ブログ

2021年9月29日

 

こんにちは!

建築・土木・建設現場で働く人をサポートする、プロスタファウンデーションです。

今回は、板金工事とそのトラブルについて解説していきます!

 

板金工事とは、家屋の屋根などで板金を敷き詰め、板金同士をつなぎとめて全体を覆うなどの工事のことです。

屋根板金に使われるのは主に棟板金・谷樋・水切り金具の3種類です。

このいずれにトラブルが起きても雨漏りなどの原因になります。

板金工事がきちんとしたやり方でなされていなくても、工事の時点ではわからず不具合がある状態で施主に引き渡されることも少なくありません。

そのような場合、台風や大雨の際に雨漏りなどが発生して発覚することが多くなっています。

 

板金工事で起こるトラブルの代表例としては、次のようなものがあります。

 

・釘の浮き

・板金の剥がれ

・板金の色あせ

 

釘が浮くのは主に棟板金に発生するトラブルです。

工事の直後には釘がきちんと刺さっていても、時間とともに緩んできてしまうことがあり、そこに隙間ができて雨漏りなどが起こります。

 

また、釘が浮いてくることで板金の固定が甘くなり、台風や強風などによって板金そのものが剥がれてしまうことがあります。

こうなると当然、雨を防ぐことができず家屋内に雨が入り込んでしまいます。

 

そして、屋根板金は塗装をセットで行うことが多いため、工事の直後には新品の光沢があり、これも時間とともにだんだん色あせていきます。

しかし、塗装が不十分だとさほど年月が経っていないのに塗装が剥げたり、色あせたりしてしまうことがあります。

 

このようなトラブルを防ぐには、なによりもきちんとした知識をもって板金工事に臨むことが大切です。

通常、施行後すぐに釘が浮いてきてしまうというトラブルは手抜き工事によって起こることが多いです。

しかし、手抜きのつもりでなくても知識がないために施行直後から釘が浮いてきたり、板金が剥がれたりするトラブルを招くことも少なくありません。

知識を持った、技術のたしかな職人が工事にあたる・指導をするといったことが重要になります。

 

きちんと工事をしたうえでも、屋根板金は経年劣化していくものです。

そのため、工事から10年ごとを目安にメンテナンスをしていくのが基本となります。

 

きちんとした工事をすること・メンテナンスをするということが、板金工事のトラブルを防ぐ対策であるといえるでしょう。

2021年9月24日

 

こんにちは!
建築・土木・建設現場で働く人を応援する、プロスタファウンデーションです。
知っておきたい建設用語、今回は「掘削(くっさく)」について解説します。

掘削という言葉は比較的耳にしたことがある人が多い用語ではないでしょうか。
掘削は簡単にいうと、地盤を施工に必要な深さまで掘り下げて穴をあける作業のことです。
これには重機を使う作業と、人力(シャベル、ツルハシ、スコップ等)でおこなう作業があります。

同じように地面を掘る作業に「床掘り」というものもありますが、こちらは施工基面(掘削後の基面)に構造物を設置するため更に掘り下げる作業です。
床掘りは埋戻しをおこないますが、掘削は埋戻しをしません。
掘削は主に地盤の調査や井戸掘り、温泉採掘、石油やガス採取の坑井建設などの目的でおこなわれます。

重機による掘削はバックホウやクラムシェルなどを用いておこなわれます。
バックホウは一般的に「ショベルカー」といわれる重機で、クラムシェルは地下深くで掘られた土を地上のトラックに積み込むための機械になります。

掘削には主に4つの方法があります。

1. ロータリー掘削
2. 泥水掘削
3. エア掘削
4. 空気混合泥水掘削

それぞれの方法についても解説します。

まず、ロータリー掘削は、地上の機械と刃先(ビットと呼ばれる)を長い管で連結させたうえで刃先を回転させ、地層を削りながら掘削していきます。
深くまで掘り進めることができ、やわらかい地盤から岩盤まで、どんな地盤にも対応できます。
比較的大規模な掘削に用いられます。

泥水掘削は、ロータリー掘削の際に出るビット周辺の掘削屑をスムーズに取り除いて地上まで運び出すために、泥水を循環させておこないます。

エア掘削は泥水の代わりに空気を使う方法です。
コストは泥水掘削よりもかかりませんが、これには高電圧大流量コンプレッサーを使用するため、大きな設備が必要となります。

空気混合泥水掘削は、泥水と空気を合わせて泥水の比重を小さくすることで、低圧踪に泥水が逃げてしまわないようにして掘削する方法です。
逸泥対策をおこなう必要がなく、周辺の地層に与える影響が、小さいのがメリットです。

掘削は一次掘削(バックホウで地面を掘る)→二次掘削(さらに深く掘る。クラムシェルなどを使用するのはこの段階)とおこなっていきます。
この作業の中で地下水が出てくることもあるため、掘削は排水作業もセットでおこなわれます。

さまざまな場面でおこなわれる掘削について解説してきました。
その他、わからないことや知りたい用語などがあれば気軽にプロスタファウンデーションにお声がけください。

2021年9月22日

 

こんにちは!
建築・土木・建設現場で働く人をサポートする、プロスタファウンデーションです。
知っておきたい建設用語、今回は「真物(まもの)」について解説します♪

真物とは、木材のうち複数の材料を組み合わせたものではなく単一の木材を削っただけ、あるいは塗装をしただけのもののことをいいます。
真物で作られた梁のことを真物梁、真物で作られた柱を真物柱と呼びます。

真物の特徴には次のようなものがあります。
ひとつは、無垢材であることです。
削り出した自然のままの状態、あるいはそれを塗装しただけの木材のことを無垢材といいます。
安価な木材としてよく使われているような、ベニヤ板と薄い板を張り合わせて作ったようなものではありません。
また、無垢材から作られた木材であっても、無垢材を層状に接着して作られる集成材とは別のものとされます。

そして、真物は定尺であることも特徴のひとつです。
定尺とは各部材について定められた基準寸法のことで、たとえば柱の定尺は3m・6m、梁や桁は4m、5m、6mの定尺材がよく使われます。
これより小さく削った木材や、少しでも大きいサイズのものは定尺とは呼びません。
無垢材を定尺で切り出した状態のものを真物と呼んでいるわけです。

真物は、構造材(目に見えない部分の木材)ではなく化粧材(目に見える部分の柱や梁など)についての言葉になります。
そのため、見た目の美しさが重要とされています。

このように、その美しさが最大のメリットといえる真物・無垢材ですが、デメリットもあります。
真物は自然状態の木を切り出して定尺にととのえたものであり、材質は自然の木の性質をそのまま受け継いでいます。
そのため集成材などと比べると乾燥などによる影響を受けやすく、伸び縮みや反りなどが起こりやすいといえます。
このような変形を防ぐため、場合によっては押さえたり固定したりといった制御が必要になります。

扱いにくさもある真物ですが、やはり木目など無垢材ならではの見た目の美しさはそれをカバーして有り余る魅力があるといっても過言ではないでしょう。
真物を好んで住宅建築に取り入れたいという人も増えていますので、性質や扱い方についてしっかり学んでおくのがおすすめです。
その他、わからないことがあればなんでもプロスタファウンデーションにお尋ねください!

2021年9月15日

 

こんにちは!

建築・土木・建設現場で働く悩み解決のお手伝いをする、プロスタファウンデーションです。

 

現場ではさまざまな場所を動き回っていろんな作業にあたるため、はずみでボールペンのような小物が落下してしまうこともあります。

また、人の声や重機などの音の中で作業していると、落下に気づかずそのままなくしてしまうことも多いでしょう。

また、打ち合わせ時などうっかり置き忘れてしまいやすいものでもあります。

 

いざ使おうというときになって「ない!」と慌てることがないよう、ボールペンをなくさないための工夫についてご紹介します。

 

ボールペンをなくすパターンには、上でも少し触れたように大きくわけて2つのことが考えられます。

ひとつは胸ポケットなどにさしていて、下を向いたときなどに落下してしまうケース、もうひとつは置き忘れてしまうケースです。

 

よく動く現場などにボールペンを携行する場合には、落下防止グッズを活用するのがおすすめです。

ストラップ付のペンホルダーやペンストラップなどを取り付ける方法は、普段使っているボールペンや備品のボールペンにもすぐ使える方法です。

自分で購入するなら、はじめからストラップが付いているタイプのボールペンも出ていますのでそういったものを選ぶのもよいでしょう。

 

置き忘れを防止するためには、ペンに愛着がわくような工夫をするのがおすすめです。

高級なボールペンを選んだり、お気に入りのメーカーを見つけておいたりすると、ボールペンを大切に扱うようになり、結果的になくしにくくなります。

万年筆メーカーなどが出している高級ボールペンは使い心地もよく、長く使えるものが多いので、これ!という一本を選んで愛用するのはおすすめです。

また、それほど高いものでなくても名入れサービスをおこなっている文具店などで自分の名前を入れてもらうこともできます。

なくしたくないお気に入りのボールペンを落としてしまったときのダメージは少なくないので、自然と大切に扱うようになるのではないでしょうか。

 

大切なペンを現場に持ち込むときはもちろん、ペンホルダー・ペンストラップで落下対策をするのも忘れずに!

ボールペンをなくしては買い、またなくしては買い…のループから脱出しましょう♪

2021年9月13日

 

こんにちは!

建築・土木・建設現場で働く人に役立つ情報をお届けする、プロスタファウンデーションです。

 

安全衛生計画書は、現場作業で最も守られなければならない安全、事故防止についての書類です。

提出する義務があるから書く、いつもの流れで何となく書く…というふうになっていませんか?

安全衛生計画書は、現場で掲示されて安全の指針となる大切な書類です。

ただ作るだけではなく、現場作業員がその意味を理解し、安全への意識をしっかりと持つことができるようなものに仕上がっている必要があります。

きちんと丁寧に作成し、安全対策に役立てていきましょう。

 

安全衛生計画書における項目は多岐にわたりますが、特に重要なものをいくつかご紹介します。

参考にしてみてください。

 

安全衛生目標

特定の事項に対しての施策や目標などを書きます。

「安全帯着用100%」など、数値なども具体的に記入するようにしましょう。

 

安全衛生計画

安全衛生計画は、安全衛生目標を達成するための具体的な計画部分です。

安全への施策、管理目標、実施と評価のスケジュール、責任者などの項目があります。

こちらも可能な限り具体的に、数値や日付もしっかり記入しましょう。

 

安全衛生上の課題及び特定した危険性又は有害性

類似の工事で過去にあった安全に関する問題点や事例などを記入し、その対策や改善策なども書きます。

同じような工事にあたったことのある先輩や上司などに話を聴くなどして内容を考えるのがよいでしょう。

 

重点施策と実施事項

安全対策のなかでも重点的におこなう施策と、そのための実施事項について記入します。

実際に現場で作業をする一人一人が、どのような目的のために何をすればいいのかがわかるように記入します。

 

安全衛生計画書は作成するだけでなく、現場できちんと実施されているか常にチェックし、フィードバックしていくことが大切です。

怪我や事故が起こることなく安全に作業を終えることができるよう、目的意識をもって作成し、守っていくようにしましょう。

 

その他、不安なことやわからないことがあればいつでもプロスタファウンデーションにお尋ねください。

2021年9月10日

こんにちは!
建築・土木・建設関係の現場で働く人を応援する、プロスタファウンデーションです♪

現場での作業において、危険箇所の安全対策は最も重要なポイントのひとつといえます。
今回は、電気工事における危険箇所と、その安全対策について解説します!

電気工事をおこなう際、最も気をつけなければならないのは感電事故です。
感電には、静電気などによる微弱なものから大事故につながるものまでさまざまなケースがあります。
建築物の建設工事や鉄道架線工事など、大規模な工事の現場では命に係わる事故になることもあるので、しっかりとした安全対策が重要です。

感電の原因は、おもに3つのものに分けることができます。
・電圧がかかっているものに人体が触れることで地面などに通電する
・漏電を起こしている電気機器に触れて感電する
・電線など、電気が流れている部分に触れて短絡事故(ショート)を起こす

なかでも建設の現場において最も多いのは、1番目のものです。

建設現場では、建設する建物の電気設備など、大きな電圧を扱う箇所に触れる機会が多くなっています。
電気設備工事の際にケーブルを誤って切断してしまったり、配線被覆に傷がある箇所などに触れてしまったりすることで感電事故が起こることがあります。
とくに試運転中など、にそういった箇所に触れてしまったり、電源ボックスの蓋と端子が接触したりといったことでも感電が起こります。
また、工事の際に使う電動工具による感電事故も考えられるでしょう。

感電事故を防止するには、
・服装での防護
・作業上のチェックポイント
などを徹底することが大切です。
服装については、長袖を着用したうえで、必ず絶縁用の靴・手袋・ヘルメットを装備します。
また、金属類は身に着けないようにしてください。

作業のチェックポイントとしては、作業前の電源やブレーカーの確認、検電、絶縁チェック、遮断チェックの徹底が挙げられます。
また作業中に通電をするときには合図をし、しっかりと周知しましょう。

感電事故はほんの少しの油断が大惨事につながることもあるものです。
万全な対策をしたうえで臨むように心がけましょう。
その他、知りたいことやわからないことがあればいつでもプロスタファウンデーションにご相談ください!

2021年9月6日

こんにちは。
建築・土木・建設現場でのお仕事をサポートする、プロスタファウンデーションです♪
今回は、さまざまな建築設備の基本について解説します!

設備は、ありとあらゆる建設現場で欠かせないものです。
しかし、基本的な事項をきちんと把握している人は案外少ないかもしれません。
現場で仕事をする中でよく扱うものについては詳しいけれど、それ以外のことは曖昧…という人は、ここで一度おさらいしておきましょう。

建築設備にはさまざまな種類のものがありますが、大きく分けると
・電気設備
・空調設備
・給排水
の3つになります。
どれもライフラインに関わる重要な設備であり、建築において欠かせない要素です。
それぞれについて詳しく見ていきましょう。

1.電気設備

まず、電気設備に含まれる設備や用語について解説します。

・分電盤
ビルや工場から一般家庭まで、電気の通っている箇所には必ずあるといってよいのが分電盤です。
ほとんどの人が自宅でも目にしたことがあるでしょう。
これは、さまざまな箇所の配線に電気を供給するスイッチであり、漏電時や電気を使いすぎている時にすばやく電気を止めるブレーカーでもあります。

・空配管
電気の配線はむきだしのまま這わせると危険なため、天井裏・壁・地中などに通す時は空配管とよばれる管を使用します。
CD管やPF管といったものがあります。

・メガチェック
メガテスター(絶縁抵抗計)で機器や配線の絶縁抵抗を測定することをいいます。

2.空調設備

・ダクト
空調や換気、排煙などの際に使われる管のことで、角ダクトや丸ダクトなどがあります。

・ダンパ
風量の調整、切り替えや逆流防止などの役割で、ダクトの中間部分に取り付けられる装置です。

・排煙設備
火災では、炎よりも煙による死亡被害が大きいということはよく知られています。
火災発生時に煙を取り除くための設備が排煙設備とよばれるものです。

・ゾーニング
空調計画において重要な、区分ごとの空調方式を決めることをいいます。
方位別、使用時間別、空調条件別。不可傾向別などさまざまな基準で決めていくことになります。

3.給排水

・トラップ
排水管や下水道などにおいて、臭気や虫、害獣などが侵入してくるのを防ぐための機能です。
一般家庭のシンク下などでもよく目にする、ぐにゃりと曲がった部分がそれにあたります。

・ヒートポンプ
建物からの排気熱や排水熱を利用し、給湯などに再利用する仕組みです。
給湯以外にもエアコンや冷蔵庫、洗濯乾燥などさまざまなことに利用されています。

・クロスコネクション
上水配管とそれ以外の配管(井水・中水・空調用配管・消火設備配管・排水管など)が接続されてしまう施工ミスの名称です。

建築における主な3つの設備について、基本的な用語をおさらいしてきました。
その他、さらに知りたいことやわからないことがあれば、いつでもプロスタファウンデーションにお声がけください♪

2021年9月3日

こんにちは!
建築・土木・建設現場で役立つ情報をお届けする、プロスタファウンデーションです♪

台風や集中豪雨の季節は毎年やってくるため、工事中でむき出しのものも多い現場などでは通常の建物以上に対策が重要になります。
今回は、台風のあとにチェックすべきポイントについてご説明します。
建設中はもちろん、完成した建物であっても被害状況をチェックするのに役立つので、参考にしてみてください。

1. 建物の外

台風や強風、豪雨などによって最も被害を受けやすいのは建物の外側です。
チェックすべき箇所には以下のようなものが挙げられます。
・外壁
・屋根
・雨どい
・排水溝
・シャッター
・アンテナ類

外壁は、風による飛来物などで、外壁材に破損が起こることがあります。

また、屋根瓦がずれたり落下したりしていると雨漏りの原因となりますので、素早い補修が必要です。
屋根は、ずれた瓦が落下して怪我をすることなどを考えて、少し離れたところからチェックするようにしましょう。

雨どいや排水溝にも注意が必要です。
飛来物が詰まったりしていると、水がきちんと流れずにあふれ出してしまう原因となります。
流れが悪くならないようにしっかり取り除いておきましょう。

シャッターに歪みやへこみがないか、鍵の開け閉めやシャッターの開閉に支障がないかもチェックしましょう。

テレビなどのアンテナ類が傾いたり破損したりしていないかもチェックしましょう。

2. 建物の中

建物の中でチェックすべきポイントには、以下のような箇所が挙げられます。
・天井・天井裏
・バルコニー・ベランダ
・ガラス部分
・ホームエレベーター等

天井・天井裏に雨漏りがないかチェックします。
気づかないような雨漏りを放置すると、カビや腐敗などの原因になるなど、天井部分の配線で漏電火災が起きることもあります。
押し入れなどの上部分もしっかりチェックしましょう。

バルコニー・ベランダ部分に飛来物がないか、バルコニーの排水にゴミが詰まっていないかなどをチェックします。
雨どいなどと同じく、詰まりをそのままにしておくと後に雨水があふれる原因になります。

ガラス部分は傷やひびなどの破損の可能性があります。
そのままにしておくとひびから大きな破損を招くこともありますので、外から見てわかりづらい部分も建物の中から入念にチェックをしましょう。

ホームエレベーターなどの電気設備がある場合は、水に浸かると故障を起こしている可能性が高いといえます。
仮に動いていたとしても、時間差で漏電事故を起こしたりする可能性もあるため、専門の業者にチェックしてもらうようにしてください。

以上、台風のあとにチェックしたい破損ポイントについてご紹介しました。
その他不安なことがあれば、どんなことでもプロスタファウンデーションにお問い合わせください。

2021年9月1日

こんにちは!
建築・土木・建設現場でのさまざまな悩みにお答えする、プロスタファウンデーションです。

工事には騒音や振動がつきものです。
そして、騒音にはクレームがつきものといっても過言ではないでしょう。
クレームを最小限に抑え、起きてしまったクレームへの対処を間違わないために知っておきたいことをご紹介します。

・騒音の規制基準

建設工事には、騒音規制法による規制基準というものがあります。
工事現場の横を通ると「○○db(デシベル)」等と表示しているパネルがあるのを見かけることがありますが、これは騒音の度合いを示しています。
たとえば東京都では、作業内容により80~85dbが基準となっています。
地域によって定められている基準がちがいますので、注意が必要です。

まずは規制基準値をクリアしていることが、クレームを防ぐための第一歩といえるでしょう。

・クレーム防止対策

事前に工事の日時等についての概要と、騒音が発生することについての周知をおこなうことで、クレームの発生を未然に防ぐことにつながります。
チラシなどでの周知のほか、訪問での説明などがあるとクレームが起きにくくなるでしょう。
工期や時間帯、現場責任者氏名などを伝えておき、工事が延期や延長になる場合などは再度周知をしましょう。
工事のなかでも著しく騒音が発生する時間などがわかっていれば、そちらも併せて伝えるようにします。

・クレームがきたら

クレーム処理は初期対応が最も重要です。
最初の対応を間違えると、大きなクレームに発展してしまうこともあります。
クレームを受けたら、まずは誠心誠意謝罪を伝え、相手の話にしっかりと耳を傾ける姿勢を見せましょう。
真摯に話を聴こうとしてくれる相手に対しては、態度が軟化することも多いものです。
相手の心情に寄り添い、謝罪をしたうえで、具体的な事実関係を確認していきます。
ポイントは、どんな音がうるさいか(どの工程が騒音クレームの原因となっているか)、時間帯などです。

聴き取りをしたうえで、解決策や代替案を提示します。
すぐに返答できない場合は曖昧なことや無責任なことを約束せず、折り返し連絡する旨を伝えましょう。

これらを丁寧に行ったうえで、該当の工事の意義や、どうしても騒音が発生してしまうことを伝え、理解を得られるようにすることも大切です。
ただし、先にこちらの言い分や「騒音は仕方ないので」といった態度を出してしまうのはNGです。
あくまで、話をしっかりと聴き、気持ちに寄り添い、謝罪することが先であることをしっかり心に留めておいてください。

その他、困ったことがあればいつでもプロスタファウンデーションにご相談ください♪