど深刻なトラブルが起こることもあるので、十分に注意したいもの。
そこで今回は、現場でのトラブルを未然に防ぐ方法を紹介します。

まず、現場で起こりやすい事故について考えていきましょう。
現場では「墜落」「倒壊」「建設機械」の3つが起こりやすいとされており、三大災害と呼ばれています。
その中でも特に多いのが、手すりが不十分だったり、足場が固定されてなかったりすることで起こる転落・墜落事故です。
ほかにも建設中の建物が強風で煽られて倒壊することや、重機を操作中に後方確認を怠り怪我をすることもあります。

こうした三大災害を未然に防ぐには、やはり「確認」が大切です。
昨日大丈夫だったから今日も大丈夫だろうではなく、作業を始める前に手すりや足場など安全装置の確認を必ず行うようにしましょう。
また、安全ベルトなどを装着することで、重大な怪我を防ぐことができます。
強風や水害といった天災においても、どのような被害が起こるかを予測して事前に備えるようにしてください。

次に、クレームを防ぐ方法について考えましょう。
近隣の住民とトラブルになりやすいものとして、「騒音」「粉塵」「振動」などが挙げられます。
工事の内容によっては大きな音が出ることもやむを得ないですが、近隣にとってはストレスそのもの。

こうしたトラブルを未然に防ぐためには、工事を始める前に現場監督から住人に向けた説明が必要です。
特に大きな音や振動が出ることが予測される日には、改めてその旨を説明すると誠実さが伝わり理解してもらえるでしょう。
説明に伺った時に留守だった場合は、手紙を入れておくと丁寧です。
また、現場を防音シートで覆ったり、粉塵が飛ばないように水を撒いたりするなど、できる限りの対処をしてくださいね。

プロスタファウンデーションでは、現場で元気に働く人を支援しています。
何かお困りのことがありましたら、いつでも相談してください♪

建築・土木・建設関係で働く人を支援しているプロスタファウンデーションです!
こんにちは☆

このブログを読んでくださっているみなさんの中には、「転職したいけど年齢的に無理だ」と諦めている人もいるのではないでしょうか?
一昔前まで転職は35歳までと言われていましたが、今はそんなことありません。
むしろ、建設業界ではシニア世代の雇用が注目されているのですよ!
今回は、その理由についてお話をしますね♪

シニア世代が注目される1番目の理由は、「建設業界における有資格保持者の不足」です。
建設業界では全体的な人手不足に加え、新たな担い手が減っていることから、どこの企業でも有資格保持者は引く手あまたと言われています。
そのため、資格を持っているのであれば、シニア世代でも年齢に関係なく転職活動がスムーズに行えるでしょう。

2番目の理由は、「経験」です。
建設業界で長く働いてきた人なら、これまでの経験と知識を活かして即戦力として活躍できることを期待されます。
特にシニア世代の場合、前職では管理職に就いていた人も多く、リーダーシップを発揮できるでしょう。
また、若手の教育や技術指導に長けているというメリットもあります。
そのため、前職と同じポジションや、それ以上で転職できる可能性があるでしょう。

3番目は、「コミュニケーション能力」です。
建設業界の仕事は、多くの人の手によって成り立ちます。
職種や立場の違う人と話したり、協力しあったりすることが大切となりますので、コミュニケーションは欠かせません。
こうした人と人の繋がりを持つ能力は、人生経験が豊富なシニア世代が長けていると言えます。
人の話に耳を傾け理解する能力はもちろん、筋道立てて説明できる能力もあると良いですね。

上記の3つが、シニア世代の雇用が注目される主な理由です。
反対に無資格・未経験では転職が厳しくなりますので、将来的に転職を考えている人は、今から準備してくださいね!

プロスタファウンデーションでは、シニア世代が活躍できる仕事も多く紹介しています!
興味のある人は、ぜひともご連絡ください♪