ブログ

2020年7月27日

建築・土木・建設関係で豊富な求人を持つプロスタファウンデーションです!
みなさん、こんにちは☆

面接では必ずといってもよいほど質問される「志望動機」。
その会社に応募したのには何らかの理由があるはずですが、答え方によっては損をしてしまうこともあります。
そこで今回は、志望動機を聞かれた時の答え方についてお話をしましょう。

上手な答え方のポイントをまとめると以下の通りです。

・志望度の高さをアピールする
・動機を明確にする
・「結論」「理由」「補足」の順に話す

面接官が志望動機を尋ねる意図は、応募者の「志望度」がどれくらいか確認したいという点にあります。
なぜなら、志望度が低いと入社してもすぐに退社してしまう可能性があるからです。
会社としては長く活躍してくれる人材を求めているので、「どうしてもこの会社に入社したい」という志望度の高さをアピールしましょう。

ただし、いくら入社したい気持ちをアピールしても、動機が曖昧だと不採用になるケースがあります。
そこで大切となってくるのが、「自分が成し遂げたいこと」と「この会社でなくてはならない」理由を関連付けることです。
建設業界と一言で言っても種類は豊富にあるので、自分がやりたい仕事を明確にしましょう。

志望動機を答える時は、「結論」「理由」「補足」の順に話すことも大切です。
結論が分からないまま説明だけを長々と話してしまうと、面接官に「何が言いたのだろう?」と思われてしまいます。
例えば、「私は子供の頃からモノ作りの世界に興味があり、大学では建築学を……」と話し始めると、何の話かよく分かりません。
一方、「私はクオリティの高い建築物を作る業務に携わりたくて御社を希望しました」と、結論を先に話すことで相手に伝わりやすくなります。
この後に、「なぜ、質の高い建築物をその会社で作れると思うのか」+「自分の強み」+「どんなことを会社に貢献できるのか」と、続けると良いですね。

また、面接は熱意を伝える場でもあるので、「御社に入社したい」と、はっきり口に出すこともポイントの1つですよ。
プロスタファウンデーションでは、建設業界で働きたい人を応援しています。
興味のある人は、Webまたはお電話からお問い合わせください☆

みなさん、こんにちは!
建築・土木・建設関係のお仕事探しをサポートしているプロスタファウンデーションです☆

近年、建設関係のICT化が進んだことにより、必須アイテムとなったタブレットやスマートフォン。
粉塵や水に晒されやすい現場に持っていく場合は、ケースでしっかり保護したいですよね。
そこで今回は、タブレットやスマートフォンを守るケースの選び方を紹介します!
現場監督が使用するのに便利なケースについてもお話しますので、ぜひ参考にしてください。

精密機械であるタブレットやスマートフォンを守るケースは、やはり頑丈さが大切です。
うっかり落としてしまうことも考えられるので、耐久性や耐衝撃性のあるケースを選びましょう。
防水・防塵タイプのものを選ぶと安心です。
また、現場仕事は屋外で作業することがほとんどなので、気温の変化にも対応できるケースが良いでしょう。
50度~マイナス10度くらいまでの温度に耐えられるケースがおすすめです。

次に、便利なケースを紹介しましょう。
現場監督は作業員が作業しているところを歩き回りながらチェックし、指示を出すことがあります。
この時、ずっと手にタブレットやスマートフォンを持っていると不便です。
そのため、肩から提げるタイプのケースが良いでしょう。

キーボードが付いているタイプのタブレットケースや、ケースの上からタッチパネルを操作できるスマートフォンケースも便利ですね。
現場での素早い操作が求められる時に、役立つでしょう。
この他、立てて使えるタイプのケースや、ケースの裏側に筆記用具を入れておけるケースも重宝しますよ。

いかがでしたか?
これら安心かつ便利なタブレットケース・スマートフォンケースは、建設現場用で検索すると多数ヒットします。
お気に入りのものを見つかると良いですね!

プロスタファウンデーションでは、これからもみなさんの質問に答えていきます。
何か知りたいことがありましたら、いつでもご連絡ください☆

2020年7月20日

当ブログにアクセスして下さり、ありがとうございます!
建設関係の求人紹介を強みとするプロスタファウンデーションです☆

働き方改革や、新型コロナウイルスの影響により広まっている「テレワーク」。
インターネットを使うことにより、場所や時間にとらわれず柔軟に働けるとして注目されていますよね。
建設業界には関係ないと考えている人もいるかもしれませんが、そんなことありません。
そこで今回は、建設業界にも押し寄せているテレワークの波についてお話をしましょう。

建設業界の仕事には現場作業以外にも、「日報管理」「図案管理」「メールチェック」「社員の勤怠管理」といった事務作業があります。
これらは会社に出勤して作業するのが、一般的でした。
しかし、ICT化が進んだ昨今では、タブレットやスマートフォンを使って事務作業を行う企業が増えています。
例えば、日報や図案はシステムを導入することで、社員それぞれ離れた場所にいても共有することが可能です。
社員の勤怠管理は、スマートフォンのアプリを使えば現場で行えます。
これらのメリットは、わざわざ会社に行く必要がないことです。
通勤時間の削減や、不特定多数の人との接触回避になるでしょう。

WEB会議システムを使い、会議や講習を行う企業も増えています。
こちらも移動時間や交通費の削減、濃厚接触を避けられることから、システムの導入に踏み切る企業が多いです。
会議だけではなく、現場の映像を映しながら相談することもできます。
いくつかの現場をかけ持ちしている現場監督の場合、その現場に行かなくてもリアルタイムで確認しながら指示を出せるので非常に役立つでしょう。

建設業界でも、テレワークの波が徐々にきているのが分かりましたね。
無駄な時間とコストを省き、新型コロナウイルスの感染リスクを減らすのに有効なテレワーク。
非常に便利なものですが、会社の情報漏洩を起こす危険もありますので、信頼のおけるツールを選んでくださいね。

プロスタファウンデーションでは、建設業界で働く人を支援しています!
興味のある人は、WEBからお問い合わせください☆

建築・土木・建設関係への人材派遣を得意とするプロスタファウンデーションです☆
みなさん、こんにちは!

建設現場は野外での作業が多いため、天候によって左右されやすいもの。
日本には四季があり、気温や湿度の変化にも気を付けなければなりません。
そこで今回は、梅雨の時期に特に気をつけたいことについて考えましょう。

①雨養生をしっかりと行う
梅雨の時期で気を付けたいのが、雨による品質の劣化です。
建設中の建物が雨で多少濡れるくらいは問題ありませんが、長く雨が続くと鉄骨や木材が腐敗する恐れがあります。
そのため、建物にブルーシートを張り水が浸入しないようにしてください。
また、床には防水シートを張り、雨が上がった後は木材がどれくらい湿気を吸収しているかチェックしましょう。
そうすることで、カビを防ぐことができます。

②安全確認を行う
作業員の安全にも気をつけなければなりません。
雨が降っている中や、降った後の作業は、足場が滑りやすい状態になっています。
「これくらいなら大丈夫」と油断していると、思わぬ怪我に繋がることもあるので、必ず安全対策をしましょう。
電動工具などを使う時も、始動前に安全チェックを行ってください。

③最新の情報を常に確認する
梅雨の時期は、連日の雨から河川が増水することが考えられます。
建設現場が河川に近く、浸水する可能性がある場合は、気象庁から発表される防災情報に気をつけてください。
また、雨雲レーダーなどをチェックすることで「いつ」「どれくらい」雨が降るかを推測できるでしょう。
この情報を得ることで、雨で中止になる作業(塗装作業・タイル張り・足場解体・掘削工事など)を、効率よく進めるのに役立ちます。

いかがでしたか?
梅雨の時期は、朝晩の気温差から体調を崩す人もいます。
暑さに体が慣れていない時期でもあるので、体調管理にも気をつけてくださいね!

プロスタファウンデーションでは、建設現場で働く人を応援しています!
何かお困りのことがありましたら、いつでもご相談ください☆

2020年7月13日

みなさん、こんにちは♪
転職探しのパートナー、プロスタファウンデーションです☆

土木・建築業界というと、力仕事のイメージを持つ人が多いでしょう。
しかし、力仕事以外にも事務的な作業が必要な場合があります。
特に現場監督のようなポジションに就く人は、クライアントや発注先とメールでやり取りすることも多いです。
そこで今回は、土木・建築業界で転職するなら押さえておきたいメールマナーを紹介します☆

①件名は、一目で用件が分かるようにする
「●●マンション建設工事の資料」や「●●建設登録変更について」といったように書くと、それを見ただけで何のメールか分かります。
これにより、メールを受け取った側は緊急性があるかどうかある程度判断できますし、後々確認したいときに探しやすくて便利です。

②宛名を書く
メールの冒頭には、必ず相手の名前を書きましょう。
「建設会社名+部署名+役職+氏名+様」の順で書くのが、ベターです。
役職が部長だからと、氏名+部長様と書くのは、相応しくないので注意してください。
担当者の名前が分からない時は、「ご担当様」としましょう。
 
③あいさつ文を入れる
メールの冒頭には「お世話になっております」と入れるようにしましょう。
社内の人に向けたメールでは「お疲れ様です」が、一般的です。
夜遅い時間にメールをする場合は、「夜分遅くに失礼いたします」と入れると良いでしょう。

④会社名と自分の名前を名乗る
あいさつ文の後に会社名と自分の名前を記入してください。
順番としては、「会社名+部署名+氏名」です。

⑤内容を書いた後は、結びの言葉を入れる
メールの内容を書いた後は「何卒宜しくお願い致します」や「引き続き宜しくお願い致します」といった言葉で締めましょう。
返信を求める場合は「ご多用中恐縮ですが、お返事をお待ちしております」。
もしくは「恐れ入りますが、●●日までにご返答頂ければ幸いです」というように書くと良いです。

⑥最後に署名を入れる
メールの最後に、「会社名+部署名+氏名」を記載しましょう。
さらに会社で使用しているメールアドレス、会社の住所、電話番号なども書いてください。
これらは間違いがあると困るので、テンプレートを用意しておくと便利ですよ。

メールは電話と同様に、顔が見えない相手とのやり取りになります。
例え相手が下請け業者であっても、文章は敬語を使い失礼のないように気をつけましょう。

プロスタファウンデーションでは、これからもみなさんの役に立つ情報を発信していきます!
何か知りたいことがありましたら、いつでもどうぞ♪

弊社のブログを読んで下さり、ありがとうございます!
建築・土木・建設関係を得意とするプロスタファウンデーションです☆

突然ですが、みなさんはインテリアデザイナーとインテリアコーディネーターのどこが違うか分かりますか?
名称が違うだけで、中身は同じようなものだと思っている人もいるかもしれませんね。
インテリアデザイナーもインテリアコーディネーターも室内空間のインテリアを監修する仕事ですが、業務における役割や範囲は大きく違います。
今回は、この2つの違いについて見ていきましょう。

・インテリアデザイナー
ゼロから空間を作り上げる仕事です。
室内(庭も含む)の雰囲気を演出する照明や壁紙、床材の選定をしたり、家具や雑貨といった装飾品を作ったりします。
場合によっては建物の設計に関与することもありますし、クライアントと施工業者の間に入り監理することもあるのです。
そのため、インテリアに関する知識だけではなく、建物の設計や内装の知識、CADのスキルも求められます。
また、クライアントの希望に沿ったデザインを提案しなくてはならないので、ヒアリング力やプレゼンテーション能力も必要でしょう。

・インテリアコーディネーター
既にある製品を選択して、空間を装飾する仕事です。
完成した空間に対して、既製品の家具やカーテンなどをコーディネートします。
個人の住宅やオフィス、ホテル、レストランなど、ニーズに合わせた提案が必要です。
こちらもクライアントと話し合って空間を作り上げることが大切なので、ヒヤリング力が求められるでしょう。

このように、インテリアデザイナーとインテリアコーディネーターの違いは、「ゼロから空間を作る」か「既にある空間を装飾する」かにあります。
しかし、どちらもインテリアに対する美的センスが求めらることには変わりありません。
建築設計事務所や空間デザイン事務所、ハウスメーカーなど、活躍できる場所は様々ですので、興味のある人は挑戦してみてはいかがでしょうか?

プロスタファウンデーションでは、幅広い分野の求人を紹介しています。
就職・転職を希望する人は、ぜひともご連絡ください☆

2020年7月8日

建築・土木・建設関係に実績を持つプロスタファウンデーションです☆
みなさん、こんにちは♪

建物の設計をする建築士は、モノ作りの世界において人気の高い職業です。
独創的な建物や、スタイリッシュな建物、オシャレな建物を見て、このようなものを作る人になりたいと憧れる人も多いでしょう。
そんな建築士になるには、資格が必須です。
そこで今回は、建築士になるために必須な資格を紹介します。

建築士の資格には「一級建築士」「二級建築士」「木造建築士」の3種類あり、これらは全て国家資格です。
取得する資格によって設計できる建物が変わってきます。
また、試験に受けるのに必須な受験資格や実務経験が違いますので、それぞれ見ていきましょう。

・一級建築士
設計する建物の規模、構造、構造材料において、制限の無い資格です。
一般住宅から大規模なビルやスタジアムなど、何でも作れるところに特徴があります。
試験の難易度については、3種類の資格の中で1番高いです。
受験資格も厳しく、4年生の大学卒業(指定科目の取得)した人は実務経験2年。
建築系の短期学校卒業した人は実務経験3~4年、二級建築士の資格を取得している人だと4年の実務経験が必須です。

・二級建築士
設計できる建物に制限があります。
例えば木造では、延べ面積が300㎡を超えるもの、または3階以上のもの(高さは13m以下、かつ軒の高さは9m以下)です。
この他、構造、建物の高さ、軒高、延べ床面積、用途など細かい規定があります。
受験資格は、4年生の大学を卒業(指定科目の取得)していれば、実務経験が無くても良いです。
建築科目がある高校を卒業した場合は、実務経験3年。
建築の学歴がない場合は、7年以上の実務経験を積むことで受験が可能です。

・木造建築士
1~2階建ての木造建築物(延べ床面積が100㎡超から300㎡以下)の、設計ができる資格です。
二級建築士よりは範囲が縮まりますが、一般的な住宅の延べ面積は130㎡くらいなので、十分に活躍できますよ。
受験資格は二級建築士で求められる要件と同じです。

建築士になるための資格は、建物の規模や種類によって変わることが分かりましたね。
将来、自分がどんな建物を、どんな規模で作りたいのかを考えておくと、取るべき資格が明確になるでしょう。

プロスタファウンデーションでは、建築士の仕事も紹介しています。
興味のある人は、ぜひともご連絡ください☆

建築・土木・建設関係の求人を多数扱っているプロスタファウンデーションです!
みなさん、こんにちは♪

この業界には、さまざまな資格があります。
就職や転職の時に強い味方となるため、資格の取得を考えている人もいるのではないでしょうか?
そこで今回は、数ある資格の中から「土木施工管理技士」をピックアップして紹介します☆

まず、資格の説明をする前に土木工事の仕事について簡単に説明しましょう。
土木工事とは、橋・道路・トンネル・河川・ダム・空港の建設や、上下水道の配管工事など、建物の建築以外の建設工事のことです。
また、災害時の復旧工事や2020年に予定していたオリンピックの開発工事など、実に様々な種類があります。

次に、土木施工管理技士についてお話しをしましょう。
土木施工管理技士は、土木工事現場の「安全」「品質」「コスト」「工程」といった4大管理するために必要な国家資格です。
この資格を取得していると、管理技術者や主任技術者といったポストに就くことができます。
仕事内容は4大管理の他にも、役所への手続きや周辺住人への説明など多岐に渡るため、非常にやりがいのある仕事と言えるでしょう。

そんな土木施工管理技士には、1級と2級があります。
大きな違いは、「管理技能者」になれるかどうかです。
2級は作業工程の責任者である主任技術者として、1級は現場全体の指揮する役割を担う管理技能者と主任技術者の両方を任される場合があります。
土木工事は基本的に主任技術を置けば工事ができますが、特定建設業者の元請けが4,000万円(建築も一式の場合は6,000円)以上を下請けに出す場合は、管理技能者の配置が必要です。
つまり、1級と2級は担当できる土木工事の大きさにも違いがあります。

土木工事と聞くと、地味に印象を受ける人もいるかもしれません。
しかし、私たちの身近な部分で暮らしを豊かにしてくれるものを作る仕事です。
また、土木工事は公共・民間ともに一定の需要がある仕事なので、土木施工管理技士は将来性のある資格と言えるでしょう。

プロスタファウンデーションでは、土木関係の仕事も多く紹介しています。
興味のある人は、お気軽にお尋ねください☆