ブログ

2021年4月28日

こんにちは!
建築・土木・建設関係のお仕事をサポートする、プロスタファウンデーションです。
違いのわかりにくい用語、今回は「盛土」と「切土」について解説します♪

「盛土」と「切土」は、どちらも傾斜地に建設・建築をする場合に行われる地面の処理のことです。
日本は島国であり、山がとても多い土地であるため、山地や丘陵地などの傾斜地に家を建てるケースが多々あります。
その際、傾斜している土地を水平にするために行われる宅地造成工事が、盛土と切土ということになります。
傾斜に住宅等を建築する際、盛土や切土といった造成工事で土地を段々畑のように階段状に整えてから建築に入ります。

では、この二つの言葉の違いは何なのでしょうか。
切土とは、傾斜している土地の高い部分を切り崩して地面を平らにする造成工事のことをいいます。
それに対して、逆に傾斜の低い位置に土を盛っていく造成工事が盛土です。

切土と盛土では、災害に対する安全性にも違いがあります。
切土の場合、元々固くしまった地盤を残していくため、土砂災害や地震による崩落などに強いという特徴があります。
一方、盛土はそのままでは安定しないため、しっかりとした締め固めや地盤改良工事が必要となります。
地盤が落ち着くまで3~5年かかるといわれていますが、やはり地震や大雨などによる災害時の地盤沈下や崩壊が起こりやすいとされています。
また、土に木や石などが混ざっている部分には空洞ができやすくなることもあるそうです。

災害において最も危険度が高いのは、盛土と切土の境目だといわれています。
固さや変形のしやすさに差があるため、一方は崩れず一方は沈下などを起こして段差ができてしまうことがあるのです。
盛土と切土の境界をまたいで建物がある場合、傾いたり崩壊したりしてしまうリスクがあります。
自分の住んでいる家がどのような地盤の上に建っているのかを知りたい場合は、各自治体に問い合わせてみるとよいでしょう。
その他、不安なことなどがありましたらいつでもプロスタファウンデーションにご相談ください。

2021年4月26日

こんにちは!
建築・土木・建設関係の現場で働く人をサポートする、プロスタファウンデーションです♪
今回は、違いのわかりにくい用語、「積算」と「見積もり」について解説します。

「積算」と「見積もり」、同じような言葉に思えますが、きちんと違いを説明できますか?

まず、積算とは工事の全行程にかかる費用をすべて計算し、全体の費用を算出することをいいます。
工事に関係する資料から必要な材料の数量を割り出し、積み上げ方式で費用を計算します。
これを数量積算と呼び、工事にかかる費用を割り出すのに使います。
それぞれの材料について細かく計算していくので手間もかかるうえ、経験も必要となる緻密な作業です。

この時点で計算された「積算」は、工事にかかる実費です。
実際には、これに会社の得る利益を計算して、その金額を請求することになります。
これが「見積もり」です。

同じ材料で同じように施工される工事で積算が同じであっても、利益率はそれぞれの会社が設定しているため、見積もりは企業によって差が出てきます。

では、全く同じような工事を2度3度とする場合は、2回目以降の積算は不要かというと、そうではありません。
工事は基本的に受注生産です。
同じようでも、材料の価格や細かな工程の違いが必ずあります。
そのため、積算は工事ごとに毎回きちんと行われ、金額も変動するのが普通です。

このような厳密な積算をおこなうのは、工事費用が赤字にならないようにするためでもあります。
概算で費用を算出してしまうと、工事費用との開きができてしまってきちんと利益が出せない、などという事態にもなりかねません。
場合によっては材料費も賄えない……といったこともありうるので、きちんとミスなく積算をおこなうことはとても大切です。

積算基準としては、公共工事用に使われる国土交通省の積算基準を一般工事に適用する方法もあります。
きちんと利益を出しつつ、あとのトラブルのもととなることがないよう、費用の算出はしっかりとおこなう必要があります。
工事費用に関わることについてわからないことや、もっと詳しく知りたいことがあれば、プロスタファウンデーションにご相談ください!

2021年4月21日

 

こんにちは。

建築・土木・建設関係のお仕事探しや転職をサポートする、プロスタファウンデーションです!

今回は、転職にも有利な電気工事施工管理技士について解説します。

 

電気工事の設備設計をおこなうのは建築士なのですが、実際に工事を行う際には電気系の資格が欠かせません。

工事の管理や作業だけでなく、施行後の電気設備保守管理などの業務にも国の定める資格が必要となります。

そのため、電気に関する資格はとても需要が高いといえます。

 

電気工事施工管理技士は、電気工事に関する資格のなかでも比較的取得しやすい資格となっています。

とくに、2021年度の4月から受検資格が緩和されるため、これから資格の取得を考えている人にはおすすめの資格でもあります。

 

電気工事施工管理技士は施工ではなく、工事現場・営業所で行う工事の管理をするための国家資格です。

具体的には、建設や増築の際に電気工事における施工計画を作成したり、工事管理、電気工事の監督などを担ったりすることができます。

重宝される国家資格であるため、転職の際にも有利になるといえるでしょう。

 

また、電気工事施工管理技士の資格取得者がいると、その企業に対する電気工事の技術の評価が上がります。

そのため、電気工事施工管理技士が在籍していることは会社にとっても大きなメリットとなります。

 

電気工事施工管理技士には1級と2級があります。

1級であれば4,000万円以上の大規模工事を含むすべての電気工事を、2級は4,000万円未満の中小規模の電気工事を担当することができます。

 

電気工事施工管理技士は1級と2級で受検資格が異なっています。

学歴や現場監督などの実務経験により受検資格が細かく設定されていますので、自分が該当するかどうかは公式ホームページなどで確認してみてください。

 

1級は難易度が高く、また2級の第二次検定に合格していれば1級第一次試験の受検資格が不要となります。

そういった背景から、まず2級を取得してから1級取得を目指すという人が多いようです。

 

その他、資格取得に関してわからないことがあれば、いつでもプロスタファウンデーションにお問い合わせください!

2021年4月19日

 

こんにちは♪

建築・土木・建設関係のお仕事探しに役立つ情報をお届けする、プロスタファウンデーションです。

今回は、2級建築施工管理技士という資格について解説します!

1級と2級で何が違うのかということも含め、ご説明していきます。

 

建築施工管理技士とは、7種類ある施工管理技士資格のうちの一つです。

内容としては、建築工事現場の監督や施工管理などを行うことができる資格となっています。

 

建築施工管理技士には1級と2級があります。

1級には携わることができる業務に制限がなく、どのような規模の工事でも監督・施工管理を行うことができます。

 

それに対して2級は、まず実地試験の内容が3つの分野に分かれており、取得した分野についての工事でのみ監督や管理を行うことができます。

その上で、中小規模の建設工事(請負金額が4,000万円以下)に限って担当することができるようになっています。

たとえば、一般住宅のような規模であれば2級で対応することができますが、大規模工事には1級の資格が必要となります。

 

2級の試験内容は「建築」「躯体」「仕上げ」の3つです。

建築は「施工管理法」、躯体は「躯体施工管理法」、仕上げは「仕上げ施工管理法」という実地試験科目になります。

 

では、1級ではなく2級の建築施工管理技士を取得するメリットについてご説明します。

まず、上にも述べた通り2級では担当できる工事の規模が限られてしまいます。

しかし実際には、工務店やハウスメーカーなど中小規模の建設工事を中心に請け負う企業にとっては需要が高いのです。

そういった場であれば、多くの案件で主任技術者として働くことができます。

 

そして、2級建築施工管理技士は1級に比べて資格が取得しやすいといえます。

1級の方は受験資格が「指定学科の大学卒業後3年間以上の実務経験、もしくは高校卒業後10年以上の実務経験」となっています。

しかし2級であれば「指定学科の大学卒業後1年間の実務経験、もしくは高校卒業後3年の実務経験」と、受検のハードルがぐっと下がります。

 

取得のしやすさに対して需要が高いので、まずは2級建築施工管理技士から取得することをおすすめします。

2021年4月16日

 

こんにちは。

建築・土木・建設関係で働く人を応援する、プロスタファウンデーションです♪

花粉の季節、屋外での作業は花粉症の人にはつらいですよね。

対策としてはマスクがありますが、目にくるとかゆみで仕事がはかどらなかったり、視界が悪くなって安全性が保てなくなったりしてしまいます。

今回は、花粉対策メガネについてご紹介します!

 

花粉症対策には、とにかく隙間を作らず花粉を侵入させないことが大切です。

自分の顔の形にあった、隙間の少ないメガネを選ぶようにしましょう。

ゴーグルタイプはぴったりと密着して花粉の侵入を防いでくれますが、ゴーグル以外にもさまざまなタイプのものがあります。

アイカバーのあるものや、フレームの上部にフードがついているものなどもよく花粉を防いでくれるため、おすすめです。

 

また、花粉症であればマスクと併用する人がほとんどだと思います。

マスクをするとメガネがくもりやすくなりますよね。

くもりにくいメガネを購入したり、くもり止め成分の入ったメガネ拭きなどのアイテムを使ったりするとよいでしょう。

マスクにもメガネのくもりを防ぐような構造になったものがありますので、あわせて使うと良いかもしれません。

 

作業時は屋外のことも多いと思いますが、紫外線は肌だけでなく瞳にもダメージを与えてしまいます。

花粉と紫外線の両方がケアできるように、UVカット効果のある花粉対策メガネを選ぶのもおすすめです。

 

花粉防止メガネはいろいろなタイプのものがお手頃な価格で販売されています。

特に花粉がひどい日用とそうでもない日用、普段使いにもできるようなおしゃれなものなど、いくつかそろえておくといいかもしれません。

予備があれば、壊れたときにも安心です。

 

花粉の季節、花粉対策メガネを活用して快適に乗り切っていきましょう♪

その他お尋ねになりたいことがありましたら、いつでもプロスタファウンデーションにお問い合わせください。

2021年4月14日

 

こんにちは。

建築・土木・建設関係で働く人のお手伝いをする、プロスタファウンデーションです!

違いのわかりにくい用語「入隅(いりすみ・いりずみ)」「出隅(ですみ・でずみ)」について解説します♪

 

入隅と出隅はいずれも、二つの面が交わることでできる角のことをさします。

このうち、入隅は凹になっている角を示し、出隅は凸になっている角のことを示します。

 

入隅は、部屋の隅っこのような部分になります。

この部分は、壁紙が破れやすいなどの特徴があります。

理由の一つは、壁紙の切り替えが多いこと、仕上げ材の乾燥などが起きやすいことです。

そういった部分からは比較的、他の部分よりもはがれやすくなってしまうといえます。

もう一つは、木材が夏場と冬場で膨張したり収縮したりするため、入隅の部分に隙間ができることがあるという理由です。

ぴったりと貼った壁紙がひっぱられてひびや破れをおこしてしまうことがあります。

これは業者に頼まなくても、ホームセンターなどで補修材を購入して自分で補修することもできます。

 

出隅の特徴は、人がぶつかりやすいことなどがあります。

出っ張っている部分なので、生活している中でぶつかってしまったり、ものを動かしているときにぶつけてしまったりしやすいといえます。

必要に応じて、コーナーガードを設置するなどの工夫をするのもよいでしょう。

 

一般的に、入隅や出隅が多い住宅はその分外壁材がたくさん必要になるため、そうでない住宅と比べてコストが高くなるという傾向があります。

また、入隅も出隅も壁材を斜め45°にカットして結合させていますので、どちらにも隙間ができてしまうリスクがあります。

あまりに大きな隙間ができてしまった場合、補修が必要になることもあります。

 

補修をする場合は、コーキング剤(シーリング剤)を使って隙間を埋めます。

また、壁紙だけを補修すれば済む場合はクロス隙間埋め剤を使うとよいでしょう。

 

以上、入隅と出隅の違い、それぞれの注意点についてご説明しました。

参考にしてみてください。

2021年4月9日

 

こんにちは。
建築・土木・建設関係で働く人を応援する、プロスタファウンデーションです♪
業種にかかわらず、どんな職場においても意見のヒアリングやコミュニケーションは大事です。
今回は、現場の人たちから上手に意見を聞き出すための方法についてお伝えします。

率直な意見を出してもらい、それを仕事に生かすためには、なんといっても「質問力」が大切になってきます。
質問を上手にできるようになると、曖昧な部分を曖昧なまま進めていき違いが起きたり、ミスが起きたりすることを防ぐのに役立ちます。
また、質問というやりとりを通じてコミュニケーションが円滑になり、良好な信頼関係を築くことにもつながるでしょう。
そして、いろいろな立場の人の視点を学ぶことで見聞を深めることができ、自分自身の成長にもなります。

では、実際に質問をする際に役立つポイントについても解説します。
質問は自分が話すことがメインではなく、相手の話を聞いて意図をしっかり汲み取ることが大切です。
質問をしたら、きちんと相手に向かってうなずいたり相槌を打ったりしながら聞くことが大切です。
自分の意見ありきで話を聞いたり、相手が話している間に自分が次に話すことを考えたりしていると、そのことは相手にも伝わってしまいます。
先入観をもたず、まっさらな気持ちで聞くということが相手への誠意であり、話を正確に理解するコツでもあります。

テクニックとして、相手の言葉をそのまま復唱する「オウム返し」といったものもあります。
復唱することで、「きちんと聞いていますよ」ということが伝わり、相手が安心して話をすすめることができるのでおすすめです。
ただし、やりすぎるとわざとらしくなってしまうので、適度におこなうようにしましょう。

受け答えをするときは、否定的な言葉から入らないようにすることもポイントです。
否定的な言葉から入ると相手に警戒心を抱かせてしまい、こちらの伝えたいことも否定的に受け取られてしまいがちです。
スムーズに意見を伝えるためには、肯定的な言い換えをするくせをつけることをおすすめします。
また、「どうしたらいいですか?」など、相手に丸投げするような質問の仕方をするのも望ましくないといえます。
「自分はこう思うのですが、いかがでしょうか」のように、自分なりの考えを示すほうが、真剣に取り組んでいる姿勢が伝わります。
質問を上手に使って、仕事を円滑に進めていきましょう。

2021年4月5日

Processed with Focos

 

こんにちは!

建築・土木・建設関係のお仕事に役立つ情報を提供する、プロスタファウンデーションです。

花粉や感染症予防などに欠かせないのがマスクです。

マスクの選び方や正しい使い方について解説していきます♪

 

マスク選びで重要なのは、サイズが合っているかどうかということです。

サイズが合っていないと、隙間ができて花粉などの侵入を防げなくなってしまったり、耳が痛くなったりする原因となってしまいます。

 

自分の顔に合ったマスクのサイズがわからないという人におすすめの方法が、耳の付け根の上側から鼻の1cm下までの直線距離を測る方法です。

親指と人差し指を当ててみて、その距離を測るとよいでしょう。

この部分の長さが10.5~12cmなら「小さめ」、12~14cmなら「普通」、14cm以上の人は大きめのサイズを選ぶとよいといわれています。

 

また、マスクはプリーツ型などの立体的な形のものが望ましいといえます。

曲面でしっかり顔にフィットして、隙間を少なくしてくれます。

 

マスクの正しい着用方法についてもご説明します。

マスクには裏表があります。

勘違いしてしまっている人も多いのですが、何の表記もない場合、一般的に耳ゴムの接着面があるほうが外側になります。

ただ、メーカーによっては裏表がわかるような表示をしているものもありますので、その場合はそちらに従ってください。

 

ワイヤーが入っている側が上になりますので、これを鼻のカーブに合わせて折り曲げ、ぴたっとフィットするように整えます。

このとき、山をひとつ折るだけでなく小鼻部分で谷折りもしっかりつけておくほうが、隙間ができないのでおすすめです。

プリーツ型の場合はプリーツをしっかり広げて、あごまできっちり覆うように装着します。

鼻まわりやあご、側面などに隙間がないかチェックしましょう。

 

つけ外しの際に花粉やウイルスが顔に触れないようにすることも大切です。

マスクをつける前には手洗いをしましょう。

また、外すときにはマスク部分にはできるだけ触れずに、耳ゴムを持って外すようにします。

屋外での作業も多い現場仕事、花粉・ウイルス対策をしっかりとして作業に臨みましょう♪

2021年4月2日

 

こんにちは!

建築・土木・建設関係のお仕事に役立つ情報満載の、プロスタファウンデーションです♪

 

タオルは冬にも夏にも、現場仕事には必須のアイテムです。

タオルを使う頻度が高いと、素材によっては肌荒れの原因になったり、ゴワゴワしてストレスになったりすることもありますよね。

 

また、現場で働く人にとってタオルは汗を拭くだけのものではなく、頭に巻いて使うものでもあります。

汗が目に入るのを防いだり、直射日光から頭を守ったり、ヘルメットをかぶる際のクッションになったりと、まさに八面六臂の大活躍アイテムといえます。

 

毎日使うものだからこそ、使い心地にはこだわりたいという人も多いのではないでしょうか。

 

建築・土木・建設現場で働く人にとって、タオルは必須であり消耗品でもあるので、安くて丈夫なものが安心です。

大量に使うものなので、セット販売されているものがおすすめです。

日本製だと肌触りなど品質もよく、100均ショップ等で購入するよりも割安なものも出ていますので、お店やネットで探してみるとよいでしょう。

業務用・セット販売などから探すと、吸水性や速乾性などの機能面が高いだけでなく、大きさ・形が揃っているため管理のしやすさも抜群です。

大量にストックしておくものなので、しまいやすく取り出しやすいことも意外と重要なポイントといえるかもしれません。

 

また、現場で作業に使うもの・自分の汗をぬぐうのに使うもの・頭や首に巻くものなど用途に応じて変えるのもよいのではないでしょうか。

厚手のものは一般的に吸水性が高く手触りもよいものが多いのですが、薄手のものにも絞りやすいなどのメリットがあります。

作業をする上では、汚れ具合が一目でわかる無地のものがおすすめです。

でも、ちょっとしたおしゃれを楽しみたいなら、頭に巻く用に気に入った柄のタオルを選ぶなどの変化をつけてみるのも、現場での気分を上げてくれますよ♪