ブログ

2021年5月31日

 

こんにちは!

建築・土木・建設関係のお仕事探しをサポートする、プロスタファウンデーションです。

今回は、消防設備士についてご紹介します。

 

ホテルや劇場、商業施設など多くの人が利用する建物は、用途・規模・収容人数に応じて火災報知器やスプリンクラーなどの設置が義務付けられています。

これらの工事や整備などを行うのに必要なのが、消防設備士の資格です。

消防設備士は消防用設備等の工事や整備に関する新しい知識や技能を習得するため、定期的に講習を受ける必要があります。

 

消防設備士には1類から7類まであります。

このうち、1~3類までは、消火に関係する資格です。

1種はスプリンクラー設備や屋内外消火栓、パッケージ型消火設備を扱うことができる資格となっています。

2類は泡消火設備やパッケージ型消火設備、3類は粉末消火設備・ハロゲン化物消火設備などのパッケージ型消火設備の設備・点検ができます。

4類は警報に関する資格で、自動火災報知設備・ガス漏れ火災報知設備などがその範囲です。

5類は避難に関する資格となっており、救助袋や緩降機金属製・避難はしごなどを扱います。

6類は消火器、7類は漏電火災報知器を扱います。

 

そして、1~5類は甲種と乙種に分かれています(6・7類は乙種のみ)。

乙種消防設備士は消防用設備等の整備・点検を行いますが、甲種消防設備士はこれに加えて設置工事も行うことが可能です。

乙種消防設備士は受験資格が必要なく、誰でも受験することができます。

一方、甲種消防設備士は関連の大学を卒業していること、または乙種を取得後に2年以上の実務経験があることが受験の条件となります。

仕事の幅が違ってくるため、消防設備士を目指すなら甲種の取得を見据えるのが望ましいでしょう。

 

1~7類のほかに、特類というものがあります。

これは消防設備士のうち甲種1~3類のうちいずれか1つと、甲種4類、甲種5類の3つを取得してはじめて受験することができます。

特類は甲種のみであり、まさに消防設備士のエキスパートといえるでしょう。

 

消防設備士は、人の命を守る重要な部分を担う職業といえます。

資格を取得すれば、大手企業の雇用機会に恵まれたり、独立して大手からの仕事を請け負ったりすることも可能となります。

興味のある人はぜひ検討してみてください♪

2021年5月28日

 

こんにちは!

建築・土木・建設関係のお仕事をサポートする、プロスタファウンデーションです♪

きちんと知っておきたい建設用語、今回は「高所作業」について解説していきます。

 

高所作業とは、労働案税衛生法などによって「高さ2メートル以上で行う作業」のことであると定められています。

高所作業には人の転落や資材の落下などの危険が伴うため、安全を確保するための措置を取る必要があります。

 

高所作業にはいろいろな種類のものがありますが、主に

・足場を組んで行う建設や解体工事

・道路や橋の建設やメンテナンス

・送電線の設置、点検

・ビルの外窓成層

などが挙げられます。

これらの作業は、足場のほかにクレーンゴンドラや高所作業車などを使って行われることもあります。

 

高所作業でまず気をつけなければならないのは、転落事故です。

具体的には、足場からの転落や足場・鉄骨を組み立てる際の落下、脚立作業中にバランスを崩して落下、屋根の上での作業中の落下などがあります。

こういった事故を防ぐためには、ヘルメットや高所作業用の安全靴の着用、安全帯の装着などを徹底することが必要です。

また、こういった装備一式のメンテナンスや、ロープや安全帯の強度の確認などを怠らないようにし、傷みがある場合はすみやかに取り換えましょう。

 

このように、高所作業には危険が伴います。

高所作業に特定の資格が必要ということはないのですが、作業に入る前には高所作業に特化した講習を受けなければいけません。

高所作業に関する講習は、高所作業車運転特別教育、ロープ高所作業特別教育、高所作業車運転技能講習の3つです。

高所作業には高所作業手当というものが支給されることもありますので、稼ぎたい人にはおすすめでもあります。

 

高所作業では、作業前・作業中の安全確認をしっかり行うことが大切です!

その他、高所作業についてわからないことがあればなんでもプロスタファウンデーションまでお問い合わせください♪

2021年5月26日

 

こんにちは!

建築・土木・建設関係で働く人をサポートする、プロスタファウンデーションです。

知っておきたい建設用語、今回は「軟弱地盤対策」について解説していきます!

 

軟弱地盤とは、含水比が適切ではないため地盤を支える力が不十分な土地のことをいいます。

軟弱地盤対策は、そのような地盤を安定させるためにおこないます。

 

軟弱地盤対策には、以下のような種類があります。

・表層処理工法

・置換工法

・抑え盛土工法

・緩速載荷工法

・載荷重工法

・サンドコンパクションパイル工法(締固め砂杭工法)

・振動締固め工法

・固結工法

・軽量盛土工法

・バイブロフロテーション工法

・盛土補強工法

・排水工法

・構造物による工法

これらのうち、今回は表層処理工法について詳しく説明していきます。

 

表層処理工法には、

・表層排水処理工法

・サンドマット工法(敷砂工法)

・敷設材工法(表面被覆工法)

・表層混合処理工法(添加材工法)

があります。

 

表層排水処理工法は、地盤のうちでもとくに表面付近が軟弱層で地下水位が高い場合に適した工法です。

地表に溝(トレンチ)を掘って地表の水を取り除き、地盤表層の地下水を誘導して、表層の含水比を下げるというものです。

このトレンチを透水性の高い砂礫や砂で埋め戻すことで、地下排水溝として機能させます。

 

サンドマット工法は、軟弱地盤の上全体に透水性の高い砂や砂礫を層状に敷き詰め、排水槽を形成する工法です。

基本的には、サンドマット工法は他の軟弱地盤対策と併用します。

 

敷設材工法は、軟弱地盤の上を敷設材で覆う方法です。

主に、盛土のために用いられる工法です。

敷設材にはシートやプラスチックネット、ロープネットなどがあり、地盤の強度や施工機械の重量などによって適切なものを選びます。

 

表層混合処理工法は、軟弱地盤の表土層に石灰やセメントなどを添加して強度を高める工法で、浅層混合処理工法とも呼ばれます。

一度表土層を掘削し、添加剤を加えて攪拌して、養生したのちにローラーやブルドーザーなどで固めます。

 

以上、軟弱地盤対策の中でも、表層処理工法について解説しました。

その他、不明な点などがあればなんでもプロスタファウンデーションにお問い合わせください!

2021年5月19日

 

こんにちは!

建築・土木・建設関係のお仕事に役立つ知識をお伝えする、プロスタファウンデーションです。

知っておきたい建設用語、「土地改良」についてご説明します♪

 

土地改良とは、主に農業に関係する土地の整備のことをいいます。

古くはなんと縄文時代から、つまり日本で稲作が始まったころからその原型ともいえる整備がされてきたと言われています。

農業地そのものの整備だけでなく、農業に使う道路やかんがい水路も土地改良によって造られます。

また香川県に点在する「ため池」なども、降水量の少ない地域での農業を可能にするための土地改良の一つといえるでしょう。

弘法大師(空海)が造らせたという満濃池などは、最も有名なため池のひとつです。

 

土地改良は公共事業のひとつとして行われます。

農業者が「農業をしたいので、このように土地改良をしてほしい」といった計画を立てます。

計画が出来上がった時点で周辺の農家に周知し、その土地の農家の3分の2以上から署名をもらってから国などに申請する、というのが大まかな流れです。

 

土地改良は農業地やそれに伴う水路・道路などの整備といいましたが、果たす役割はそれだけではありません。

農業地には農業をする人もそれ以外の人も居住しており、農業のための道路は生活道路としても使われます。

また、周辺の景観などが併せて考慮されることもあります。

そのため、農地と生活基盤を同時に整備する「農業農村整備事業」として進められることが多い傾向にあります。

 

土地改良によって土地を平らにし、水の流れをよくして農地を整備したらそれで終わり、ではありません。

土地や道路・水路などは年々傷みが出てきたり荒れたりしてしまうため、定期的なメンテナンスが必要になります。

また、災害などで損壊してしまった場合などにも工事が必要です。

そのような管理は「土地改良区」と呼ばれる、その土地を共同で使う農家の集まりからなる団体が担っています。

土地改良区で費用などを出し合いながら、農地を守っているのです。

2021年5月17日

 

こんにちは!

建築・土木・建設関係のお仕事探しをサポートする、プロスタファウンデーションです。

 

認定電気工事従事者という資格を知っていますか?

認定電気工事従事者は、第二種電気工事士の資格では行うことができない電気工事をすることができる資格です。

この資格を取得することにより、簡易電気工事を行うことができるようになります。

 

簡易電気工事とは、電気工事士法施行規則で定められている、電圧600V以下の自家用電気工作物に関わる電気工事のことです。

 

認定電気工事従事者の資格は、試験によって取得するのではなく、講習を受けて申請することで免状が交付されるというふうになっています。

その条件は人によって異なります。

 

取得したい人が第一種電気工事士に合格している場合には、申請のみで取得が可能です。

また、第二種電気工事士または電気主任技術者の資格取得後、3年以上の実務経験がある場合も、申請のみで取得することができます。

 

第二種電気工事士の免状があるが実務経験が3年未満の人、電気主任技術者の免状を持っている人は、講座を受講したのちに申請をすることができます。

 

認定電気工事従事者と電気工事士の違いについても説明しておきます。

第二種電気工事士は一般用電気工作物の工事を行うことができます。

第一種電気工事士はそれに加えて最大500kw未満の需要設備など、自家用電気工作物の工事を行うことができるとされています。

認定電気工事従事者は、第一種で扱えるもののうち600V以下の電線路に関わるものを除く設備の工事を行うことができます。

 

つまり、第二種電気工事士の免状を取得している人は認定電気工事従事者の資格を取ることで工事できる範囲が広がります。

それに対して、第一種電気工事士の免状を取得している人は、既に認定電気工事従事者の範囲をカバーしていますので、あらためて取得する必要はありません。

ただし、第一種電気工事士の免状は試験合格後5年の実務経験を積まなければ交付されないことになっています。

そのため、それまでの期間に工事ができる範囲を広げるために、認定電気工事従事者の資格申請をするという方法を取る人もいます。

 

認定電気工事従事者、その他電気工事の資格などについてわからないことがあれば、なんでもプロスタファウンデーションにお尋ねください。

2021年5月14日

 

こんにちは!

建築・土木・建設関係のお仕事に役立つ情報を発信する、プロスタファウンデーションです♪

 

「ガントチャート」という言葉を知っていますか?

工事をするにあたって、工程管理は欠かせません。

ガントチャートを上手に利用することで、複雑な工事をスムーズに進めていくことができます。

 

たとえば、Aという工程に着手するのにBとCという工程が完了していなければならないということは多々あります。

一方、AとDの作業は並行して進めることができる…というようなこともあると思います。

そういった工程をひとつひとつ分解して精査し、スケジュールに落とし込むことで俯瞰的に工事を管理する必要があります。

 

ガントチャートを作成するには、まずWBS(Work Breakdown Structure=作業分解構成図)を作ります。

これによって、各工程に必要な日程だけでなく、人数やコスト、作業どうしの関連性などを洗い出します。

それをもとに、ガントチャートに落とし込んで工事スケジュールを組んでいきます。

 

ガントチャートを活用することで、作業の現在地が明確になり、工程単位で何をいつまでに終わらせればよいかが明確になります。

スケジュールが大雑把にならず具体的なため、進捗状況が把握しやすいのもメリットといえます。

また役割分担も明確になり、作業に遅れが出た時やトラブルが起きた時など、ボトルネックとなっている箇所を割り出すのにも役立ちます。

 

ただし、ガントチャートを使った工事管理では、一か所に遅れが出た時に全体が遅れてしまうという現象につながることもあります。

これを防ぐためには、細分化した各工程に対してバッファ(余裕、ゆとり)を設けておくことが大切です。

トラブルやイレギュラーがもとで、すべてが最短の計画通りに進まないことはよくあることです。

ガントチャートに限らずですが、日程を組む時にはスケジュールを詰め込みすぎないことが大切です。

 

ガントチャートを使うことで起こりがちなもうひとつの現象は、各工程の進捗報告が滞ってしまうことです。

何も報告がないからといってガントチャート通りに進んでいると思っていたら、実は遅れが発生していた…ということもあるようです。

これを防ぐためには、タイミングを決めて進捗状況を常に報告しあう習慣を作っておくとよいでしょう。

細分化・分担をすればするほど実際の進捗が見えづらくなるので、お互いに進捗状況を共有し、困る前にフォローに入れれば理想的といえるでしょう。

ガントチャートを上手に利用して、効率的に工事を進めていきましょう!

2021年5月12日

 

こんにちは!

建築・土木・建設関係のお仕事探しをお手伝いする、プロスタファウンデーションです。

今回は、玉掛け技能講習について解説します♪

 

玉掛けとは、クレーンに荷を掛けたり外したりする作業のことをいいます。

玉掛け作業は慎重にやらないと事故や大けが、死亡事故などのもとになりますので、きちんと学んでおく必要があります。

 

玉掛けにはさまざまな用具があります。

その中でも最もよく使われるのが、柔軟性があるのに強度の高いワイヤーロープと、ベルトスリングと呼ばれる細くて軽いものです。

 

玉掛けでは用具ごとに最大荷重が設定されており、安全荷重や使用荷重と呼びます。

これを守らないと、作業中にワイヤーが切れてしまうなど落下事故の原因になってしまうので、必ず守るようにしましょう。

 

現場で使用するクレーンの最大荷重が1トン以上である場合、玉掛け技能講習を受ける必要があります。

玉掛け技能講習が必要かどうかは実際に掛けたりおろしたりするつり荷の重量ではなく、クレーンの規模で決まりますので、注意してください。

 

玉掛け技能講習には3種類あります。

まず、誰でも受講することができる19時間のコースです。

その上に、1トン以上のクレーン・移動式クレーン・デリック・揚貨装置の玉掛け補助作業経験が6ヶ月以上の人が受講できる16時間のコースがあります。

移動式クレーン・デリックの運転士免許、あるいは小型移動式クレーン・床上操作式クレーンの技能講習修了証がある人は15時間コースが受講できます。

日程はいずれのコースも3日間です。

 

玉掛け技能講習は全国各地で実施されていますので、受講したい人は近くで受講できる会場を探してみるとよいでしょう。

 

玉掛けは知識を持って慎重に行わなければ、自分たちだけでなく通行人などを巻き込む大事故につながることもある作業です。

安全を守るために必要なことをしっかり学んで作業にあたるようにしましょう。

その他、わからないことがあればいつでもプロスタファウンデーションにお尋ねください!

2021年5月7日

 

こんにちは!

建築・土木・建設関係のお仕事探しをバックアップする、プロスタファウンデーションです。

電気通信に関わる資格の中でも転職などに有利な、電気通信主任技術者について解説します♪

 

電気通信主任技術者とは、事業用電気通信設備の工事・維持・運用の監督を行うために必要な国家資格です。

難易度は高めですが、その分取得していれば転職に有利に働き、会社でも重宝される資格であるといえます。

特に、一定以上の規模の電気通信事業者では選任が義務付けられているため、電気通信事業に関わる仕事に就きたい人には心強い資格となります。

 

取得方法としては3つあります。

・国家試験合格

・養成課程校卒業(該当校は府立南大阪高等職業技術専門校の一校のみ)

・総理大臣の認定(制度発足時の1985年のみ)

3つあるとはいえ、ほとんどの場合は国家試験を受けて合格するというルートになります。

 

資格は扱う設備によって二種類に分かれています。

1つは「伝送好感主任技術者」です。

これは、線路設備等を除く事業用電気通信設備に関する事業に携わるための資格です。

そして、もう1つが「線路主任技術者」です。

線路設備・これに付属する設備に関する事業が担当範囲になります。

 

線路設備とは鉄道線路ではなく、通信ケーブルのことを指します。

有線通信に使われる電話線や光ファイバー設備などがこれにあたります。

電柱や通信ケーブルのほか、地下ケーブル、海底ケーブル、それらを収容するトンネル、通信用マンホールなどもその担当範囲となります。

 

線路設備を除く事業用電気通信設備とは、これらを除く通信設備を広くあらわしています。

例えば、伝送・無線・交換設備、また電力設備はサーバなどに関わる設備がこれにあたります。

Webサーバなどは対象にならず、回線を保有する事業者の設備が該当します。

 

通信事業は長く成長を続けている分野であり、競争も激しくなっています。

電気中心主任技術者の資格を取得しておくことは、大きなアドバンテージとなるといっていいでしょう。

その他、転職や就職に関して知りたいことがあれば、いつでもプロスタファウンデーションにご相談ください。

2021年5月6日

 

こんにちは!

建築・土木・建設関係のお仕事に役立つ情報を提供する、プロスタファウンデーションです。

 

仕事をしていると、初めての相手とスムーズにやりとりをして仕事を円滑に進めなければならない場面も多々あると思います。

コミュニケーションがうまくいかないと、必要な情報が十分に伝わらなかったり、安心感をもって仕事をすることが難しくなったりすることもあります。

とはいえ、初対面の相手と話すのが苦手だという人も少なくないでしょう。

 

初対面の相手と話すことは、誰でも多少なりとも緊張するものです。

お互いに不安だからこそ、ちょっとしたコツでいい関係を築くきっかけもつかみやすいといえます。

初対面の相手に対して不安に感じるのは、お互いに相手のことを「知らない」ことが大きな理由といえます。

人間は、知らないことや知らないものに対して警戒心を抱きやすいです。

そのため、ちょっとしたことでもマイナスにとらえたり、不安を与えたりしやすい傾向があるのです。

 

相手への第一印象を良いものにするには、まず表情が大切といえます。

具体的には、自然に口角を上げて目尻を下げるようにすると、やわらかい表情を作ることができます。

とてもシンプルですが、人間は視覚から入る情報から多くを得ているそうですので、有効な方法なんですよ♪

 

そして、初めての相手と話すときにはつい一生懸命自分のことを話してしまいがちですが、8割か9割は「相手の話を聴く」という気持ちで臨みましょう。

自分に対して興味を持って話を聴いてくれる人は、自分のことばかり話す人よりもずっと印象がよいはずです。

もちろん、プライベートなことやデリケートな話題について根掘り葉掘りするのはNGです。

相手が発した話題について、興味を持って相槌を打ったり共感を示したりするところから始めてみましょう。

 

初対面は、自分が不安なのと同じように相手も不安に思っているものです。

そのことを念頭に置き、まずは半歩、自分から歩み寄ってみる、ということを心がけてみてください♪